2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #217 | トップページ | 日刊サーキット通信 #218 »

IndyCar 2010 Rd.11 Edmonton

インディ第11戦はエドモントンで行われました。

Indy201011a

カナダ2連戦の2戦目はエドモントンの空港を利用したコースです。

予選はパワーがポールを獲得、僅差でカストロネベスが続きました。
ルーキーの女性ドライバー、シルベストロが7番手と好結果、
武藤は6列目から、佐藤は7列目からのスタートになります。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:00.7126
2   3   H.カストロネベス       1:00.7891
3   9   S.ディクソン           1:01.2395
4   10  D.フランキッティ       1:01.2481
5   6   R.ブリスコー           1:01.3799
6   8   EJ.ヴィソ              1:01.6122
------ Round 2  -----------------------------
7   78  S.デ・シルベストロ(R)  1:01.5438
8   37  R.ハンターレイ         1:01.5596
9   22  J.ウィルソン           1:01.5887
10  2   R.マトス               1:01.7015
11  06  武藤英紀               1:02.1935
12  24  T.シェクター           1.02.8751
------ Round 1 -----------------------------
13  5   佐藤琢磨(R)            1:01.9181 Group 1
14  32  M.モラエス             1:02.1324 Group 2
15  15  P.トレーシー           1:02.3264 Group 1
16  26  M.アンドレッティ       1:02.1465 Group 2
17  34  M.ロマンチーニ(R)      1:02.4191 Group 1
18  19  A.ロイド(R)            1:02.2203 Group 2
19  77  A.タグリアーニ         1:02.5240 Group 1
20  36  B.バゲット(R)          1:02.5193 Group 2
21  7   D.パトリック           1:02.5795 Group 1
22  4   D.ウェルドン           1:02.7397 Group 2
23  14  V.メイラ               1:02.7511 Group 1
24  11  T.カナーン               No Time Group 2
25  18  M.デュノー               No Time Group 1

決勝、パワーがトップを守って順調にスタート、
カストロネベス、ディクソンと続いていきます。

佐藤は15位に下がってしまいますが、10周目に13位に上がると、
11周目に武藤を抜いて12位に上がりました。

序盤は各車順調に走り続け、32周目から1回目のルーティンが開始。
トップ2は変わらず、3位いブリスコーが上がりました。

46周目、ロイドがターン5でスピン、
ストールして最初のフル・コース・コーションになりました。

この時点で11位に付けていた佐藤までが同一周回で
もう少ししたら周回遅れになっていたことから
佐藤にとっては良いタイミングのコーションでした^^

コーションは2周ですぐ解除、49周目にリスタートになりましたが、
50周目に今度はヴィソとシルベストロがターン11で接触、
ヴィソはダメージ無く復帰しましたが、後にドライブスルーペナルティに、
シルベストロはタイヤバリアにヒットして停止、
しかしオフィシャルの力を借りて復帰しましたが、
初の上位フィニッシュのチャンスが無くなってしまいました。

53周目に2度目のリスタート、しかしターン1でクラッシュが発生、
今度はタグリアーニとロマンチーニがクラッシュしリタイアになりました。

58周目にリスタートすると62周目に佐藤がピットイン、
直後にイエローが出れば一気にトップに立てるギャンブルに出ました。

65周目、ターン1で武藤がスピン、
ここでフル・コース・コーションが出れば佐藤に大チャンスが訪れましたが、
幸いというか、武藤はすぐに復帰してローカルコーションで済み、
結局74周目までに全車が最後のルーティンを済ませて功を奏せず。

トップ争いは接近戦が続いていて、
78周目、カストロネベスがパワーをターン1の出口で交わし、
このレース初めてルーティン以外でのトップが入れ替わりました。

89周目、シルベストロがスローダウン、
ターン4付近でグラスエリアにストップさせたことで
このレース4度目のフル・コース・コーションになりました。

92周目にグリーンフラッグ、ラスト4周のスプリントレースとなりました。
リスタートでカストロネベスはブロックして首位をキープ、
93周目、ディクソンがターン1で2位に浮上、
佐藤は周回遅れのトニー・カナーンに追突されてスピン、
ダメージはありませんでしたが、10位に後退しました。

そしてラストラップ、カストロネベスがトップチェッカーを受けましたが、
なんとリスタート時のブロックによってドライブスルーペナルティに、
ディクソンが今季2度目となる優勝という結果になりました!

