2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #209 | トップページ | 日刊サーキット通信 #210 »

モトGP 2010 Rd.8 ドイツGP

モトGP第8戦ドイツGPはザクセンリンクで行われました。

先日ロッシがミサノでR1に乗って走行し、
怪我からだいぶ回復したことで、今回復帰が決定しました!
青山の代走には、デ・アンジェリスが走ります。

ロッシ復帰戦の予選は5番手、ポールはロレンソでした。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:21.817
2   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:21.841
3   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:21.948
4   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:22.263
5   45  V.ロッシ            ヤマハ      1:22.395
6   40  H.バルベラ          ドゥカティ  1:22.454
7   14  R.ド・プニエ        ホンダ      1:22.610
8   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:22.624
9   41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  1:22.910
10  33  M.メランドリ        ホンダ      1:22.917
11  36  M.カリオ            ドゥカティ  1:22.961
12  5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:23.026
13  11  B.スピーズ          ヤマハ      1:23.028
14  65  L.カピロッシ        スズキ      1:23.040
15  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:23.090
16  19  A.バウティスタ      スズキ      1:23.193
17  15  A.デ・アンジェリス  ホンダ      1:23.515

決勝は、ペドロサがホールショットを奪いました。
しかし、すぐさまロレンソが首位に立ちました。

ロッシは1周目に7位まで順位を下げましたが、
3周目には5位に上がり、ドビツィオーソを追いかけます。

10周目、4コーナーでアクシデントが発生!
ド・プニエがロレンソのオイル漏れによって転倒、
争っていたエスパルガロとバウティスタも倒れて、
レッドフラッグが振られました。

このクラッシュでド・プニエが左足を骨折、
99年のデビューから続く連続参戦記録191戦(第3位)も次戦で止まります。

<決勝 パート1>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ       9  12:27.482
2   26  D.ペドロサ          ホンダ       9  +   0.335
3   27  C.ストーナー        ドゥカティ   9  +   1.239
4   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ       9  +   2.678
5   45  V.ロッシ            ヤマハ       9  +   2.960
6   69  N.ヘイデン          ドゥカティ   9  +   7.242
7   58  M.シモンチェリ      ホンダ       9  +   7.434
8   40  H.バルベラ          ドゥカティ   9  +   9.760
9   14  R.ド・プニエ        ホンダ       9  +  10.075
10  33  M.メランドリ        ホンダ       9  +  11.052
11  65  L.カピロッシ        スズキ       9  +  11.470
12  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ   9  +  11.772
13  36  M.カリオ            ドゥカティ   9  +  11.944
14  11  B.スピーズ          ヤマハ       9  +  12.172
15  19  A.バウティスタ      スズキ       9  +  12.740
16  15  A.デ・アンジェリス  ホンダ       9  +  19.384
    5   C.エドワーズ        ヤマハ       7  +  2 Laps

決勝パート1から26分ほどしてパート2がスタート。

パート2では1周目をペドロサが制しますが、
2周目にはロレンソがトップを奪い返します。

しかし10周目にペドロサがロレンソの前に出ると
少しずつ差が付いていき、ペドロサが今季2勝目を飾りました!

2位にロレンソ、3位争いはストーナーとロッシの激しい争いになり、
毎周順位の変わる展開になりましたが、
ラストコーナーでロッシがミスをしてストーナーが逆転、
ストーナーが3位でフィニッシュし、4位にロッシの順となりました。

<決勝 パート2>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   26  D.ペドロサ          ホンダ      21  28:50.476
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      21  +   3.355
3   27  C.ストーナー        ドゥカティ  21  +   5.257
4   45  V.ロッシ            ヤマハ      21  +   5.623
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      21  +  17.158
6   58  M.シモンチェリ      ホンダ      21  +  17.757
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  21  +  17.935
8   11  B.スピーズ          ヤマハ      21  +  20.957
9   40  H.バルベラ          ドゥカティ  21  +  22.000
10  33  M.メランドリ        ホンダ      21  +  35.217
11  65  L.カピロッシ        スズキ      21  +  45.042
12  15  A.デ・アンジェリス  ホンダ      21  +  45.204
    36  M.カリオ            ドゥカティ   0  + 21 Laps

ライダーズポイントはロレンソがトップのまま。
ロッシが1つ順位を回復させています。

<ライダーズポイント>
1   -  185P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  138P   ダニ・ペドロサ
3   -  102P   アンドレア・ドビツィオーソ
4   △  83P    ケーシー・ストーナー
5   ▼  78P    ニッキー・ヘイデン
6   △  74P    バレンティーノ・ロッシ
7   ▼  69P    ランディ・ド・プニエ
8   -  67P    ベン・スピーズ
9   △  49P R  マルコ・シモンチェリ
10  ▼  45P    マルコ・メランドリ
11  △  41P R  ヘクトル・バルベラ
12  ▼  39P    コーリン・エドワーズ
13  △  30P    ロリス・カピロッシ
14  ▼  28P    アレックス・エスパルガロ
15  ▼  25P R  アルヴァロ・バウティスタ
16  -  24P    ミカ・カリオ
17  -  18P R  青山博一
18  △  4P     アレックス・デ・アンジェリス
19  ▼  4P     秋吉耕佑
20  ▼  1P     吉川和多留

コンストラクターズは順位に変動ありません。
ホンダの優勝で若干差が縮まっています。

<コンストラクターズポイント>
1   -  190P  ヤマハ
2   -  162P  ホンダ
3   -  113P  ドゥカティ
4   -  42P   スズキ

チームポイントはフィアット・ヤマハがトップをキープ。
レプソル・ホンダは3ポイント差を縮めています。

<チームポイント>
1   -  260P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  240P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  161P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  106P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  94P   SAN CARLO HONDA GRESINI
6   -  69P   LCR HONDA MOTOGP
7   △  55P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
8   ▼  52P   PRAMAC RACING TEAM
9   -  41P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  26P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2はイアンノーレが3戦連続ポールと、好調を維持しています。
エリアスが3番手でフロントローを獲得、
富沢祥也は8番手、高橋裕紀は13番手、
手島雄介は30番グリッドからスタートします。

決勝、タルマクシがよいスタートを切りましたが、
すぐにイアンノーレがトップに立ちます。
エリアスは11位へと大きく順位を落としてしまいました。

しかしエリアスは毎周のようにオーバーテイクをくり返し、
18周目にタルマクシを抜いて2位へ上がると、
24周目にはイアンノーレを抜いてトップに躍り出ました。

残り5周も少しずつ2位との差を広げていき、今季3度目の優勝!
2位にイアンノーレ、3位にはロルフォが入りました。

富沢は18位、手島は19位、高橋はリタイアに終わっています。


125ccではマルケスが今回もポール・トゥ・ウィン!
なんとこれで5連勝を達成しました!
小山知良は予選7番手から2位表彰台を獲得し、
選手権争いでも総合5位に浮上しました。


次戦アメリカGPは今週開催されます。

« 日刊サーキット通信 #209 | トップページ | 日刊サーキット通信 #210 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #209 | トップページ | 日刊サーキット通信 #210 »