2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #196 | トップページ | 日刊サーキット通信 #197 »

IndyCar 2010 Rd.9 Watkins Glen

インディ第9戦はワトキンス・グレンで行われました。

Indy201009a

久しぶりのロードコースは歴史のあるワトキンス・グレンで開催。

Indy201009b

予選ではパワーが各ラウンドで圧倒的な速さをみせてポールを獲得、
佐藤が自己ベストの5番手グリッドを獲得しました。

武藤はラウンド1で7番手タイムを記録して惜しくも敗退、
7列目からのスタートになりました。

そしてインディ500以来の参戦となったトレーシーが参戦、
(インディ500では予選脱落してました^^;)
さらにA1GPチャンピオンでF1参戦の噂もあった
アダム・キャロルが初参戦し、10番グリッドを獲得しました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:29.3164
2   3   H.カストロネベス       1:29.4609
3   6   R.ブリスコー           1:29.9346
4   10  D.フランキッティ       1:29.9601
5   5   佐藤琢磨(R)            1:30.1410
6   22  J.ウィルソン           1:30.2667
------ Round 2  -----------------------------
7   9   S.ディクソン           1:30.1389
8   26  M.アンドレッティ       1:30.2042
9   32  M.モラエス             1:30.2644
10  27  A.キャロル(R)          1:30.4886
11  2   R.マトス               1:30.5276
12  24  P.トレーシー           1:30.8414
------ Round 1 -----------------------------
13  11  T.カナーン             1:31.1934 Group 1
14  06  武藤英紀               1:31.1723 Group 2
15  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:31.3268 Group 1
16  37  R.ハンターレイ         1:31.4333 Group 2
17  14  V.メイラ               1:31.4088 Group 1
18  34  M.ロマンチーニ(R)      1:31.5797 Group 2
19  77  A.タグリアーニ         1:31.5218 Group 1
20  4   D.ウェルドン           1:31.5988 Group 2
21  7   D.パトリック           1:31.5329 Group 1
22  19  A.ロイド(R)            1:33.9832 Group 2
23  36  B.バゲット(R)          1:32.1888 Group 1
24  18  M.デュノー             1:40.4911 Group 2
25  8   EJ.ヴィソ                No Time Group 2

決勝、スタートはパワーがリードを守って1コーナーを過ぎます。
佐藤は2つ順位を落としてしまいますが、
7周目にディクソンとカストロネベスが接触し、
2台がピットに向かったために5位に浮上、
12周目にはウィルソンを抜いて4位に上がり、前を追いかけます。

17周目、ウェルドンがターン8でスピン、
コース上に止まってしまったためにフル・コース・イエローになりました。

Indy201009c

このコーションでディクソン、ヴィソ、タグリアーニ、
カストロネベスを除く全車がピットイン。
ピットに入った中ではパワーがトップを守り5位、
佐藤は2つ順位を下げて10位まで落ちてしまいました。

19周目にリスタートされると、佐藤はさらに2つ順位を落とし、
ペースも上がってきません。

上位4台は10周以内にピットに入り、再びパワーが首位に立ちました。

35周目、佐藤が2回目のルーティンに向かい、
38、39周目にほとんどのマシンが2回目のピットに向かい、
ここでブリスコーがパワーの前に出ました。

40周目にシルベストロがターン7でクラッシュ、
2度目のフル・コース・イエローになりました。

Indy201009d

38周目と39周目にピットに入ったマシンの多くは
残り20周を切った状況なのでピットに入らずステイ、
しかしそれ以前に入ったドライバーは3度目のピットに向かい、
佐藤も再びピットに入って17位に下がってしまい、
43周目のリスタート後に再び順位を落としてしまいます。

トップ争いはリスタート後、すぐにパワーがトップを奪い返し、
フランキッティもトップ争いに加わろうと46周目に2位に浮上、
しかし58周目にブリスコーがフランキッティを抜いて2位を守ります。

60周目のラストラップ、パワーはトップを守りきってチェッカー、
今季3勝目もロードでの勝利は、ポール・トゥ・ウィンで決めました!

