2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #208 | トップページ | 日刊サーキット通信 #209 »

ランオフエリア(後)

記事が遅くなりましたが、今回は私の考えるランオフエリアです。

前回は現在のランオフエリアについて書きましたが、
今回は私の案を1つ載せますね。

基準となるレイアウトは前回の記事でご確認ください。

Ocircuit_20100610f

正直急いで描いたので変なところもあるのですが・・・(汗)
現代的で安全、かつ必要最小限のデザインになりました。

まず(1)と(10)のポイントでは、直線的には長くスペースがありますが、
出口にはほとんど幅がない形になりました。
(10)では90度コーナーなので出口がやや広めですけど、
(1)の1コーナーは鋭角なので、より狭くなっています。
さらに直前のストレートに対して若干右に曲がっているのも特徴です。

(2)の半径の大きな180度コーナーはほぼ変わらず、
アスファルトが若干狭くなっています。

(3)の中速S字は安全面を考えつつ、
コースオフしてからコースへ戻る際に、グラスエリアを走るようになっています。
前回のF1のランオフだと、コースオフしたら2つ目のコーナーを通らずに
カットして合流できてしまいますからね^^;

(4)のデグナー風コーナーは、
入り口はウォールが右に向かっているのが異なる点で、
もし直進してしまってもウォールを伝ってサンドトラップまで進みますし、
少し膨らむ程度のコースオフなら、アスファルトのランオフエリアを走って戻れます。

(5)のS字はアスファルト部分を狭くして、
グラスエリアを作ってあります。
(6)のスプーンでは大きな差はありませんね^^

(7)のイスタンブールの8コーナー風のコーナーは
最小限のアスファルトがあって、全体的にランオフエリアが狭くなっています。

(8)のシケインではほぼ同じですけど、
大きくコースオフした場合、グラスエリアを走ることになります。
アクシデントや避けるためにコースオフする場合は、
アスファルトで留まれるようになっています。

(9)の高速コーナーはかなりウォールが迫る形になりました。
ここもトラブルなどでコースオフをしたら、マシンが左側を擦ることになります。
当然その終点にはグラベル行きになります^^

今回の画像作成にはあまり時間を割けませんでした(汗)

コースオフはリタイアに繋がるリスクがありますが、
ドライバーへの安全性はしっかりと確保。
レースペース並の速度でショートカットやコースオフからの復帰できず、
徐行する必要があるランオフエリアのデザイン。

問題点もあるのですが、1つの案として見て貰えたらと思います。

(完) ^^;

« 日刊サーキット通信 #208 | トップページ | 日刊サーキット通信 #209 »

サーキット・オリジナル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #208 | トップページ | 日刊サーキット通信 #209 »