2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #160 | トップページ | 日刊サーキット通信 #161 »

IndyCar 2010 Rd.6 Indianapolis

インディ第6戦は伝統のインディアナポリス500です。

Indy500_2010

94回を迎えたインディ500マイル・レース。
今年は38人のドライバーがエントリーしました。

インディ500はフリー走行から決勝まで長く、
ルーキーセッションから始まり、フリー走行だけでも9回あります^^
佐藤もルーキーセッションから参加、無事クリアしましたが、
フリー走行では初のオーバルクラッシュも経験しました。

そして、予選ルールも非常に複雑です^^;

気になる人はルールブックやWikipediaを見て貰うとして、
大雑把に説明しておくと・・・

今年の予選は2日、1日目はポールを決めるポール・デイで、
最初に1~24位を決定、10~24位はそのままグリッドを埋め、
1~9位はポールを決めるシュートアウトに進出、25位以下は2日目に回ります。
2日目はバンプ・デイと呼ばれ、25~33番グリッドを決めます。
ここで34番手以下になると脱落になり、決勝に出走できません。
なお、予選は4周アタックの平均時速(つまり合計タイム)で争います。

そして、今年の予選はカストロネベスがポールを獲得、
武藤が3列目に入りました。
佐藤は最後列グリッドの31番手でしたが決勝に進出、
ハワード、ラジア、トレーシー、デュノー、AJの5人は
今年のインディ500に参戦できません。

<予選>
---------  Pole Day 2  -------------------------------
1   3   H.カストロネベス       2:37.9154  227.970mph
2   12  W.パワー               2:38.1876  227.578mph
3   10  D.フランキッティ       2:38.5970  226.990mph
4   6   R.ブリスコー           2:38.9027  226.554mph
5   77  A.タグリアーニ         2:39.0178  226.390mph
6   9   S.ディクソン           2:39.1277  226.233mph
7   30  G.レイホール           2:39.6319  225.519mph
8   20  E.カーペンター         2:40.3514  224.507mph
9   06  武藤英紀               2:41.0831  223.487mph
---------  Pole Day 1  -------------------------------
10  99  T.ベル                 2:39.9313  225.097mph
11  22  J.ウィルソン           2:39.9647  225.050mph
12  2   R.マトス               2:39.9798  225.028mph
13  32  M.モラエス             2:40.0794  224.888mph
14  21  D.ハミルトン(R)        2:40.1053  224.852mph
15  24  M.コンウェイ           2:40.2969  224.583mph
16  26  M.アンドレッティ       2:40.3030  224.575mph
17  37  R.ハンターレイ         2:40.3227  224.547mph
18  4   D.ウェルドン           2:40.3821  224.464mph
19  8   EJ.ヴィソ              2:40.4424  224.380mph
20  23  T.シェクター(R)        2:40.5270  224.261mph
21  25  A.ベアトリス(R)        2:40.5402  224.243mph
22  78  S.デ・シルベストロ(R)  2:40.5511  224.228mph
23  7   D.パトリック           2:40.5584  224.217mph
24  36  B.バゲット(R)          2:40.5785  224.189mph
---------  Bump Day  ---------------------------------
25  33  B.ジュンケイラ         2:39.5305  225.662mph
26  19  A.ロイド(R)            2:40.1543  224.783mph
27  34  M.ロマンチーニ(R)      2:40.2557  224.641mph
28  43  J.アンドレッティ       2:40.3438  224.518mph
29  67  S.フィッシャー         2:40.4033  224.434mph
30  14  V.メイラ               2:40.4367  224.388mph
31  5   佐藤琢磨(R)            2:40.5865  224.178mph
32  11  T.カナーン             2:40.6628  224.072mph
33  29  S.サーベドラ(R)        2:40.9776  223.634mph
---------  Failed to Qualify--------------------------
    66  J.ハワード(R)
    41  J.ラジア
    15  P.トレーシー
    18  M.デュノー
    41  AJ.フォイト4世

「Ladies and gentlemen , Start your Engine」
でエンジンがかかる、お馴染みの光景^^

決勝は1周目からハミルトンのクラッシュ、
いきなり波乱のスタートとなりました。

しかし1周目にリードを奪ったのはフランキッティは、
ここからリードを守り続けていき、
最後は2位以下を突き放しての勝利となりました!
(2位との接近したタイムはイエローのため)

武藤は前半は上位に付いていきましたが、
トラブルで順位を下げてリタイア、
佐藤は少しずつ順位を上げていったものの、
109周目のピットでトラブルを抱えたことでペナルティに、
2周後に再びピットに戻ったために、2周遅れになってしまいました。

佐藤の2つ後ろにいたダニカは6位フィニッシュしたので、
もしピットでのミス?やペナルティがなければ、
好結果も残せたかも知れないので残念でした。

レースはホワイトフラッグが振られたラストラップ、
ハンターレイとコンウェイが接触、
コンウェイのマシンは宙に舞い、フェンスに当たって大破する
かなり危険なクラッシュが起きましたが、
どうやら命に別状はなかったようで、ホッとしました。

