2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #166 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記026 »

オリジナルコース23

久しぶりのオリジナルコース、今回は新作です~

制作途中のデザインもありますが時間がかかるので、
今回は短時間で作ってみることにしました^^

細部まで詰めていくと1ヶ月以上かかるんですけど、
それをレイアウトに3日、画像作成に3日くらいが目安でした。

今回は手描きではなく、最初からPCでの制作。

以前"オリジナルコースの描き方"などでも書いたと思いますけど、
描き始めにはいくつか方法があります。
今回は現代的で、バーレーンやカタール、
あるいはカタルニアやエストリルなどのような、
長めのホームストレートがあって、インフィールドのある形、
単純に描くなら"凹"のようなレイアウトを思い浮かべました。

まずは大雑把な、ぐちゃぐちゃな線からイメージを膨らまして
デザインにしていく方法で描き始めます。

その最初のデザインがコチラ~

Ocircuit20100530a

このデザインで考えたのが左側。
5コーナーまでは、これで決定しました^^
その他を修正していきます。

Ocircuit20100530b

最初の修正、線を整えてレイアウトを少し変えました。
が、これが全く気に入らなくて、変更したのが次の画像。

Ocircuit20100530c

このあたりで、今回のレイアウトが決定しつつあります。
さらに内側とその周辺を修正します。

Ocircuit20100530d

修正した部分は少しバーレーンような形になりました^^;
しかしコーナーのタイプは全く違います。

これをさらに丁寧に描いたのが下のレイアウト。

Ocircuit20100530e

重ねてみないと変化が分かりにくいと思いますが、
コーナーなどの微調整です^^

ただここに来て、インフィールドに不満を感じたので、
試しに異なるデザインも描いてみました^^

Ocircuit20100530f

しかし、完全に失敗(汗)
やはり元に戻し、さらに何度も修正した結果、
下のレイアウトが最終案になりました~

Ocircuit20100530small

カラー版(クリックすると拡大します)

Ocircuit20100530full

全長は5,128m(ショートは3,164m)で時計回り、右12、左7コーナー、
ホームストレートは18コーナーから1コーナーまで1,120m、
幅員13.5~15mといったところでしょうか。
当然F1開催可能レベル(グレード1)です^^

白いオブジェクトはピットとスタンド(芝の観客席は描いていません)、
舗道やコース外の道路、タイヤウォールなどは描いていません。

実は今回のレイアウト、実際のコースではバーレーンや、
カタルニア、エストリル、に一部似ていますが、
それ以上に似ているのが以前私が描いた、
"オリジナルコース5"のレイアウトなんです^^;

1~3コーナーや中盤にS字があるところ、
後半の左、右、右、右、最終コーナーという流れなど、
重なる部分は結構多いんですよね(汗)

時間をかけないと過去と似たレイアウトになってしまうということです^^;

各コーナーを説明していくと・・・

1、2コーナーと連続し、高速の3コーナーは全開、
4コーナーが1コーナーに続くオーバーテイクポイントです。

低速S字から、このコース唯一の形の悪い5コーナー。
当初ビシッとしたデザインでしたが、あえてこのようにしました^^
7コーナーは大きめなヘアピンで、インフィールドへと向かいます。

高速8コーナーを過ぎ、中・低速S字へ。
ここはニュルブルクリンクの5、6コーナー(?)に似ていて、
1つ目と2つ目では入り口と出口でRが異なり、
脱出速度重視で走るので、1つ目でミスをすると大きなロスになるでしょう。
ミスがあれば11コーナーのヘアピンまでの直線で順位が入れ替わります。

12コーナーの高速右コーナーはエストリル5コーナー風、
といっても、F1ではコーナーと呼べないカーブです^^;

13コーナーはイン側の縁石に乗ることはないでしょう。
14コーナーのことを考え、難しいラインになりそうです。

15コーナーは中速の右コーナーで脱出速度重視、
16コーナーを全開、さらに17コーナーもF1では全開です。

最後のオーバーテイクポイントの18コーナーを過ぎ、
緩やかな19コーナーを曲がればコントロールラインに戻ってきます。

起伏もカラー画像の左下に載せてありますが、比較的穏やかな勾配です。
6コーナー付近が最も低く、16コーナー付近が最も高くなっています。

今回ランオフエリアは、トルコや上海のような、現代的な方法にしましたが、
出来る限りアスファルトのランオフエリアは減らしています。

特に1コーナーと最終区間は実験的なデザインにしました^^

一般的には4コーナーのような形になるので、
1コーナーなら2コーナーまでをカバーするような台形になります。
しかし、そうするとオーバーランをした時の復帰が容易になり、
コースオフに対する影響(マシンダメージやタイムロスなど)が無くなってしまいます。

安全面ではそのほうが良いのですが、富士なんかでもそうですけど、
思いっきりコースオフして、何事もなかったかのように戻るのは
チョットおかしいことだと思いますからね。
それを防ぐため、最小限のアスファルトのランオフエリアの形にしてみました^^

多分、今後このランオフエリアのことを記事にすると思います~


長くなりましたが、今回のレイアウトは短時間で仕上げた割には
かなり満足のいく内容になりました^^

« 日刊サーキット通信 #166 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記026 »

サーキット・オリジナル」カテゴリの記事

コメント

描き方は私もこんな感じです。気になる部分を修正し、あんな風になってく訳です。(おぃ)

しかしいつも思うのですが、最後にキッチリ仕上げてくるのが凄いですね~。
カラー版の図が最高です。私には描けません。
というのも、多少のランオフエリアは考えてますが、観客席の配置や駐車場のセッティングまでは、普段から考えてないからです。
ストリートコースも以下同文。(笑)

今回のランオフエリアは現代風ともまた違いますが、文章では、「ミスしたのなら、それなりのタイムペナルティがあるべきだろ」という読み取り方ができました。
その一方で、二輪レースに配慮した形というのもあるかもしれません。

インフィールドは、個人的にマニクールやニュルの印象を受けました。全くコーナーの形は違うんですけど…。

どうもです~
今回は短時間にレイアウトを決定しましたが、細かいポイントとして、
右・左コーナーでコンビネーションや高速コーナーを入れたり、
1ミスで1つのセクターのタイムに響くようなコーナーなど、
記事には書き足りないことだらけで、かなりこだわっています☆

描き始めはコースのラインしか考えないのがほとんどですけど、
たまに観客席から構想する場合もあります^^
(オリジナルコース19なんかはまさにそうです)

ランオフエリアについては今週記事にすると思いますが、
今回はミサノや上海を中心に、10以上のコースを参考にしています。
あと、言わんとしたことはまさにそうですよ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #166 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記026 »