2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #098 | トップページ | 日刊サーキット通信 #099 »

IndyCar 2010 Rd.2 St. Petersburg

インディの第2戦はフロリダ州、セント・ピータースバーグです。

Indy201002a

開幕戦に参戦したベアトリスは今回走らず、
グラハム・レイホールが加わりました。

予選はウィル・パワーがポールを獲得、
日本人2人は6列目からスタートします。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:01.6026
2   11  T.カナーン             1:01.8797
3   9   S.ディクソン           1:02.0820
4   22  J.ウィルソン           1:02.1992
5   3   H.カストロネベス       1:02.2118
6   26  M.アンドレッティ       1:02.3461
------ Round 2  -----------------------------
7   37  R.ハンターレイ         1:01.8979
8   77  A.タグリアーニ         1:01.9692
9   8   EJ.ヴィソ              1:01.9807
10  24  M.コンウェイ           1:02.0434
11  5   佐藤琢磨(R)            1:02.4205
12  06  武藤英紀               1:02.5113
------ Round 1 -----------------------------
13  10  D.フランキッティ       1:02.1944 Group 1
14  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:02.4493 Group 2
15  4   D.ウェルドン           1:02.2557 Group 1
16  67  G.レイホール           1:02.5044 Group 2
17  14  V.メイラ               1:02.2688 Group 1
18  34  M.ロマンチーニ(R)      1:02.7366 Group 2
19  6   R.ブリスコー           1:02.3205 Group 1
20  32  M.モラエス             1:02.8294 Group 2
21  7   D.パトリック           1:02.4904 Group 1
22  19  A.ロイド(R)            1:03.4793 Group 2
23  2   R.マトス               1:03.0144 Group 1
24  18  M.デュノー             1:08.5058 Group 2

決勝はパワーがトップをキープ、
しかし6周目のターン1で若干ミスをすると、
アンドレッティとディクソンに抜かれ、
翌周にはディクソンがアンドレッティを抜き、
ディクソンがトップに立ちました。

25周目、佐藤がターン5で曲がりきれずにタイヤウォールにクラッシュ、
佐藤はこのレースもリタイアとなりました。

Indy201002b

レースはフルコース・コーションになり、半数のマシンがピットイン、
この間にピットに入らなかったメイラがリードしましたが、
イエローフラッグ解除後にピットに入ることになり16位まで後退、

一通りルーティンを済ませるとブリスコーがトップに立ち、
武藤が2位まで浮上しました。

47周目、ターン1でモラエスがブレーキトラブル?で、
ウェルドンを巻き込む大クラッシュ、
再びフルコース・コーションになりました。

Indy201002c

このコーションでは7台がピットに向かい、
ウェルドンと武藤もピットイン、武藤は14位に後退、
ピットに入らなかったパワーが再びトップに立ちました。

65周目、コンウェイがマトスと絡んでクラッシュ、
このレース4度目のペースカーが入りました。

このイエローの間に各チームは最後のピットイン、
メイラとヴィソはピットに入りませんでしたが、
後にピットに向かうことになり、順位を下げることになりました。

74周目にも、シルベストロのスピンとディクソンのクラッシュで
コーションになり、コーション直前にトップに立ったパワーが、
その後もトップをキープし続け、開幕戦に続いて2連勝!

Indy201002d

ウィルソンが僅差で2位、ブリスコーが3位、
ブリスコーと同じ作戦をとった武藤は14位でフィニッシュしました。

Indy201002e

<決勝>
1   12  W.パワー               100  2:07:05.7968
2   22  J.ウィルソン           100  +     0.8244
3   6   R.ブリスコー           100  +     4.7290
4   3   H.カストロネベス       100  +     5.1699
5   10  D.フランキッティ       100  +    22.2172
6   77  A.タグリアーニ         100  +    29.3224
7   7   D.パトリック           100  +    30.3360
8   2   R.マトス               100  +    30.6695
9   67  G.レイホール           100  +    30.8426
10  11  T.カナーン             100  +    31.3508
11  37  R.ハンターレイ         100  +    31.6286
12  26  M.アンドレッティ       100  +    32.1703
13  34  M.ロマンチーニ(R)      100  +    39.8086
14  06  武藤英紀               100  +    39.9949
15  14  V.メイラ               100  +    56.0593
16  78  S.デ・シルベストロ(R)   99  +      1 Lap
17  8   EJ.ヴィソ               97  +     3 Laps
18  9   S.ディクソン            73       Contact
19  24  M.コンウェイ            64       Contact
20  4   D.ウェルドン            46       Contact
21  32  M.モラエス              45       Contact
22  5   佐藤琢磨(R)             24       Contact
23  19  A.ロイド(R)             14       Contact
24  18  M.デュノー               7      Handling

ドライバーズポイントはこのようになっています。
2~4位は59ポイントで並んでます。

Indy201002f

<ドライバーズポイント>
1   -  103P  ウィル・パワー
2   -  59P   ライアン・ハンターレイ
3   △  59P   ダリオ・フランキッティ
4   △  59P   ジャスティン・ウィルソン
5   ▼  56P   ラファエル・マトス
6   △  54P   エリオ・カストロネベス
7   △  51P   ライアン・ブリスコー
8   ▼  50P   ヴィットール・メイラ
9   ▼  42P   ダン・ウェルドン
10  △  41P   ダニカ・パトリック
11  ▼  40P   スコット・ディクソン
12  ▼  40P   トニー・カナーン
13  △  40P   アレックス・タグリアーニ
14  ▼  36P   マイク・コンウェイ
15  ▼  31P   EJ.ヴィソ
16  △  30P   マリオ・ロマンチーニ(R)
17  △  30P   マルコ・アンドレッティ
18  ▼  28P   シモーナ・デ・シルベストロ(R)
19  △  28P   武藤英紀
20  △  24P   佐藤琢磨(R)
21  -  24P   マリオ・モラエス
22  ▼  24P   アレックス・ロイド(R)
23  ▼  24P   ミルカ・デュノー
24  △  22P   グラハム・レイホール
25  ▼  17P   アナ・ベアトリス(R)

第3戦は4月9~11日に、バーミンガムで行われます。

« 日刊サーキット通信 #098 | トップページ | 日刊サーキット通信 #099 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #098 | トップページ | 日刊サーキット通信 #099 »