2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #133 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記001 »

IndyCar 2010 Rd.5 Kansas

インディ第5戦はカンザス・スピードウェイで行われました。

Indy201005a

今季初のオーバルはカンザスからです。

予選はブリスコーがポールを獲得、ディクソンがフロントローに並びました。
2列目にはフランキッティと武藤が、佐藤は6列目からのスタートになります。

ウェルドンとアンドレッティはホワイトラインを踏んで失格となっています。

<予選>
1   6   R.ブリスコー           1:43.1747
2   9   S.ディクソン           1:43.5881
3   10  D.フランキッティ       1:43.6188
4   06  武藤英紀               1:43.7156
5   77  A.タグリアーニ         1:43.7903
6   14  V.メイラ               1:43.8946
7   12  W.パワー               1:43.8961
8   3   H.カストロネベス       1:43.9973
9   7   D.パトリック           1:44.0163
10  24  M.コンウェイ           1:44.0622
11  5   佐藤琢磨(R)            1:44.0626
12  32  M.モラエス             1:44.1362
13  2   R.マトス               1:44.2722
14  67  S.フィッシャー         1:44.2942
15  11  T.カナーン             1:44.3559
16  8   EJ.ヴィソ              1:44.3776
17  43  J.アンドレッティ       1:44.3858
18  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:44.5289
19  36  B.バゲット(R)          1:44.5554
20  22  J.ウィルソン           1:44.6430
21  66  J.ハワード(R)          1:44.8517
22  37  R.ハンターレイ         1:44.9847
23  19  A.ロイド(R)            1:45.0664
24  18  M.デュノー             1:45.3249
25  4   D.ウェルドン           1:43.6158 DNQ
26  26  M.アンドレッティ       1:44.0286 DNQ
27  34  M.ロマンチーニ(R)        no time DNQ

決勝はブリスコーが先行して始まりましたが、
32周目にディクソンがトップに立ちました。

珍しく?長い間イエローコーションが出ずに
一回目のルーティンピットが47周目辺りから始まると、
2位に上がったのはフランキッティで、ブリスコーは3位に後退。

最初のコーションは73周目、E.J.がターン4でクラッシュ。

Indy201005b

このコーションの間に全車がピットに向かうと、
ピットアウトの時に佐藤がウェルドンとデュノーに挟まれてしまいデュノーと接触。

Indy201005c

佐藤は再びピットに戻りレースに復帰しましたが、
デュノーはリタイアとなりました。
(リタイアしてすぐにデュノーはツイッターで佐藤に暴言・・・
 でも、映像を見る限りでは佐藤に非はありませんでした)

Indy201005d

83周目にグリーンフラッグ、トップ2は変わらず、
カストロネベスが3位に上がってきていました。
武藤は一時11位まで後退していましたが、6位にまで来ました。

120周目にデブリ(マシンの破片)が落ちていたことで2度目のコーション、
このコーションでのピットで武藤は4位に浮上、
カナーンが3位に上がり、佐藤も10位まで上がってきました。

129周目に再スタートされると、トップ4は順位変わらず、
佐藤が6位に浮上し、日本人勢に期待がかかってきました。

大きな順位の変動はなくレースが進み、
最後のルーティンピットもグリーンフラッグで行われると、
179周目に3度目のコーション、ハワードがクラッシュを喫しました。

Indy201005e

この時点での順位がディクソン、カストロネベス、
フランキッティ、カナーン、武藤、佐藤の順。

日本人ファンにとってこの上ない順位で残り15周のレースになりましたが、
186周目のグリーンフラッグで佐藤と武藤が接触!

Indy201005f

周回遅れのシルベストロが武藤に接近し、
回避しようとした武藤が少し後ろのアウト側にいた佐藤に接触、
大チャンスのレースで2人がリタイアしてしまいました。
(ちなみに、この後すぐにデュノーがまたバカにするツイート、
その後も批判していて、大嫌いなドライバーになりました)

Indy201005g

レースは194周目にグリーンフラッグが振られると、
ディクソンは2位との差をどんどん広げて優勝!
2位は197周目にカストロネベスを抜いたフランキッティが入りました。

Indy201005h

<決勝>
1   9   S.ディクソン           200  1:50:43.1410
2   10  D.フランキッティ       200  +     3.0528
3   11  T.カナーン             200  +     3.2210
4   3   H.カストロネベス       200  +     3.8300
5   37  R.ハンターレイ         200  +     6.1133
6   6   R.ブリスコー           200  +     6.7951
7   32  M.モラエス             199  +      1 Lap
8   77  A.タグリアーニ         199  +     0.2656
9   43  J.アンドレッティ       199  +     0.6824
10  14  V.メイラ               199  +     0.9168
11  7   D.パトリック           198  +     2 Laps
12  12  W.パワー               198  +     1.0215
13  26  M.アンドレッティ       198  +     1.2427
14  24  M.コンウェイ           198  +     2.7330
15  4   D.ウェルドン           198  +     2.9560
16  2   R.マトス               198  +     4.8065
17  67  S.フィッシャー         198  +     4.9538
18  22  J.ウィルソン           197  +     3 Laps
19  19  A.ロイド(R)            197  +     1.8670
20  36  B.バゲット(R)          197  +     2.8457
21  78  S.デ・シルベストロ(R)  197  +     3.6813
22  34  M.ロマンチーニ(R)      196  +     4 Laps
23  06  武藤英紀               186       Contact
24  5   佐藤琢磨(R)            186       Contact
21  66  J.ハワード(R)          172       Contact
26  18  M.デュノー              84       Contact
27  8   EJ.ヴィソ               71       Contact

ドライバーズポイントはパワーがトップをキープ、
ディクソンが6位から2位に浮上しました。

Indy201005i

<ドライバーズポイント>
1   -  190P  ウィル・パワー
2   △  164P  スコット・ディクソン
3   ▼  162P  エリオ・カストロネベス
4   ▼  159P  ライアン・ハンターレイ
5   -  152P  ダリオ・フランキッティ
6   ▼  137P  ジャスティン・ウィルソン
7   -  132P  ライアン・ブリスコー
8   -  129P  トニー・カナーン
9   △  101P  ヴィットール・メイラ
10  ▼  98P   ラファエル・マトス
11  ▼  98P   ダン・ウェルドン
12  △  96P   アレックス・タグリアーニ
13  ▼  95P   マルコ・アンドレッティ
14  △  95P   マリオ・モラエス
15  ▼  94P   マイク・コンウェイ
16  -  86P   ダニカ・パトリック
17  △  72P   武藤英紀
18  ▼  70P   EJ.ヴィソ
19  -  66P   マリオ・ロマンチーニ(R)
20  -  65P   シモーナ・デ・シルベストロ(R)
21  -  60P   アレックス・ロイド(R)
22  △  58P   佐藤琢磨(R)
23  -  56P   ミルカ・デュノー
24  ▼  47P   グラハム・レイホール
25  -  36P   バートランド・バゲット(R)
26  △  22P   ジョン・アンドレッティ
27  ▼  17P   アナ・ベアトリス(R)
28  △  13P   サラ・フィッシャー
29  △  10P   ジェイ・ハワード(R)

第6戦は伝統のインディ500、フリー走行は今月中旬から始まり、
決勝は5月30日(日本時間31日)に行われます。

« 日刊サーキット通信 #133 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記001 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #133 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記001 »