2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #118 | トップページ | 日刊サーキット通信 #119 »

IndyCar 2010 Rd.4 Long Beach

インディの第4戦はロングビーチの市街地コースで行われました。

Indy201004a

今年も例年通り、"トヨタ・グランプリ"としての開催となりました^^

予選は絶好調のウィル・パワーがポールを獲得、
ハンターレイがその隣に並びました。
武藤は6列目から、佐藤はラウンド1で敗退し、
10列目からのスタートです。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:09.3185
2   37  R.ハンターレイ         1:09.7506
3   22  J.ウィルソン           1:09.7939
4   3   H.カストロネベス       1:09.8470
5   6   R.ブリスコー           1:10.0255
6   11  T.カナーン             1:10.1618
------ Round 2  -----------------------------
7   77  A.タグリアーニ         1:09.8730
8   9   S.ディクソン           1:09.9688
9   26  M.アンドレッティ       1:10.1760
10  4   D.ウェルドン           1:10.2574
11  06  武藤英紀               1:10.2730
12  10  D.フランキッティ       1:10.3358
------ Round 1 -----------------------------
13  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:10.3722 Group 1
14  14  V.メイラ               1:10.4259 Group 2
15  32  M.モラエス             1:10.5093 Group 1
16  24  M.コンウェイ           1:10.4586 Group 2
17  8   EJ.ヴィソ              1:10.5991 Group 1
18  2   R.マトス               1:10.5068 Group 2
19  5   佐藤琢磨(R)            1:10.7000 Group 1
20  7   D.パトリック           1:10.5503 Group 2
21  19  A.ロイド(R)            1:10.8003 Group 1
22  67  G.レイホール           1:10.7722 Group 2
23  34  M.ロマンチーニ(R)      1:10.9914 Group 1
24  36  B.バゲット(R)          1:11.4345 Group 2
25  18  M.デュノー               no time Group 1

決勝はパワーがリードし、ハンターレイが追いかける形でスタート、
順調に周回を重ねるパワーでしたが、
17周目の最終コーナー立ち上がりでスローダウン、
ハンターレイとウィルソンに交わされてしまいました。

レースはこのあと淡々と進み、
グリーンフラッグの下でのルーティンが行われます。

60周目にはターン1でレイホールとロマンチーニが接触、

Indy201004b

このレース初のコーションになりましたが、
すでにほとんどのマシンがピットに入っていたので、
順位の変動もなく、ハンターレイが最後まで守って優勝!

Indy201004c

2位はウィルソン、3位はパワーで、
パワーとしては17周目が悔やまれる結果となりました。

武藤は13位、佐藤は途中ロイドにスピンさせられたものの
18位で完走を果たしています。

<決勝>
1   37  R.ハンターレイ         85  1:47:12.5404
2   22  J.ウィルソン           85  +     5.6031
3   12  W.パワー               85  +     8.5864
4   9   S.ディクソン           85  +    10.6287
5   11  T.カナーン             85  +    11.7732
6   32  M.モラエス             85  +    16.5171
7   3   H.カストロネベス       85  +    16.8928
8   6   R.ブリスコー           85  +    18.2214
9   4   D.ウェルドン           85  +    19.4575
10  24  M.コンウェイ           85  +    19.9307
11  14  V.メイラ               85  +    27.4005
12  10  D.フランキッティ       85  +    28.1352
13  06  武藤英紀               85  +    28.6037
14  26  M.アンドレッティ       85  +    30.0120
15  8   EJ.ヴィソ              85  +    31.6182
16  7   D.パトリック           85  +    32.1804
17  78  S.デ・シルベストロ(R)  85  +    33.1652
18  5   佐藤琢磨(R)            84  +      1 Lap
19  19  A.ロイド(R)            84  +      1 Lap
20  2   R.マトス               84  +      1 Lap
21  77  A.タグリアーニ         65    Mechanical
22  67  G.レイホール           58       Contact
23  34  M.ロマンチーニ(R)      58       Contact
24  36  B.バゲット(R)          45    Mechanical
25  18  M.デュノー             10      Handling

ドライバーズポイントはハンターレイが3位に順位をアップ、
武藤は1つ下がって19位、佐藤は24位のままです。

Indy201004d

<ドライバーズポイント>
1   -  172P  ウィル・パワー
2   -  130P  エリオ・カストロネベス
3   △  129P  ライアン・ハンターレイ
4   -  125P  ジャスティン・ウィルソン
5   ▼  112P  ダリオ・フランキッティ
6   ▼  112P  スコット・ディクソン
7   ▼  103P  ライアン・ブリスコー
8   △  94P   トニー・カナーン
9   ▼  84P   ラファエル・マトス
10  △  83P   ダン・ウェルドン
11  ▼  81P   ヴィットール・メイラ
12  ▼  78P   マルコ・アンドレッティ
13  △  78P   マイク・コンウェイ
14  ▼  72P   アレックス・タグリアーニ
15  △  69P   マリオ・モラエス
16  ▼  67P   ダニカ・パトリック
17  ▼  60P   EJ.ヴィソ
18  ▼  60P   武藤英紀
19  ▼  54P   マリオ・ロマンチーニ(R)
20  -  53P   シモーナ・デ・シルベストロ(R)
21  △  48P   アレックス・ロイド(R)
22  △  47P   グラハム・レイホール
23  ▼  46P   ミルカ・デュノー
24  -  46P   佐藤琢磨(R)
25  △  24P   バートランド・バゲット(R)
26  ▼  17P   アナ・ベアトリス(R)

第5戦は今週末、今年初のオーバルはカンザスで行われます。

« 日刊サーキット通信 #118 | トップページ | 日刊サーキット通信 #119 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #118 | トップページ | 日刊サーキット通信 #119 »