2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #210 | トップページ | 日刊サーキット通信 #211 »

IndyCar 2010 Rd.10 Toronto

インディ第10戦はトロント市街地コースで行われました。

Indy201010a

カナダ2連戦の1戦目はトロントの市街地コースです。

Indy201010g

予選はウィルソンがポールを獲得し、
ロードコースが速いパワーのポールを防ぎました。

佐藤はアタック中にトラブルでマシンが止まってしまい、
マーシャルの力を借りたことでベスト2ラップが抹消。
グループ1を9番手で終えることになりました。

武藤も苦戦したようで11列目に沈んでいます。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   22  J.ウィルソン           1:00.2710
2   12  W.パワー               1:00.4563
3   3   H.カストロネベス       1:00.8159
4   37  R.ハンターレイ         1:00.8397
5   10  D.フランキッティ       1:00.9477
6   9   S.ディクソン           1:00.9541
------ Round 2  -----------------------------
7   6   R.ブリスコー           1:00.9141
8   11  T.カナーン             1:00.9212
9   77  A.タグリアーニ         1:00.9996
10  26  M.アンドレッティ       1:01.2297
11  2   R.マトス               1:01.2820
12  7   D.パトリック           1:01.4580
------ Round 1 -----------------------------
13  8   EJ.ヴィソ              1:01.4087 Group 1
14  02  G.レイホール           1:01.7024 Group 2
15  4   D.ウェルドン           1:01.6926 Group 1
16  36  B.バゲット(R)          1:01.8072 Group 2
17  34  M.ロマンチーニ(R)      1:01.9575 Group 1
18  5   佐藤琢磨(R)            1:01.8130 Group 2
19  24  T.シェクター           1.02.0426 Group 1
20  32  M.モラエス             1:02.0953 Group 2
21  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:02.0547 Group 1
22  06  武藤英紀               1:02.1453 Group 2
23  19  A.ロイド(R)            1:02.6142 Group 1
24  15  P.トレーシー           1:02.5387 Group 2
25  18  M.デュノー               No Time Group 1
26  14  V.メイラ               1:03.0741 Group 2

決勝は混乱無くスタートし、ウィルソンがトップをキープ、
カストロネベス、フランキッティと続き、パワーは6位のまま、
佐藤は20位に下がってしまいました。

16周目、イン側にいたモラエスが、アウト側にいた佐藤に近寄り接触、
モラエスは走り続けることが出来ましたが、
佐藤はダメージを負ってリタイアとなりました。

Indy201010b

このイエローでウェルドンとレイホールを除くマシンがピットイン、
ウェルドンがトップに立ちます。

ここからイエローコーションとグリーン・リスタートがくり返します。

まずは21周目、カストロネベスとメイラがターン3で接触し
カストロネベスがリタイア、

Indy201010c

26周目にロイドがターン1で突っ込みリタイア、
32周目には再びモラエス、ロマンチーニとターン3で接触し、
ロマンチーニがリタイア、モラエスは2度の接触にもかかわらず走り続けますが、
クラッシュの原因を作ったとしてドライブスルーペナルティを受けました。

Indy201010d

35周目にようやくレースが再スタート。

くり返すリスタートでフランキッティがトップに立ち、
パワーが2位に、ウィルソンは3位へと後退しました。

50周を過ぎた辺りから2回目のルーティンが始まり、
ピットでウィルソンが再びトップを奪還、
パワーが2位に下がります。

60周目、ターン3手前でブリスコーがモラエスに接触されてクラッシュ、
幸い区間イエローで、ブリスコーも復帰しましたが、
周回遅れになってしまいました。

65周目、ヴィソとマトスがターン5で接触して再びコーション。
マトスはリタイアし、ヴィソはレースに復帰するものの周回遅れになりました。

71周目にリスタートし72周目、
パワーがターン3でウィルソンをオーバーテイク、
再びレースをリードします。

73周目、シェクターとタグリアーニがターン1で接触、
このレース6回目のコーションになりましたが、
2台はマーシャルによって再び走行を続けます。

残り10周となった76周目にリスタートすると、
パワーはリードを守り続けて、今季4度目となる2連勝!

