2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #020 | トップページ | 日刊サーキット通信 #021 »

TROPHEE ANDROS Rd.4 Isola

久々にモータースポーツの記事を書こうと思います^^
今日は現在シーズン真っ最中のイベント、アンドロス・トロフィーを、
先週末行われた第4戦の結果も含めて載せますね。

1/1のレース日程でも書いたので、
理解した人もいるかも知れませんね。
とにかく、この映像を見て貰えれば分かると思います^^
(今シーズンの第1戦の映像、No.2はアラン・プロスト、No.1は前年度王者)

アンドロス・トロフィーは冬季にフランスで開催される
スノークロスのレースで、元F1レースも参加する大会です。
(イベントはレースカーからバイクまで5クラスあります)

ルールは正確に把握していないので曖昧ですが、
2度の予選アタックをして、予選17以下は下位争い、
16以下は上位での争いが行われます。
まずは下位を2グループに分けてレース、
その後、上位16台を2グループに分け、8台でのレースをします。

これを金曜午後~土曜午前(昼レース)と、
土曜午後(夜レース)の2回(2コース)行われます。

最終的にポイントで争うのですが、
具体的なルールを知りたい人は公式HPをご覧ください^^

さて、先週末は第4戦、イゾラ2000が行われました。

1コース目の予選結果の上位はこんな感じです。

P  No Pilot                  Machine         Time
1  1  Jean-Philippe Dayraut  SKODA Fabia     3:09.496
2  4  Olivier Panis          SKODA Fabia     3:10.342
3  8  Bertrand Balas         TOYOTA Auris    3:10.662
4  2  Alain Prost            DACIA Duster    3:11.348
5  3  Franck Lagorce         RENAULT Clio Ⅲ 3:12.584
6  14 Benjamin Riviere       FIAT Stilo      3:12.658

トップは2008-2009年王者のデイロー(というのかな?)、
2番手タイムは元F1ドライバーのパニスで、
4番手には元F1チャンピオンのアラン・プロストが入っています。
トヨタのマシンも活躍しています^^

ちなみに、プロストは2007-2008と2008-2009年王者☆
(WTCC活躍中のイヴァン・ミュラーはこの大会10度の王者!)

この大会では決勝レースでほとんどオーバーテイクが出来ないために
予選が大きな要素となっていて、予選ポイントは
1位が60、2位57、3位55で、以下54、53、52...と1ポイント減となっています。

決勝、1グループ目の上位結果はこのようになりました。
<1ere Finale Elite Sup I>
1  2   A.Prost      6 Laps   4:53.794
2  4   Panis        6 Laps   4:55.336
3  14  Riviere      6 Laps   4:59.513
4  3B  Dubourg      6 Laps   5:00.809
5  12  Thoral       6 Laps   5:02.554
6  16  Regal        6 Laps   5:06.690
7  11  Lubrano      6 Laps   5:12.793
8  1B  Belmondo     6 Laps   5:13.838

フロントローはパニスとプロスト、
予選総合4番手だったプロストがトップチェッカーを受けました!

決勝では1位に20ポイント入り、以下19、18、17...と続きます。

<2eme Finale Elite Sup I>
1  1   Dayraut      6 Laps   4:54.704
2  8   Balas        6 Laps   4:56.188
3  3   Lagorce      6 Laps   5:01.199
4  4B  G.Demoustier 6 Laps   5:02.454
5  5   Llorach      6 Laps   5:06.574
6  6   O.Pernaut    6 Laps   5:07.715
7  11B Cecchi       6 Laps   5:19.173
8  14B Desmonnet    6 Laps   5:20.542

2グループ目ではデイローがトップを守ってチェッカー、
順当な結果となりました。

午後のレース(コース2)、予選上位はこのようになりました。

P  No Pilot                  Machine         Time
1  1  Jean-Philippe Dayraut  SKODA Fabia     3:07.420
2  3  Franck Lagorce         RENAULT Clio Ⅲ 3:07.516
3  4  Olivier Panis          SKODA Fabia     3:09.868
4  2  Alain Prost            DACIA Duster    3:08.534
5  5  Pierre Llorach         B.M.W. Série 1  3:08.915
6  12 Didier Thoral          TOYOTA Auris    3:11.296

タイムだけ見るとパニスは5位なのですが、
1回目のアタックが2位だったので、このようになっています。

そしてナイトレースの決勝

<1ere Finale Elite Sup Ⅱ>
1  3   Lagorce      6 Laps   4:46.368
2  2   A.Prost      6 Laps   4:51.886
3  12  Thoral       6 Laps   4:57.256
4  14  Riviere      6 Laps   4:57.691
5  7B  Ferrier      6 Laps   4:58.480
6  4B  G.Demoustier 6 Laps   4:59.100
7  20  A.Dubourg    6 Laps   5:04.658
8  16  Regal        6 Laps   5:07.665

1グループ目はラゴースが圧勝、
プロストとの差を5秒もつけましたが、
その後ろも相当差が付きました^^

<2ere Finale Elite Sup Ⅱ>
1  1   Dayraut      6 Laps   4:50.870
2  5   Llorach      6 Laps   4:55.027
3  4   Panis        6 Laps   4:55.482
4  3B  Dubourg      6 Laps   4:56.467
5  8   Balas        6 Laps   4:59.236
6  7   Joncoux      6 Laps   5:01.537
7  20B Bossard      6 Laps   5:03.022
8  6   O.Pernaut    4 Laps   3:18.197

2グループ目はデイローが圧勝し、両レースで優勝しました!
パニスは3位となっています。

ここまでの総合ポイントの上位はこのようになりました。

1  618  Jean-Philippe Dayraut
2  593  Alain Prost
3  574  Franck Lagorce
4  571  Olivier Panis
5  567  Jean-Baptiste Dubourg
6  552  Bertrand Balas

残りは15~16日と29~30日2大会で、4レースあるのですが、
デイローとプロストの争いになりそうな感じですね♪

次戦はランスで行われます~^^

« 日刊サーキット通信 #020 | トップページ | 日刊サーキット通信 #021 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #020 | トップページ | 日刊サーキット通信 #021 »