2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #167 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記027 »

IndyCar 2010 Rd.7 Texas

インディ第7戦はテキサスでのトワイライト~ナイトレースです。

Indy201007a

第7戦は土曜日が決勝なので、予選は金曜日です。

予選はブリスコーがポールを獲得、
インディ500で優勝したフランキッティが2番手、
ポイントリーダーのパワーが3番手タイムでした。

武藤は4列目、佐藤は6列目からスタートします。

<予選>
1   6   R.ブリスコー           1:37.3275
2   10  D.フランキッティ       1:37.3332
3   12  W.パワー               1:37.3797
4   9   S.ディクソン           1:37.3822
5   3   H.カストロネベス       1:37.7187
6   19  A.ロイド(R)            1:37.7204
7   06  武藤英紀               1:37.7332
8   7   D.パトリック           1:37.8619
9   32  M.モラエス             1:37.9982
10  26  M.アンドレッティ       1:38.0052
11  5   佐藤琢磨(R)            1:38.0476
12  22  J.ウィルソン           1:38.0889
13  11  T.カナーン             1:38.2068
14  8   EJ.ヴィソ              1:38.2112
15  4   D.ウェルドン           1:38.2204
16  67  S.フィッシャー         1:38.2479
17  18  M.デュノー             1:38.2638
18  24  M.コンウェイ           1:38.4104
19  14  V.メイラ               1:38.4563
20  77  A.タグリアーニ         1:38.5858
21  66  J.ハワード(R)          1:38.6217
22  36  B.バゲット(R)          1:38.6676
23  2   R.マトス               1:38.6781
24  37  R.ハンターレイ         1:38.6916
25  34  M.ロマンチーニ(R)      1:38.7829
26  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:39.1627

決勝、序盤はブリスコー、フランキッティ、パワーの争いになりました。

46周目にターン2でデブリがあったために最初のコーション、
47周目に一斉に1回目のルーティン・ピットを済ませると、
トップに立ったのはフランキッティで、ブリスコーは5位に後退しました。

52周目にリスタート、しかし57周目に佐藤が単独クラッシュ!

Indy201007b

どうやらマシンの底が路面に触れてマシンが壊れたようで、
挙動を失い、クラッシュしたようです。

Indy201007c

66周目にリスタート、フランキッティがリードしてレースが進み、
パワー、ブリスコーが続きますが、
予選8番手のダニカ・パトリックが順位を上げてきて4位に浮上、
83周目にはディクソンが前に出て5位に下がりますが、
今回好調さを感じる走りを見せています。

99周目、シルベストロがターン2でクラッシュ、
炎が上がり、救助が少しもたついたため、
ヒヤッとする事態となりましたが、少しやけどした程度で済んだそうです。

このコーションで2度目のルーティンピット、
しかし、パワーはピットでミスして、再びピットに入ったため
18位まで順位を落としてしまいました。

112周目にグリーンフラッグが振られてリスタート、
トップ争いはフランキッティ、ブリスコー、
ディクソン、パトリックの順で、変化せず。

130周目、サイド・バイ・サイドの争いをしていた
モラエスとカストロネベスが接触、
モラエスがアウト側にカストロネベスのラインを残せず、
ウォールにヒット、さらに後続のバゲットを巻き込んで
3台がリタイアしました。

このコーションでタグリアーニとパワーがルーティンを行わず、
タグリアーニがリードを奪います。

138周目にリスタート、ここからはレースが順調に進み、
イエロー・コーションが一向に起きません。

タグリアーニとパワーは166周目、170周目にピットイン、
これでブリスコーが再びトップに立ちました。
フランキッティはリスタートからペースが上がらなくなり、
徐々に順位を下げて戦線離脱、
2位にはディクソンをオーバーテイクしたパトリックが上がりました。

イエローを待つ状況が続きましたが、
燃料が持たずに、188周目からグリーンでの最後のピットイン、
192周目にはパトリックがブリスコーを交わしてトップに立ちました!
しかし193周目に再びブリスコーが抜き返します。

このあともコーションは起きず、ブリスコーのペースに
パトリックが攻めることが出来ずに
ブリスコーがポール・トゥ・ウィン、今シーズン初優勝を決めました!