Indy201009f

2位はブリスコー、3位にフランキッティ、
武藤は予選から2つアップの12位、
佐藤はコーションの度に順位を落としましたが、
最後にタグリアーニとキャロルを抜き、燃料切れでピットに向かったカナーンと、
ロマンチーニのコースオフもあって15位でフィニッシュしました。

<決勝>
1   12  W.パワー               60  1:40:27.4391
2   6   R.ブリスコー           60  +     1.2181
3   10  D.フランキッティ       60  +     2.6754
4   2   R.マトス               60  +     8.0208
5   32  M.モラエス             60  +     9.3229
6   4   D.ウェルドン           60  +     9.7523
7   37  R.ハンターレイ         60  +    10.5003
8   9   S.ディクソン           60  +    12.0546
9   3   H.カストロネベス       60  +    12.9834
10  22  J.ウィルソン           60  +    13.5635
11  8   EJ.ヴィソ              60  +    18.7591
12  06  武藤英紀               60  +    20.2279
13  26  M.アンドレッティ       60  +    26.6965
14  24  P.トレーシー           60  +    27.7310
15  5   佐藤琢磨(R)            60  +    28.8774
16  27  A.キャロル(R)          60  +    29.3624
17  77  A.タグリアーニ         60  +    35.3753
18  36  B.バゲット(R)          60  +    36.5350
19  14  V.メイラ               60  +    36.9869
20  7   D.パトリック           60  +    38.2675
21  11  T.カナーン             60  +    38.6700
22  34  M.ロマンチーニ(R)      59  + Off Course
23  18  M.デュノー             57  +     3 Laps
24  78  S.デ・シルベストロ(R)  38  +    Contact
25  19  A.ロイド(R)            22  + Mechanical

ドライバーズポイントはパワーが2位との差を広げました。
2位にフランキッティが上がっています。

Indy201009e

<ドライバーズポイント>
1   -  327P  ウィル・パワー
2   △  295P  ダリオ・フランキッティ
3   ▼  287P  スコット・ディクソン
4   △  280P  ライアン・ブリスコー
5   ▼  273P  エリオ・カストロネベス
6   △  251P  ライアン・ハンターレイ
7   ▼  241P  トニー・カナーン
8   -  211P  ジャスティン・ウィルソン
9   △  211P  ダン・ウェルドン
10  ▼  201P  マルコ・アンドレッティ
11  -  190P  ダニカ・パトリック
12  △  174P  ラファエル・マトス
13  ▼  172P  ヴィットール・メイラ
14  ▼  169P  アレックス・タグリアーニ
15  △  161P  マリオ・モラエス
16  ▼  157P  EJ.ヴィソ
17  ▼  146P  アレックス・ロイド(R)
18  -  136P  武藤英紀
19  -  125P  マリオ・ロマンチーニ(R)
20  △  121P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
21  ▼  110P  マイク・コンウェイ
22  -  110P  佐藤琢磨(R)
23  -  95P   グラハム・レイホール
24  -  92P   ミルカ・デュノー
25  -  89P   バートランド・バゲット(R)
26  -  53P   サラ・フィッシャー
27  -  36P   トーマス・シェクター(R)
28  -  35P   ジョン・アンドレッティ
29  -  33P   アナ・ベアトリス(R)
30  △  20P   エド・カーペンター
31  ▼  20P   ジェイ・ハワード(R)
32  -  18P   タウンセンド・ベル
33  △  16P   ポール・トレーシー
34  ▼  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
35  ▼  14P   デイビー・ハミルトン(R)
36  △  14P   アダム・キャロル(R)
37  ▼  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

第10戦はトロント市街地コースで、7月16~18日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #196 | トップページ | 日刊サーキット通信 #197 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #196 | トップページ | 日刊サーキット通信 #197 »