Indy201010e

2位にフランキッティ、3位ハンターレイ、
ウィルソンは72周目に14位まで転落してしまいましたが、
7位まで回復してフィニッシュ。

武藤は終始苦しいレースとなったのですけど、
クラッシュに巻き込まれず粘りの走りで12位で完走を果たしました。

<決勝>
1   12  W.パワー               85  1:47:15.2554
2   10  D.フランキッティ       85  +     1.2757
3   37  R.ハンターレイ         85  +     1.7605
4   11  T.カナーン             85  +     3.5382
5   02  G.レイホール           85  +     9.7349
6   7   D.パトリック           85  +    11.9439
7   22  J.ウィルソン           85  +    12.3783
8   26  M.アンドレッティ       85  +    16.3360
9   78  S.デ・シルベストロ(R)  85  +    21.5321
10  4   D.ウェルドン           85  +    23.1537
11  14  V.メイラ               85  +    25.8960
12  06  武藤英紀               85  +    26.2878
13  15  P.トレーシー           84  +      1 Lap
14  32  M.モラエス             84  +      1 Lap
15  24  T.シェクター           84  +      1 Lap
16  36  B.バゲット(R)          84  +      1 Lap
17  77  A.タグリアーニ         84  +      1 Lap
18  6   R.ブリスコー           83  +     2 Laps
19  8   EJ.ヴィソ              82  +     3 Laps
20  9   S.ディクソン           71  +    Contact
21  2   R.マトス               64  +    Contact
22  34  M.ロマンチーニ(R)      31  +    Contact
23  19  A.ロイド(R)            26  +    Contact
24  3   H.カストロネベス       21  +    Contact
25  5   佐藤琢磨(R)            15  +    Contact
26  18  M.デュノー              8  +   Handling

ドライバーズポイントは今回もパワーが2位との差を広げました。
佐藤のチームメイトになったトレーシーが29位に上がっています。

Indy201010f

<ドライバーズポイント>
1   -  377P  ウィル・パワー
2   -  335P  ダリオ・フランキッティ
3   -  299P  スコット・ディクソン
4   -  292P  ライアン・ブリスコー
5   △  286P  ライアン・ハンターレイ
6   ▼  285P  エリオ・カストロネベス
7   -  273P  トニー・カナーン
8   -  240P  ジャスティン・ウィルソン
9   -  231P  ダン・ウェルドン
10  -  225P  マルコ・アンドレッティ
11  -  218P  ダニカ・パトリック
12  △  191P  ヴィットール・メイラ
13  ▼  186P  ラファエル・マトス
14  -  182P  アレックス・タグリアーニ
15  -  177P  マリオ・モラエス
16  -  169P  EJ.ヴィソ
17  -  158P  アレックス・ロイド(R)
18  -  154P  武藤英紀
19  △  143P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
20  ▼  137P  マリオ・ロマンチーニ(R)
21  △  125P  グラハム・レイホール
22  -  120P  佐藤琢磨(R)
23  ▼  110P  マイク・コンウェイ
24  △  103P  バートランド・バゲット(R)
25  ▼  102P  ミルカ・デュノー
26  -  53P   サラ・フィッシャー
27  -  51P   トーマス・シェクター(R)
28  -  35P   ジョン・アンドレッティ
29  △  33P   ポール・トレーシー
30  ▼  33P   アナ・ベアトリス(R)
31  ▼  20P   エド・カーペンター
32  ▼  20P   ジェイ・ハワード(R)
33  ▼  18P   タウンセンド・ベル
34  -  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
35  -  14P   アダム・キャロル(R)
36  -  14P   デイビー・ハミルトン(R)
37  -  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

第11戦は今週、エドモントンの空港で行われます。

« 日刊サーキット通信 #210 | トップページ | 日刊サーキット通信 #211 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #210 | トップページ | 日刊サーキット通信 #211 »