2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #103 | トップページ | 日刊サーキット通信 #104 »

F1 2010 Rd.3 マレーシアGP決勝

決勝は最後まで目の離せない展開になりました。
(注意! 結果が書いてあります)

日曜のクアラルンプールの午後はドライコンディションになりました。

デ・ラ・ロサがスタート出来ず、小林もトラブルでリタイアする序盤、
シューマッハもトラブルでリタイアを喫しました。

トップチームが後方にいたためにオーバーテイクが見られたレースは、
最後まで激しい争いが見られ、残り2周となったときに、
アロンソがエンジンブローという波乱も起きました。

優勝争いは常にベッテルがリード、トラブル無く今季優勝を飾りました!

ウェバーが2位でロズベルグが3位、クビサ、スーティルと続き、
ハミルトンが6位、マッサ7位、バトン8位でなんとかポイント獲得、
アロンソは2周遅れの13位で完走扱いとなりました。

<決勝>
1   5   S.ベッテル          56  1:33:48.412
2   6   M.ウェバー       56  +     4.849
3   4   N.ロズベルグ        56  +    13.504
4   11  R.クビサ            56  +    18.589
5   14  A.スーティル        56  +    21.059
6   2   L.ハミルトン        56  +    23.471
7   7   F.マッサ            56  +    27.068
8   1   J.バトン            56  +    37.918
9   17  J.アルグエルスアリ  56  +  1:10.602
10  10  N.ヒュルケンベルグ  56  +  1:13.399
11  16  S.ブエミ            56  +  1:18.938
12  9   R.バリチェロ        55  +     1 Lap
13  8   F.アロンソ          54  +     2 Lap DNF
14 25  L.ディ・グラッシ    53  +    3 Laps
15 20  K.チャンドック      53  +    3 Laps
16 21  B.セナ              52  +    4 Laps
17  18  J.トゥルーリ        51  +    5 Laps
    19  H.コバライネン      46  +   10 Laps
   12  V.ペトロフ          32  +   24 Laps DNF
    15  V.リウッツィ        22  +   44 Laps DNF
    3   M.シューマッハ       9  +   47 Laps DNF
    23  小林可夢偉           8  +   48 Laps DNF
    24  T.グロック           2  +   54 Laps DNF
    22  P.デ・ラ・ロサ       0  +   56 Laps DNS

ドライバーズポイントはマッサが逆転、ベッテルが3位に上がりました。
しかし1~5位まで4ポイント差で、優勝すれば順位が変わる差です。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  39P  フェリペ・マッサ
2   ▼  37P  フェルナンド・アロンソ
3   △  37P  セバスチャン・ベッテル
4   ▼  35P  ジェンソン・バトン
5   -  35P  ニコ・ロズベルグ
6   ▼  31P  ルイス・ハミルトン
7   ▼  30P  ロバート・クビサ
8   △  24P  マーク・ウェバー
9   △  10P  エイドリアン・スーティル
10  ▼  9P   ミハエル・シューマッハ
11  ▼  8P   ヴィタントニオ・リウッツィ
12  ▼  5P   ルーベンス・バリチェロ
13  △  2P   ハイメ・アルグエルスアリ
14  △  1P   ニコ・ヒュルケンベルグ

コンストラクターズ・ポイントはレッドブルが3位に浮上しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  76P  フェラーリ
2   -  66P  マクラーレン・メルセデス
3   △  61P  レッドブル・ルノー
4   ▼  44P  メルセデスGP
5   ▼  30P  ルノー
6   -  18P  フォースインディア・メルセデス
7   -  6P   ウィリアムズ・コスワース
8   -  2P    トロロッソ・フェラーリ

次戦中国GPは、4月16~18日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #103 | トップページ | 日刊サーキット通信 #104 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

リザルトを詳細に書くならば、アロンソもDNFになりますね。チェッカー受けてませんので。(同じ理由でコバライネンも)

トゥルーリはもう少し遅ければ、周回不足になるところでしたね。よかったよかった。

そういえば、そうですねー・・・修正しておきましたm(_ _)m
ただコバライネンはチェッカーを受けたので
"Do Not Classified"ではあっても"DNF"ではないですね。
あとデ・ラ・ロサは"DNF"ではなく"Do Not Started"でした(汗)

レース後2,30分程で記事をUPするので、気付かないことが多いです^^;

あっ、コバライネンはあの後走ったんですか? いつぞやの琢磨みたいですね。
地上波では終わった感ありましたので、知りませんでした。

ちなみに、WikipediaではNCという書き方で周回不足としてるみたいです。青葉さんのおっしゃる通り、 "Not Classified" でしょうね。

P.S.
通常版の空想サーキットを、5年ぶりに手直ししてみました。
青葉さんの影響ですが、あんまり印象は変わんないかもです。

ちなみに、修正時にはFIAのプレスリリースを参考にしたので間違いないはず^^;
コバライネンはトップが25周目終了時にピットアウトしていたんですよ☆

空想のほうは、修正の方(特に1つ目)が良かったです^^

私もいくつか描いているので、今週にも載せるかも!?
自己評価は猛烈に厳しいから、今描いているのも、
レイアウトの満足度は・・・・・・40%かな^^;

確認しました。
コバライネンは走りきってますね~。

+10Lapsではどのコースでも完走にはなりませんが、新チームとしてはデータ集めのためだったんでしょうね。
リタイアするよりは走りきる方が、現状としては勉強になりますからね。

P.S.
コース評価ありがとうございます♪
修正した方が悪くなったら、さすがに私も悲しみます…さらに手直ししないといけませんからね。(笑)

まぁ、そうですね^^;
私の場合は、大きく修正する回数が最低でも20はあるので、
途中で悪くなってしまう場合が結構あります(汗)
で、今はおよそ30回の修正・・・
修正の止め時が難しいです。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #103 | トップページ | 日刊サーキット通信 #104 »