2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« ドラクエ9日記86(10/4) | トップページ | ドラクエ9日記87(10/5) »

モトGP 2009 第14戦 ポルトガルGP

モトGPの第14戦はポルトガル、エストリルサーキットで行われました。

Motogp200914a

4戦ぶりにストーナーが戻ってきたポルトガルGP、
予選はロレンソがポールを獲得しました。

ロッシ、ストーナーがフロントローに入り、
2列目にペドロサ、エドワーズ、ドプニエが並びました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:36.214
2   46  V.ロッシ            ヤマハ      +  0.260
3   27  C.ストーナー        ドゥカティ  +  0.314
4   3   D.ペドロサ          ホンダ      +  0.488
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      +  0.928
6   14  R.ド・プニエ        ホンダ      +  1.234
7   65  L.カピロッシ        スズキ      +  1.275
8   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      +  1.327
9   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  +  1.440
10  36  M.カリオ            ドゥカティ  +  1.599
11  15  A.デ・アンジェリス  ホンダ      +  1.608
12  52  J.トスランド        ヤマハ      +  1.609
13  24  T.エリアス          ホンダ      +  1.697
14  88  N.カネパ            ドゥカティ  +  1.828
15  7   C.バーミューレン    スズキ      +  2.128
16  33  M.メランドリ        カワサキ    +  2.324
17  41  G.タルマクシ        ホンダ      +  3.106

決勝はペドロサがホールショットを奪いました。
しかし、すぐさまロレンソが抜いてトップに立つと、
その後は独走状態を築き、ポールトゥウィンを決めました!

Motogp200914b

2位にストーナー、スタート直後に4位に後退したものの、
1周目にロッシを、3周目にペドロサを抜きました。

3位はペドロサ、4位ロッシ。
ロッシはペースが上がらず、今回は優勝争いに加われませんでした。

ウィニングラン中のパフォーマンスは"月面に旗を立てる"シーン。
スーツ&ヘルメットも宇宙服をモチーフにしていました^^

Motogp200914c
Motogp200914d

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ      28  45:35.522
2   27  C.ストーナー        ドゥカティ  28  +   6.294
3   3   D.ペドロサ          ホンダ      28  +   9.889
4   46  V.ロッシ            ヤマハ      28  +  23.428
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      28  +  32.652
6   24  T.エリアス          ホンダ      28  +  35.709
7   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      28  +  35.723
8   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  28  +  38.830
9   52  J.トスランド        ヤマハ      28  +  44.093
10  7   C.バーミューレン    スズキ      28  +  52.863
11  14  R.ド・プニエ        ホンダ      28  +  55.698
12  33  M.メランドリ        カワサキ    28  +1:04.515
13  88  N.カネパ            ドゥカティ  28  +1:04.538
14  41  G.タルマクシ        ホンダ      28  +1:27.299
    65  L.カピロッシ        スズキ      20  +  8 Laps
    15  A.デ・アンジェリス  ホンダ       8  + 20 Laps
    36  M.カリオ            ドゥカティ   5  + 23 Laps

ライダーズポイントは、ロッシとロレンソの差が18ポイントに接近、
ペドロサとストーナーの争いも気になるところです。

<ライダーズポイント>
1   -  250P   バレンティーノ・ロッシ
2   -  232P   ホルヘ・ロレンソ
3   -  173P   ダニ・ペドロサ
4   -  170P   ケーシー・ストーナー
5   -  142P   アンドレア・ドビツィオーソ
6   -  134P   コーリン・エドワーズ
7   -  97P    ロリス・カピロッシ
8   △  93P    ランディ・ド・プニエ
9   △  91P    マルコ・メランドリ
10  △  90P    トニ・エリアス
11  -  90P    クリス・バーミューレン
12  ▼  88P    アレックス・デ・アンジェリス
13  -  85P    ジェームス・トスランド
14  -  81P    ニッキー・ヘイデン
15  -  51P  R ミカ・カリオ
16  -  38P  R ニコロ・カネパ
17  △  14P  R ガボール・タルマクシ
18  ▼  12P    セテ・ジベルノー
19  -  9P   R 高橋裕紀
20  -  3P   R アレックス・エスパルガロ

コンストラクターズポイントは
ヤマハのチャンピオンが決定しました!
2位以降もこのまま行きそうな感じですね。

<コンストラクターズポイント>
1   -  330P  ヤマハ
2   -  236P  ホンダ
3   -  211P  ドゥカティ
4   -  126P  スズキ
5   -  91P   カワサキ

チーム争いはフィアット・ヤマハがチャンピオン獲得しました!
その他のチームはライバルチームとの争いが続きそうですね。

<チームポイント>
1   -  482P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  315P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  268P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  219P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  187P  RIZLA SUZUKI MOTOGP
6   -  178P  SAN CARLO HONDA GRESINI
7   -  93P   LCR HONDA MOTOGP
8   -  91P   HAYATE RACING TEAM
9   -  80P   PRAMAC RACING
10  -  23P   SCOT RACING TEAM MOTOGP
11  -  12P   GRUPO FRANCISCO HERNANDO

250ccクラスでは、3番グリッドからスタートしたシモンチェリが優勝、
チャンピオン争いにしっかりと残っています。
2位ディメーリオ、3位はバルベラ、
この二人はトップから5.317秒遅れで、ビデオ判定でも同着!
そこでファステストラップの差で、ディメーリオが2位となりました。
(表彰台で結果が入れ替わりました^^;)
青山博一は予選結果と同じく4位で完走、
青山は来シーズン、モトGPクラス参戦が決定しました!
富沢祥也はリタイア、スポット参戦?の青山周平は12位完走を果たしています。

ポイントは青山が218ポイントでトップをキープ、
2位バウティスタは192、シモンチェリ190、
バルベラが174ポイントとなっています。

125ccクラスは、トップ争いのマシンが次々と転倒する荒れた展開、
テロル、コルシ、マルケス、そしてトップを独走していたシモンも転倒、
シモンは幸い復帰しましたが12位フィニッシュとなってしまいました。
優勝は接近戦を制したエスパルガロ、2位にコルテセ、3位スミスの順。
中上貴晶は11位フィニッシュ、小山知良はトラブルでリタイアに終わっています。

ポイント争いは依然シモンが独走しています。
スミスが2位に浮上し、トップとの差は50.5ポイント、
前戦総合2位だったテロルはノーポイントに終わり、
61.5ポイント差に開きました。

次戦オーストラリアGPは、10月16~18日に行われます。

« ドラクエ9日記86(10/4) | トップページ | ドラクエ9日記87(10/5) »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラクエ9日記86(10/4) | トップページ | ドラクエ9日記87(10/5) »