2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« SUPER GT 2010 Rd.03 富士 | トップページ | 日刊サーキット通信 #136 »

ドラクエモンスターズジョーカー2日記002

DQMJ2日記、2日目(購入3日目)は新たなエリアです~
(ネタバレあり)

密林をクリアし、平原に行けるようになると、
クリアした密林は、天候や時間が変わるようになるんですねー

朝→夕方(かなり短い)→夜→朝というようになっていて、
時間によって現れるモンスターも変わります。
また、平原から密林へとエリアに移動すると天候が変わることもあって、
晴れている時と雨の時ではモンスターだけではなく、
行ける場所が増えたり、たどり着けなくなる場合もありました^^

例えば密林に入ってすぐの場所には、夜に限りガオンが出るとか、
雨が降るとじんめんカエルが出るとか^^

クリア後の密林をウロウロしていると、ベビーパンサーを発見!
迷わずスカウトすると、この時点ではかなり強くて、即主力メンバーになりました^^
さらに、キラーパンサーもいましたが、こちらはとてもスカウトは難しい状態。
先に平原クリアを目指すことにしました。

平原は夜、ウィングタイガーという大きなモンスターが空を徘徊し、
見つかると襲ってくる凶暴なヤツがいます・・・
通常モンスターと戦闘して遭遇回避するとか、
逃げ続けて平原にある洞くつに向かうと、セブンスの幽霊がいました!?

どうやらこの島がバトルGPの会場だそうで、
「おまえ達はもう逃げられない」とか、怖いことを言ってます・・・
本当にセブンスが死んだのか、信じたくないけど、
この幽霊が非常に気になるところですよね。

洞くつを抜け、平原をさらに進むと、洞くつの前にスライムがいました。
どうやらそこは"モグラのアジト"らしく、
スライムに平原の端にいるモグラに手紙を渡してきて欲しいと頼まれました^^

"スライムのてがみ"を持ってモグラに会い、
再びアジトに戻ると、今度は中に入れました。

ちなみに、手紙を貰わずモグラに会いに行ってもOK、
でもこういったアイテムは一度は手に入れておきたいですからね。
ゲームを最初からやり直した理由が、手紙を入手し忘れたからです(汗)

モグラのアジトに入るとGJがいて、モンスターと間違われてました^^;
モグラのイターズ、モグネ、スコットと戦闘になり、倒すとドン・モグーラが登場!
彼の話で、なぞのプレートがバトルGPの参加資格だと知りました!!

また配合が出来るハイゴナにも会い、
飛行船に戻ると配合が出来るようになりました~♪

配合はLv10以上のオスとメスのモンスターを配合して出来るようで、
希にいる中性はどちらでも可能のようです。

早速配合!
といきたいところですけど、もとのモンスターが消えるので中々出来ず・・・

スカウトしてモンスターを増やし、レベルを上げて
最初に配合して誕生させたのはプリズニャンにしました♪

その後、コドラ+ポグフィッシュでドラゴンを作ると戦力アップ!
ただ、2匹分の大きさというのがネックですけどね(汗)
ドラゴンと共に試しにキラーパンサーをスカウトしようとしたら・・・・・・
なんと成功率2%だったのに、仲間になっちゃいました!!!

早速戦うと、初期レベルが18だったこともあって強い!

ということで、現在はキラーパンサーとドラゴンのコンビで、
スタンバイはプリズニャンとホイミスライムです~☆

今日は・・・多分配合やレベル上げのみになりそうな気がします^^;

« SUPER GT 2010 Rd.03 富士 | トップページ | 日刊サーキット通信 #136 »

[game]DRAGON QUEST」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SUPER GT 2010 Rd.03 富士 | トップページ | 日刊サーキット通信 #136 »