<決勝>
1   10  D.フランキッティ       200  3:05:37.0131
2   4   D.ウェルドン           200  +     0.1536
3   26  M.アンドレッティ       200  +    20.9875
4   19  A.ロイド(R)            200  +    20.9876
5   9   S.ディクソン           200  +    21.4922
6   7   D.パトリック           200  +    21.7560
7   22  J.ウィルソン           200  +    25.9761
8   12  W.パワー               200  +    30.2474
9   3   H.カストロネベス       200  +    33.0137
10  77  A.タグリアーニ         200  +    34.2482
11  11  T.カナーン             200  +    59.5957
12  30  G.レイホール           200  +    59.9739
13  34  M.ロマンチーニ(R)      200  +  1:01.6744
14  78  S.デ・シルベストロ(R)  200  +  1:01.6745
15  23  T.シェクター(R)        199  +      1 Lap
16  99  T.ベル                 199  +      1 Lap
17  20  E.カーペンター         199  +      1 Lap
18  37  R.ハンターレイ         198       Contact
19  24  M.コンウェイ           198       Contact
20  5   佐藤琢磨(R)            188  +     2 Laps
21  25  A.ベアトリス(R)        196  +     4 Laps
22  36  B.バゲット(R)          183  +    17 Laps
33  29  S.サーベドラ(R)        159       Contact
24  6   R.ブリスコー           147       Contact
25  8   EJ.ヴィソ              139      Handling
26  67  S.フィッシャー         125      Handling
27  14  V.メイラ               105       Contact
28  06  武藤英紀                76      Handling
29  2   R.マトス                72       Contact
30  43  J.アンドレッティ        62       Contact
31  32  M.モラエス              17       Contact
32  33  B.ジュンケイラ           7       Contact
33  21  D.ハミルトン(R)          0       Contact

ドライバーズポイントはパワーがトップをキープ、
フランキッティが2位に浮上しました。

<ドライバーズポイント>
1   -  227P  ウィル・パワー
2   △  216P  ダリオ・フランキッティ
3   ▼  203P  スコット・ディクソン
4   ▼  199P  エリオ・カストロネベス
5   ▼  175P  ライアン・ハンターレイ
6   -  167P  ジャスティン・ウィルソン
7   -  155P  ライアン・ブリスコー
8   -  151P  トニー・カナーン
9   △  142P  ダン・ウェルドン
10  △  134P  マルコ・アンドレッティ
11  △  126P  アレックス・タグリアーニ
12  △  118P  ダニカ・パトリック
13  ▼  114P  ヴィットール・メイラ
14  ▼  112P  ラファエル・マトス
15  -  110P  マイク・コンウェイ
16  ▼  109P  マリオ・モラエス
17  △  95P   アレックス・ロイド(R)
18  ▼  88P   武藤英紀
19  -  86P   マリオ・ロマンチーニ(R)
20  -  85P   シモーナ・デ・シルベストロ(R)
21  ▼  84P   EJ.ヴィソ
22  -  73P   佐藤琢磨(R)
23  △  73P   グラハム・レイホール
24  ▼  56P   ミルカ・デュノー
25  -  52P   バートランド・バゲット(R)
26  -  35P   ジョン・アンドレッティ
27  -  33P   アナ・ベアトリス(R)
28  -  26P   サラ・フィッシャー
29  △  20P   エド・カーペンター
30  △  19P   トーマス・シェクター(R)
31  △  18P   タウンセンド・ベル
32  △  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
33  △  14P   デイビー・ハミルトン(R)
34  △  13P   ブルーノ・ジュンケイラ
35  ▼  10P   ジェイ・ハワード(R)

第7戦は来週、テキサス・モーター・スピードウェイで行われます。

« 日刊サーキット通信 #160 | トップページ | 日刊サーキット通信 #161 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

琢磨おしかったですよね。放送ではまったくフォローなかったのですがどういうトラブル・ペナルティだったのでしょう。仕方ないとはいえ初めてのインディで完走はよかった。

しかしファイナルラップ、コンウェイとハンターレイのクラッシュがなかったとして、ダリオの燃料ははたして最後までもっていたのか、それが気になるとことです(ウイニングランはできてましたけどね)。

私は最初から最後までライブで見てましたが、ほとんどヘリ映像だったので
最後のトップ争いの行方は「4秒差」としか知りませんでした^^;
でも、フランキッティの燃料がギリギリだったということは、
イエローに助けられたかも知れませんね。

佐藤は本当に残念、どうやらピットでタイヤに当たったとか、
クローズの時に入ったとか?? あったようで、
15秒のピットストップ・ペナルティを受けたようです。
それさえ無ければ、上位フィニッシュも可能だったはず。

コンウェイはどうやら左足骨折だけのようで安心しました^^

なにせイエロー挟んだとはいえ最後40周もたせましたからね。カナーンが196周目だったかでピット入りましたけど、本来はそこが限界だったんだと思います。ダリオもウェルドンも踏めない状態でした。

琢磨の事情はわかりました。ありがとうございます。イエロー明け気付いたらラップダウンになっていてあれ?と思っていました。とはいえINDYでもナチュラルに速いレベルのドライバーになりつつあると思います(しかしヴィソと琢磨ってタイプが近いような)ので、まずは事故を減らしてトップ10、トップ5を狙ってほしいですね。

オリジナルサーキットがんばってください!

佐藤はインディに馴染んでいる感じですよね、
F1よりイキイキしているような印象さえ思います^^
EJヴィソのフォト・アルバムでは、チームメイトや多くのドライバーと談笑している姿もありますよ☆
私もF1ではあまり応援してませんでしたが(汗)インディで好きになりました^^;

今回のオリジナルはかなり短時間で仕上げます^^
数年前に描いたレイアウトに近いかも!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #160 | トップページ | 日刊サーキット通信 #161 »