2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #107 | トップページ | 日刊サーキット通信 #108 »

テトリス動画☆

今日はテトリスDSの動画をUPしてみました~☆

動画の前に、スタンダードのマラソンでどのくらい出来るか挑戦!
もちろん、最低レベルからのスタートです^^

DS版のテトリスは、Lv20が最高速度(20G)になるのでLv20もLv100も同じ。
テトリス消しが出来るようなら、まずゲームオーバーしません。

前回やった時は、Lv100を越えた後に疲れてわざと終了したんですけど、
そのことをすっかり忘れていて、どんどんレベルも得点も増えていきます。

とりあえず、9,999,999を目指していてプレイしてましたが、
4時間か、5時間か・・・ようやく到達したと思ったら、
さらに上の桁がありました・・・

あまりにも時間がかかり、かなり疲れたので、
キリの良いLv340をクリアした所(Lv341に上がった時)に終了、
得点は 10,300,086 という結果になりました~
ちなみに、カウンターがストップするのは 99,999,999 だとか・・・
何時間かかるんでしょう^^;

次にコンピュータとの対戦、レベル1~5まであるのですが、
Lv3だと余裕、Lv4で少し良い勝負、Lv5だと5戦1勝くらいだったので、
コンピュータとの対戦でいうと、私の実力はLv4と5の間くらいですね^^;
決してヘタという程ではありません。


そういうことをしっかりとふまえた上で、いよいよ動画です~

最初に撮影した時は、カメラ越しにプレイをしたのですが、
画面(特に黒い部分)に反射して自分が映ってしまい失敗・・・

そこで、背景やら位置調整のためにカメラはティッシュ箱の上に設置、
ゲーム機の高さはメモ帳で調節、
そして私自身は、ヒザ立ちで斜めからプレイすることになりました(汗)

この状態、疲れはともかく、画面が黒っぽくなって見づらい!
さらに、プレイすると徐々に持つ手の角度が変わってしまい、
上の照明が映ってしまい、画面が見えない状態に。。。

苦心しながらも、撮ったのが下の動画です~

<1つ目>

上の画面が相手で、私が下の画面、
右寄りになってしまいましたが、見やすい動画です^^;
中央に寄っていれば完璧だったんですけどね~

<2つ目>

上の動画と同じ人との対戦、ホントに画面が見づらいんですよ。。。
DSi4つ分くらいずらした状態でのプレイですからね。
判断もコンマ5秒は遅くなってしまいます(汗)

<3つ目>

これまでに見たことのないレーティング7687の人との対戦、
序盤は手を抜いてくれたのか、ボーッとしていたのか、かろうじて勝利!
DSは正面にありますが、照明が見苦しいですよね(汗)
ほとんどの動画はこうなってしまいました・・・
途中で気付いても、すぐ戻ってしまいます。。。

ということで、テトリス動画でした~

どうでしたでしょうか^^?

カメラでの動画は今回が初だったので苦労しましたが、
もし今度載せる時は、もう少し良い撮影方法を考えたいと思います^^;

« 日刊サーキット通信 #107 | トップページ | 日刊サーキット通信 #108 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

DSの動画を載せようかと自分も考えた事ありましたが、やっぱりカメラで撮るしかないですよね~(^^;
映像を外部出力できるならそれほど悩まないんですけど・・・
緑さんがテトリスなら自分はパネルでポンの動画でも載せたいところですね☆

外部出力出来れば楽ですよね^^
画面が反射しなければ、カメラでも良いんだけど、
思いっきり自分が映ってしまったので、何度も撮り直しましたよ(汗)

自分や背景を写り混まないようにしたい時は要注意です^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #107 | トップページ | 日刊サーキット通信 #108 »