2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #195 | トップページ | 日刊サーキット通信 #196 »

モトGP 2010 Rd.7 カタルニアGP

モトGP第7戦はカタルニアGPです。

今回のレースもロッシと青山は欠場、
青山の代役は前戦に続いて秋吉耕佑が乗りますが、
次戦はデ・アンジェリスが乗ることになりそうです。

ロッシの代役にはヤマハの開発ライダーの吉川和多留が参戦、
2002年以来の2度目の参戦とのことです^^

予選はロレンソがポールを獲得、
ストーナー、ド・プニエと続きました。
秋吉は16番手、吉川は17番手と、最後尾からのスタートです。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:42.046
2   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:42.410
3   14  R.ド・プニエ        ホンダ      1:42.512
4   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:42.592
5   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:42.710
6   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:42.866
7   65  L.カピロッシ        スズキ      1:42.903
8   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:42.994
9   19  A.バウティスタ      スズキ      1:43.025
10  5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:43.059
11  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:43.068
12  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  1:43.380
13  40  H.バルベラ          ドゥカティ  1:43.417
14  33  M.メランドリ        ホンダ      1:43.621
15  36  M.カリオ            ドゥカティ  1:43.685
16  64  秋吉耕佑            ホンダ      1:45.577
17  8   吉川和多留          ヤマハ      1:45.759

決勝、スタートはペドロサが好発進をしましたが、
1コーナーをミスしてしまい、ロレンソがリードを取り戻します。
ロレンソの後ろにドビツィオーソが続きますが、
レース中盤にドビツィオーソが転倒、最下位に落ちてしまいました。

2位が転倒したことでロレンソに迫るライダーがいなくなり、
終始安定していたロレンソがポール・トゥ・ウィン!
なんと4戦連続のポール・トゥ・ウィンでした!!

激しい2位争いをしていた2位争いはペドロサが制し、
3位にストーナーが入りました。
秋吉は13位、吉川は15位で完走を果たしています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ      25  43:22.805
2   26  D.ペドロサ          ホンダ      25  +   4.754
3   27  C.ストーナー        ドゥカティ  25  +   4.956
4   14  R.ド・プニエ        ホンダ      25  +  18.057
5   19  A.バウティスタ      スズキ      25  +  21.361
6   11  B.スピーズ          ヤマハ      25  +  21.503
7   65  L.カピロッシ        スズキ      25  +  24.181
8   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  25  +  27.941
9   33  M.メランドリ        ホンダ      25  +  28.046
10  40  H.バルベラ          ドゥカティ  25  +  32.439
11  5   C.エドワーズ        ヤマハ      25  +  38.406
12  36  M.カリオ            ドゥカティ  25  +  58.257
13  64  秋吉耕佑            ホンダ      25  +1:09.348
14  4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      25  +1:32.402
15  8   吉川和多留          ヤマハ      25  +1:35.237
    58  M.シモンチェリ      ホンダ      13  + 12 Laps
    41  A.エスパルガロ      ドゥカティ   5  + 20 Laps

ライダーズポイントはロレンソがトップをひた走ります。
2戦連続2位のペドロサとは52ポイント差に拡がりました。

<ライダーズポイント>
1   -  165P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  113P   ダニ・ペドロサ
3   -  91P    アンドレア・ドビツィオーソ
4   △  69P    ニッキー・ヘイデン
5   △  69P    ランディ・ド・プニエ
6   △  67P    ケーシー・ストーナー
7   ▼  61P    バレンティーノ・ロッシ
8   -  59P    ベン・スピーズ
9   △  39P    マルコ・メランドリ
10  ▼  39P R  マルコ・シモンチェリ
11  ▼  39P    コーリン・エドワーズ
12  △  34P R  ヘクトル・バルベラ
13  ▼  28P    アレックス・エスパルガロ
14  △  25P R  アルヴァロ・バウティスタ
15  △  25P    ロリス・カピロッシ
16  ▼  24P    ミカ・カリオ
17  ▼  18P R  青山博一
18  -  4P     秋吉耕佑
19  △  1P     吉川和多留

コンストラクターズは順位に変動ありません。
スズキは今シーズン初めて二桁の11ポイントを獲得しました。

<コンストラクターズポイント>
1   -  170P  ヤマハ
2   -  137P  ホンダ
3   -  97P   ドゥカティ
4   -  37P   スズキ

チームポイントも順位に変動はありませんでした。
フィアット・ヤマハとレプソル・ホンダは
第5戦で25-28、第6戦25-31、第7戦26-22と、良い勝負をしています。

<チームポイント>
1   -  227P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  204P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  136P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  98P   MONSTER YAMAHA TECH
5   -  78P   SAN CARLO HONDA GRESINI
6   -  69P   LCR HONDA MOTOGP
7   -  52P   PRAMAC RACING TEAM
8   -  50P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
9   -  34P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  22P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2はイアンノーレが2戦連続ポールを獲得、
2番手に高橋裕紀、富沢祥也は7番手、
ポイントリーダーのエリアスは4番手からスタートとなりました。
またマティア・パッシーニが解雇され、
代役に昨年の全日本ST600クラスのチャンピオン、手島雄介が乗ります。
その手島の予選は36番手タイムでした。

レースはスタート直後に多重クラッシュが発生、
富沢祥也を含む9人がクラッシュし、ほとんどがリタイアとなりました。
1周目にルティがホールショットを奪いましたが、
2周目にイアンノーレが抜いてトップに立ちます。
しかしそのイアンノーレは黄旗無視のライドスルー・ペナルティを受けます。

高橋は5位まで落ちましたが、すぐに順位を上げていくき、
6周目に2位に上がると15周目にイアンノーレのペナルティによって
トップに立ち、ここからは独走状態になって今季初優勝を挙げました!

ファイナルラップでは6位争いをしていたコルシとモラレスが
チェッカーフラッグ直前で接触しモラエスが激しいクラッシュ、
命を落としかねない危険なクラッシュでしたが、無事だったようです。

なお手島は15位で初めてのモト2を完走しています。

125ccではマルケスが今回もポール・トゥ・ウィンを決めて、
ロッシが持っていた最年少記録を更新する4連勝を達成!
選手権争いでもトップに立ちました。
小山知良は6位でフィニッシュ、総合8位に付けています。

次戦ドイツGPは、7月16~18日に開催されます。

« 日刊サーキット通信 #195 | トップページ | 日刊サーキット通信 #196 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #195 | トップページ | 日刊サーキット通信 #196 »