2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« ドラクエ9日記101(10/19) | トップページ | ドラクエ9日記102(10/20) »

モトGP 2009 第15戦 オーストラリアGP

先週末はモトGPオーストラリアGPがありました。

Motogp200915a

フィリップアイランドで行われるオーストラリアGP。

Motogp200915b

予選はストーナーがポールを獲得しました。
0.05秒差でロッシが2番手、ロレンソは2列目、
4番グリッドからスタートとなりました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:30.341
2   46  V.ロッシ            ヤマハ      +  0.050
3   3   D.ペドロサ          ホンダ      +  0.729
4   99  J.ロレンソ          ヤマハ      +  0.730
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      +  0.755
6   15  A.デ・アンジェリス  ホンダ      +  0.919
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  +  0.984
8   14  R.ド・プニエ        ホンダ      +  1.039
9   36  M.カリオ            ドゥカティ  +  1.043
10  4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      +  1.131
11  24  T.エリアス          ホンダ      +  1.299
12  52  J.トスランド        ヤマハ      +  1.381
13  65  L.カピロッシ        スズキ      +  1.532
14  33  M.メランドリ        カワサキ    +  1.849
15  7   C.バーミューレン    スズキ      +  1.997
16  41  G.タルマクシ        ホンダ      +  2.411
    88  N.カネパ            ドゥカティ   no time

決勝、ホールショットを奪ったのはペドロサ、
1コーナー直前にヘイデンとロレンソが接触、
ヘイデンはコースオフしたものの、転倒せずにコースへ復帰しましたが、
チャンピオン争いをするロレンソは、痛恨のリタイアになりました。

Motogp200915c

2周目にストーナーがペドロサを抜いてトップに、
ロッシもペドロサを抜き、ロッシが2位、ペドロサは3位に後退しました。

3周目以降、トップ争いは常に1秒以内が続き、
0.1秒以内の争いが何周も続きました。

しかし20周を過ぎたあたりからロッシが少しずつ離されていき、
1秒以上差にまで開くことも。
残り3周で再び0.6秒差に縮まりましたが、
リスクを冒したくないためか、ラストラップでは攻めずに差が広がり、
ストーナーが最後まで抑えきってポールトゥウィンを決めました!

Motogp200915d

ロッシは2位、ロレンソがリタイアだったので
このレースでさらに20ポイントの差を付けました。

3位はペドロサ、4位デ・アンジェリス、5位エドワース。
6位争いは激しい争いが続きましたが、
ドビツィオーソが6位、7位にメランドリ、
8位ドプニエ、9位カリオとなりました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ドゥカティ  27  40:56.651
2   46  V.ロッシ            ヤマハ      27  +   1.935
3   3   D.ペドロサ          ホンダ      27  +  22.618
4   15  A.デ・アンジェリス  ホンダ      27  +  32.702
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      27  +  35.885
6   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      27  +  38.482
7   33  M.メランドリ        カワサキ    27  +  44.461
8   14  R.ド・プニエ        ホンダ      27  +  44.941
9   36  M.カリオ            ドゥカティ  27  +  54.345
10  24  T.エリアス          ホンダ      27  +1:01.205
11  7   C.バーミューレン    スズキ      27  +1:05.417
12  65  L.カピロッシ        スズキ      27  +1:05.950
13  41  G.タルマクシ        ホンダ      27  +1:17.951
14  52  J.トスランド        ヤマハ      27  +1:17.985
15  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  26  +   1 Lap
    99  J.ロレンソ          ヤマハ       0  + 27 Laps

チャンピオン争いはロレンソがノーポイントなので、
ロッシが大きく差を広げました。
次戦でロッシがチャンピオンを獲得するには、
ロッシが4位以内に入れば無条件にチャンピオン、
ロレンソが2位なら、ロッシは9位以内でOK、
ロレンソが3位なら、ロッシは13位以内でチャンピオン確定となります。

