2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #111 | トップページ | 日刊サーキット通信 #112 »

モトGP 2010 Rd.1 カタールGP

モトGPの開幕戦は、今年もロサイルでのナイトレースです。

Motogp201001a

今年は大きなチーム移籍はありませんでしたが、
カワサキが撤退したことでメランドリはホンダへ移籍、
エリアス、デ・アンジェリス、トスランド、
タルマクシ、バーミューレンはエントリーから名前が消え、
代わりに昨年250ccで総合1~4位になった、
青山、バルベラ、シモンチェリ、バウティスタの4人が上がりました。

なお、エリアス、デ・アンジェリス、タルマクシはモト2へ、
トスランドとバーミューレンはスーパーバイクに参戦します。

今回の予選はストーナーがポールを獲得、
ロッシ、ロレンソと、フロントローの顔ぶれは昨年と同じですね^^
青山はルーキーではトップの10番グリッドからスタートします。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:55.007
2   46  V.ロッシ            ヤマハ      +  0.355
3   99  J.ロレンソ          ヤマハ      +  0.513
4   14  R.ド・プニエ        ホンダ      +  0.824
5   65  L.カピロッシ        スズキ      +  0.892
6   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      +  0.956
7   26  D.ペドロサ          ホンダ      +  0.983
8   5   C.エドワーズ        ヤマハ      +  0.998
9   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  +  1.156
10  7   青山博一            ホンダ      +  1.220
11  11  B.スピーズ          ヤマハ      +  1.264
12  36  M.カリオ            ドゥカティ  +  1.276
13  19  A.バウティスタ      スズキ      +  1.443
14  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  +  1.645
15  58  M.シモンチェリ      ホンダ      +  1.950
16  40  H.バルベラ          ドゥカティ  +  2.123
17  33  M.メランドリ        ホンダ      +  2.318

決勝、1周目はペドロサが好スタートを切ってホールショットを獲得、
ロッシは2位につけ、ストーナーは出遅れました。

Motogp201001b

ペドロサは2周目にリードを奪い、ストーナーもロッシを抜いて2位に浮上、
3周目にはストーナーがトップに立ちます。
しかし6周目にストーナーは単独でクラッシュ、リタイアとなりました。

トップ争いはロッシ、ロレンソ、ドビツィオーソ、ヘイデンの
4人の激しい争いになり、後半は毎回順位が入れ替わる展開になりましたが、
ロッシが抑えきって開幕戦を制しました!

2位はロレンソ、3位ドビツィオーソ、4位ヘイデン。
ドビツィオーソとヘイデンの差は僅か0.011秒でした。

青山はスタートでいくつか順位を落としてしまい、
中盤には上がってきたものの、結局予選結果と同じ10位で終えました。

Motogp201001c

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   46  V.ロッシ            ヤマハ      22  42:50.099
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      22  +   1.022
3   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      22  +   1.865
4   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  22  +   1.876
5   11  B.スピーズ          ヤマハ      22  +   3.903
6   14  R.ド・プニエ        ホンダ      22  +   9.322
7   26  D.ペドロサ          ホンダ      22  +  16.508
8   5   C.エドワーズ        ヤマハ      22  +  19.867
9   65  L.カピロッシ        スズキ      22  +  20.893
10  7   青山博一            ホンダ      22  +  21.100
11  58  M.シモンチェリ      ホンダ      22  +  31.638
12  40  H.バルベラ          ドゥカティ  22  +  32.573
13  33  M.メランドリ        ホンダ      22  +  40.780
    19  A.バウティスタ      スズキ      21  +   1 Lap
    41  A.エスパルガロ      ドゥカティ   7  + 15 Laps
    27  C.ストーナー        ドゥカティ   5  + 17 Laps
    36  M.カリオ            ドゥカティ   2  + 20 Laps

ライダーズポイントはこのようになっています。
ロッシが幸先の良いスタートを切りましたが、
ストーナーは0ポイントとなりました。

<ライダーズポイント>
1   25P   バレンティーノ・ロッシ
2   20P   ホルヘ・ロレンソ
3   16P   アンドレア・ドビツィオーソ
4   13P   ニッキー・ヘイデン
5   11P   ベン・スピーズ
6   10P   ランディ・ド・プニエ
7   9P    ダニ・ペドロサ
8   8P    コーリン・エドワーズ
9   7P    ロリス・カピロッシ
10  6P  R 青山博一
11  5P  R マルコ・シモンチェリ
12  4P  R ヘクトル・バルベラ
13  3P    マルコ・メランドリ
14  0P  R アルヴァロ・バウティスタ
15  0P    アレックス・エスパルガロ
16  0P    ケーシー・ストーナー
17  0P    ミカ・カリオ

コンストラクターズは以下の通り、
昨年と同じような順位ですね。

<コンストラクターズポイント>
1   25P  ヤマハ
2   16P  ホンダ
3   13P  ドゥカティ
4   7P   スズキ

チームポイントはフィアット・ヤマハが好発進、
レプソル・ホンダが続くスタートとなりました。

<チームポイント>
1   45P  FIAT YAMAHA TEAM
2   25P  REPSOL HONDA TEAM
3   19P  MONSTER YAMAHA TECH
4   13P  DUCATI MARLBORO TEAM
5   10P  LCR HONDA MOTOGP
6   8P   SAN CARLO HONDA GRESINI
7   7P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
8   6P   INTERWETTEN HONDA MOTO
9   4P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR

その他のレース、今年から250ccが廃止されてモト2がスタート、
排気量も増えて、600ccのマシンで戦うことになります。

昨年までモトGPで戦っていたエリアスがポールを獲得、
同じくデ・アンジェリスは4番手、タルマクシは14番手、
高橋裕紀は5番手、富沢祥也は9番グリッドからスタート。

決勝は6周目にトップに立った富沢が、
2位との差を広げてチェッカー、モトGP最初の優勝者になりました!
高橋は7周目にリタイアに終えています。


125ccは小山知良が今年も参戦、中上貴晶はエントリーしていません。
決勝は予選3番手からスタートしたテロルが優勝、
小山は9位で完走を果たしています。


第2戦は4月23~25日、ツインリンクもてぎでの日本GPです。

« 日刊サーキット通信 #111 | トップページ | 日刊サーキット通信 #112 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #111 | トップページ | 日刊サーキット通信 #112 »