ダニカ・パトリックは2位、このレースで一番目立っていました^^

3位にアンドレッティ、4位ディクソン、5位フランキッティ、
武藤は12位で完走を果たしています。

<決勝>
1   6   R.ブリスコー           228  2:04:47.1555
2   7   D.パトリック           228  +     1.4629
3   26  M.アンドレッティ       228  +     2.3162
4   9   S.ディクソン           228  +     3.0770
5   10  D.フランキッティ       228  +     7.5882
6   11  T.カナーン             228  +     8.0664
7   37  R.ハンターレイ         228  +    13.9390
8   19  A.ロイド(R)            228  +    14.3084
9   4   D.ウェルドン           228  +    15.0859
10  14  V.メイラ               228  +    15.8250
11  8   EJ.ヴィソ              228  +    18.8687
12  06  武藤英紀               228  +    23.0449
13  24  M.コンウェイ           227  +      1 Lap
14  12  W.パワー               227  +      1 Lap
15  67  S.フィッシャー         227  +      1 Lap
16  2   R.マトス               226  +     2 Laps
17  34  M.ロマンチーニ(R)      226  +     2 Laps
18  77  A.タグリアーニ         225  +     3 Laps
19  22  J.ウィルソン           225  +     3 Laps
20  3   H.カストロネベス       129       Contact
21  32  M.モラエス             129       Contact
22  36  B.バゲット(R)          129       Contact
23  18  M.デュノー             116    Mechanical
24  78  S.デ・シルベストロ(R)   97       Contact
25  5   佐藤琢磨(R)             56       Contact
26  66  J.ハワード(R)           37    Mechanical

ドライバーズポイントはフランキッティがトップに立ちました。
パワーは今シーズン初めて1位陥落です。

<ドライバーズポイント>
1   △  249P  ダリオ・フランキッティ
2   ▼  243P  ウィル・パワー
3   -  235P  スコット・ディクソン
4   -  211P  エリオ・カストロネベス
5   △  208P  ライアン・ブリスコー
6   ▼  201P  ライアン・ハンターレイ
7   ▼  179P  ジャスティン・ウィルソン
8   -  179P  トニー・カナーン
9   △  169P  マルコ・アンドレッティ
10  ▼  164P  ダン・ウェルドン
11  △  158P  ダニカ・パトリック
12  ▼  138P  アレックス・タグリアーニ
13  -  134P  ヴィットール・メイラ
14  -  126P  ラファエル・マトス
15  △  121P  マリオ・モラエス
16  △  119P  アレックス・ロイド(R)
17  ▼  110P  マイク・コンウェイ
18  -  106P  武藤英紀
19  △  103P  EJ.ヴィソ
20  ▼  99P   マリオ・ロマンチーニ(R)
21  ▼  97P   シモーナ・デ・シルベストロ(R)
22  -  83P   佐藤琢磨(R)
23  -  73P   グラハム・レイホール
24  -  68P   ミルカ・デュノー
25  -  64P   バートランド・バゲット(R)
26  △  41P   サラ・フィッシャー
27  △  36P   トーマス・シェクター(R)
28  ▼  35P   ジョン・アンドレッティ
29  ▼  33P   アナ・ベアトリス(R)
30  △  20P   ジェイ・ハワード(R)
31  ▼  20P   エド・カーペンター
32  ▼  18P   タウンセンド・ベル
33  ▼  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
34  ▼  14P   デイビー・ハミルトン(R)
35  ▼  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

第8戦はアイオワ・スピードウェイで、6月19~20日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #167 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記027 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #167 | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2日記027 »