<ライダーズポイント>
1   -  270P   バレンティーノ・ロッシ
2   -  232P   ホルヘ・ロレンソ
3   △  195P   ケーシー・ストーナー
4   ▼  189P   ダニ・ペドロサ
5   -  152P   アンドレア・ドビツィオーソ
6   -  145P   コーリン・エドワーズ
7   △  101P   アレックス・デ・アンジェリス
8   -  101P    ランディ・ド・プニエ
9   ▼  101P    ロリス・カピロッシ
10  ▼  100P   マルコ・メランドリ
11  ▼  96P    トニ・エリアス
12  ▼  95P    クリス・バーミューレン
13  -  87P    ジェームス・トスランド
14  -  82P    ニッキー・ヘイデン
15  -  58P  R ミカ・カリオ
16  -  38P  R ニコロ・カネパ
17  -  14P  R ガボール・タルマクシ
18  -  12P    セテ・ジベルノー
19  -  9P   R 高橋裕紀
20  -  3P   R アレックス・エスパルガロ

コンストラクターズポイントは
ヤマハのチャンピオンが決定しています。
2位争いは、25ポイント差から16ポイント差に縮まりました。

<コンストラクターズポイント>
1   -  350P  ヤマハ
2   -  252P  ホンダ
3   -  236P  ドゥカティ
4   -  121P  スズキ
5   -  100P  カワサキ

チーム争いもチャンピオンが決定しています。
ストーナーが戻ったことで、ドゥカティが巻き返して来ています。

<チームポイント>
1   -  502P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  341P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  294P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  232P  MONSTER YAMAHA TECH
5   △  197P  SAN CARLO HONDA GRESINI
6   ▼  196P  RIZLA SUZUKI MOTOGP
7   -  101P  LCR HONDA MOTOGP
8   -  100P  HAYATE RACING TEAM
9   -  87P   PRAMAC RACING
10  -  26P   SCOT RACING TEAM MOTOGP
11  -  12P   GRUPO FRANCISCO HERNANDO

250ccクラスは2番手スタートのシモンチェリが前戦に続いて優勝、
シモンチェリは過去5戦で4勝する勢いを見せています。
2位はバルベラ、3位はポールスタートのデ・ロサ、
青山博一は7位と伸びず、バウティスタも10位と苦しい結果になりました。
青山周平は14位、富沢祥也は15位でそれぞれ完走を果たしています。

ポイントランクは青山が227ポイントでトップを維持、
バウティスタは198ポイントで3位に後退、
シモンチェリは215ポイントで青山に12ポイント差で迫っています。

125ccクラスはシモンが優勝、スミスが2位、3位コルテセの順、
中上貴晶は18位、小山知良は21位完走となりました。

ポイント争いはシモンが239ポイントでチャンピオン獲得、
スミスが183.5Pで2位、テロルが162.5Pで3位、
4位は142.5Pのエスパルガロで、2位争いはこの3人に絞られています。

次戦マレーシアGPは、10月23~25日に行われます。

« ドラクエ9日記101(10/19) | トップページ | ドラクエ9日記102(10/20) »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

おぉ、懐かしのモト冬樹…。(おぃ)
2002年だけNHK-BS1で見てましたが、2003年からは確か放送取りやめで、イオンでちょっとだけ見た、いつぞやかの日本GP(もてぎ)以来見てないですね~。
自分が見てた頃、125ccだったライダーが何人もMotoGPに上がってて、やっぱハイレベルだよなぁ~、と思ったり。
250ccも日本人チャンプが誕生すれば、加藤大治郎さん以来になるのかな?ここは調べてないので当てずっぽうですが…。(汗)

フィリップアイランド自体はPCゲーム(ハコ車)の体験版で走ったことがあります。なかなかアップダウンが激しいコースだと個人的に思いました。

今ではCS(と日テレ)でしか放送されていないですからねー
昨年は全戦観られたのに、今年は日本GPだけ・・・
楽しみに観ていたのに(涙)

250ccの青山は後半1勝もしていないので、
F1のバトンみたいな感じ(シモンチェリがベッテルやバリチェロ^^)で
ちょっと不安ですけど、なんとかチャンピオンになって欲しいですね^^

フィリップアイランドは2つのヘアピン以外、
全て中・高速コーナーというのが特徴的ですね。
激しいレース展開になることも多い、面白いコースです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラクエ9日記101(10/19) | トップページ | ドラクエ9日記102(10/20) »