Indy201011b

佐藤は9位、カナーンに追突されなければ7位だっただけに
思わずカナーンを恨みたくなってしまいます^^;
武藤は最初のコーションまでに周回遅れになったのが響いて
17位完走となりました。

<決勝>
1   9   S.ディクソン           95  1:50:37.0551
2   12  W.パワー               95  +     2.6688
3   10  D.フランキッティ       95  +     3.2831
4   6   R.ブリスコー           95  +     8.8652
5   37  R.ハンターレイ         95  +    11.1482
6   15  P.トレーシー           95  +    11.9091
7   32  M.モラエス             95  +    16.9015
8   8   EJ.ヴィソ              95  +    18.2206
9   5   佐藤琢磨(R)            95  +    21.5880
10  3   H.カストロネベス       95  +  1:02.6011
11  26  M.アンドレッティ       94  +      1 Lap
12  11  T.カナーン             94  +      1 Lap
13  2   R.マトス               94  +      1 Lap
14  36  B.バゲット(R)          94  +      1 Lap
15  7   D.パトリック           94  +      1 Lap
16  14  V.メイラ               93  +     2 Laps
17  06  武藤英紀               93  +     2 Laps
18  19  A.ロイド(R)            92  +     3 Laps
19  24  T.シェクター           90  +     5 Laps
20  4   D.ウェルドン           90  +     5 Laps
21  22  J.ウィルソン           88  +     7 Laps
22  78  S.デ・シルベストロ(R)  87  + Off Course
23  77  A.タグリアーニ         52  +    Contact
24  34  M.ロマンチーニ(R)      52  +    Contact
25  18  M.デュノー              4  +   Handling

ドライバーズポイントは上位に順位の変動はありませんでした。
佐藤が1つアップして21位に上がりました^^

<ドライバーズポイント>
1   -  420P  ウィル・パワー
2   -  370P  ダリオ・フランキッティ
3   -  349P  スコット・ディクソン
4   -  324P  ライアン・ブリスコー
5   -  316P  ライアン・ハンターレイ
6   -  305P  エリオ・カストロネベス
7   -  291P  トニー・カナーン
8   -  252P  ジャスティン・ウィルソン
9   △  244P  マルコ・アンドレッティ
10  ▼  243P  ダン・ウェルドン
11  -  233P  ダニカ・パトリック
12  -  205P  ヴィットール・メイラ
13  -  203P  ラファエル・マトス
14  △  203P  マリオ・モラエス
15  ▼  194P  アレックス・タグリアーニ
16  -  193P  EJ.ヴィソ
17  -  170P  アレックス・ロイド(R)
18  -  167P  武藤英紀
19  -  155P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
20  -  149P  マリオ・ロマンチーニ(R)
21  △  142P  佐藤琢磨(R)
22  ▼  125P  グラハム・レイホール
23  △  119P  バートランド・バゲット(R)
24  △  112P  ミルカ・デュノー
25  △  110P  マイク・コンウェイ
26  △  63P   トーマス・シェクター(R)
27  △  61P   ポール・トレーシー
28  ▼  53P   サラ・フィッシャー
29  ▼  35P   ジョン・アンドレッティ
30  -  33P   アナ・ベアトリス(R)
31  -  20P   エド・カーペンター
32  -  20P   ジェイ・ハワード(R)
33  -  18P   タウンセンド・ベル
34  -  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
35  -  14P   アダム・キャロル(R)
36  -  14P   デイビー・ハミルトン(R)
37  -  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

第12戦はミッド=オハイオで、8月6~8日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #217 | トップページ | 日刊サーキット通信 #218 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #217 | トップページ | 日刊サーキット通信 #218 »