2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #181 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記041 »

IndyCar 2010 Rd.8 Iowa

インディ第8戦はアイオワ・スピードウェイで行われました。

Indy201008

0.894マイルのショートオーバルのアイオア・スピードウェイ。

予選はパワーがポールを獲得、ディクソンが2番手で、
前戦ポイントリーダーに立ったフランキッティは5番手。

佐藤はオーバルでは初のシングルグリッド、
4列目7番グリッドに入りました!

武藤はセッティングが決まらないようで12列目からのスタートになります。

<予選>
1   12  W.パワー               1:10.9925
2   9   S.ディクソン           1:10.9945
3   26  M.アンドレッティ       1:11.1230
4   3   H.カストロネベス       1:11.1706
5   10  D.フランキッティ       1:11.1805
6   77  A.タグリアーニ         1:11.1835
7   5   佐藤琢磨(R)            1:11.2541
8   6   R.ブリスコー           1:11.2541
9   7   D.パトリック           1:11.4863
10  4   D.ウェルドン           1:11.5591
11  22  J.ウィルソン           1:11.5696
12  37  R.ハンターレイ         1:11.6531
13  14  V.メイラ               1:11.6733
14  19  A.ロイド(R)            1:11.7727
15  11  T.カナーン             1:11.8758
16  32  M.モラエス             1:11.9300
17  24  G.レイホール           1:12.1972
18  67  S.フィッシャー         1:12.2485
19  8   EJ.ヴィソ              1:12.2867
20  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:12.3565
21  2   R.マトス               1:12.3878
22  36  B.バゲット(R)          1:12.6403
23  34  M.ロマンチーニ(R)      1:12.9647
24  06  武藤英紀               1:14.2129
25  18  M.デュノー               No Time

決勝は1周目からウィルソンとモラエスの接触から始まりました。

12周目にグリーン振られてレーススタートすると、
佐藤は19周目に6位、36周目には5位に浮上しました。

トップ争いはパワー、ディクソン、アンドレッティ、
フランキッティで激しい争いが続きました。

52周目、フロントストレートにデブリが落ちていたことで2度目のコーション、
唯一ピットストップしなかったレイホールがトップに立ちましたが、
62周目にリスタートして4周後から順位を落としていきます。

リードはディクソンに変わり、すぐフランキッティがトップに立つ2台の争い、
佐藤はピットで順位を落としたものの、すぐに5位に順位をアップ、
さらに上位を目指します。

一方武藤はハンドリング不調でリタイアとなってしまいました。

95周目、サラ・フィッシャーがターン4でクラッシュ、
3度目のコーションになりました。

ここでルーティンが行われましたが、トップ4は順位変わらず、
佐藤はカストロネベスに抜かれて6位に後退しました。

しかし112周目にリスタートされると、佐藤は132周目に5位に上がり、
167周目にはハンターレイを交わして4位、
さらに2周後にディクソンを抜いて3位に上がりました!

この時点でトップはカナーン、2位にフランキッティで、2台の差はほぼ無し、
2位と3位の差は5秒ありましたが、みるみるうちに差が縮まります。

しかし177周目、インラインに寄ってきた周回遅れによって
タービュランスに巻き込まれて一気にアウト側へと引き寄せられて
ウォールにクラッシュ、残念ながらここでリタイアとなってしまいました。

トップ178周目に4度目のコーションになり、最後のルーティンへ。

トップと同一周回は9台になり、トップはフランキッティ、
2位カストロネベス、3位カナーン、4位ヴィソ、5位パワーの順に変わりました。

191周目に4度目のリスタート、ディクソンとカストロネベスが
激しい争いをしましたが、200周目にカナーンが2位に上がり、
240周目にトップに立つと、2位以下を引き離していき
2位に4秒の差を付けて今季初優勝を飾りました!

2位にカストロネベス、3位に予選19番手のヴィソ、
(ヴィソは佐藤のチームメイトなので応援しているから嬉しいです☆)
4位にブリスコーで、パワーは5位でした。

<決勝>
1   11  T.カナーン             250  1:42:12.4036
2   3   H.カストロネベス       250  +     4.2030
3   8   EJ.ヴィソ              250  +     5.2538
4   6   R.ブリスコー           250  +     9.0536
5   12  W.パワー               250  +     9.5902
6   9   S.ディクソン           250  +    15.2683
7   14  V.メイラ               250  +    16.8703
8   37  R.ハンターレイ         249  +      1 Lap
9   24  G.レイホール           249  +      1 Lap
10  7   D.パトリック           249  +      1 Lap
11  4   D.ウェルドン           249  +      1 Lap
12  77  A.タグリアーニ         248  +     2 Laps
13  19  A.ロイド(R)            248  +     2 Laps
14  2   R.マトス               247  +     3 Laps
15  26  M.アンドレッティ       244  +     6 Laps
16  34  M.ロマンチーニ(R)      244  +     6 Laps
17  36  B.バゲット(R)          237  +    13 Laps
18  10  D.フランキッティ       212  +    38 Laps
19  5   佐藤琢磨(R)            177       Contact
20  06  武藤英紀               131      Handling
21  78  S.デ・シルベストロ(R)  128      Handling
22  67  S.フィッシャー          92       Contact
23  18  M.デュノー              31      Handling
24  22  J.ウィルソン             0       Contact
25  32  M.モラエス               0       Contact

ドライバーズポイントはパワーが再びリードしました。
ディクソンが2位に上がり、フランキッティは3位に後退です。

<ドライバーズポイント>
1   △  274P  ウィル・パワー
2   △  263P  スコット・ディクソン
3   ▼  260P  ダリオ・フランキッティ
4   -  251P  エリオ・カストロネベス
5   -  240P  ライアン・ブリスコー
6   △  229P  トニー・カナーン
7   ▼  225P  ライアン・ハンターレイ
8   ▼  191P  ジャスティン・ウィルソン
9   -  184P  マルコ・アンドレッティ
10  -  183P  ダン・ウェルドン
11  -  178P  ダニカ・パトリック
12  △  160P  ヴィットール・メイラ
13  ▼  156P  アレックス・タグリアーニ
14  -  142P  ラファエル・マトス
15  △  138P  EJ.ヴィソ
16  -  136P  アレックス・ロイド(R)
17  ▼  131P  マリオ・モラエス
18  -  118P  武藤英紀
19  △  113P  マリオ・ロマンチーニ(R)
20  ▼  110P  マイク・コンウェイ
21  -  109P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
22  -  95P   佐藤琢磨(R)
23  -  95P   グラハム・レイホール
24  -  80P   ミルカ・デュノー
25  -  77P   バートランド・バゲット(R)
26  -  53P   サラ・フィッシャー
27  -  36P   トーマス・シェクター(R)
28  -  35P   ジョン・アンドレッティ
29  -  33P   アナ・ベアトリス(R)
30  -  20P   ジェイ・ハワード(R)
31  -  20P   エド・カーペンター
32  -  18P   タウンセンド・ベル
33  -  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
34  -  14P   デイビー・ハミルトン(R)
35  -  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

第9戦はワトキンス・グレンで、7月2~4日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #181 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記041 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #181 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記041 »