2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #213 | トップページ | 日刊サーキット通信 #214 »

WTCC2010 Rd.11&12

世界ツーリングカー選手権のRd.11,12は、ブランズハッチで行われました。

予選はミュラーがポールを獲得、トップ3をシボレーが占めました。
4番手にはなんとインディペンデンツのターキントンが入り
プリオールとファルフスを上回ってみせました。

また今年もスポット参戦でボルボが1台参戦しています。

<予選>
P  No Cl Driver             Car               Time
---------------------- Q 2 ----------------------------
1  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   1:32.481
2  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   1:32.678
3  8     A.メニュー         Chevrolet Cruze   1:32.828
4  29 I  C.ターキントン     BMW 320si         1:32.842
5  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     1:32.873
6  11    A.プリオール       BMW 320si         1:32.973
7  2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     1:33.176
8  3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI     1:33.257
9  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     1:33.261
10 10    A.ファルフス       BMW 320si         1:33.337
11 15 I  F.エングストラー   BMW 320si         1:35.164
---------------------- Q 1 ----------------------------
12 41 T  R.ダールグレン     Volvo C30         1:33.579
13 4     J.ジェネ           SEAT Leon TDI     1:33.588
14 18    F.バース           SEAT Leon TDI     1:33.803
15 24 I  K.ポールセン       BMW 320si         1:33.803
16 20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti 1:33.911
17 9     C.カカ・ブエノ     Chevrolet Cruze   1:34.122
18 38 I  T.ボードマン       SEAT Leon         1:34.409
19 17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI     1:34.419
20 26 I  S.ディアステ       BMW 320si         1:34.437
21 25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         1:34.594
22 21 I  M.ベナニ           BMW 320si         1:34.722
23 19 I  H.ボルクハード     Chevrolet Lacetti 1:34.736
---------------- 107 % = 1:39.144 ---------------------
   42 I  T.コロネル         BMW 320si        12:42.010

レース1はミュラーが終始リードを保ってポール・トゥ・ウィン!
2位にハフ、残り2周でメニューを抜いたターキントンが3位で表彰台!

8周目にカカ・ブエノのマシンから炎が上がってセーフティカーが入りましたが、
それ以外では大きなアクシデント無いレースでした。

なおメニューとポールセンに30秒のペナルティが加算されています。

<レース1>
P  No Cl Driver             Car               L   Time
1  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   16 28:05.204
2  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   16 +   0.296
3  29 I  C.ターキントン     BMW 320si         16 +   0.848
4  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     16 +   2.615
5  2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     16 +   3.158
6  10    A.ファルフス       BMW 320si         16 +   4.357
7  11    A.プリオール       BMW 320si         16 +   5.170
8  3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI     16 +   5.295
9  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     16 +   5.505
10 4     J.ジェネ           SEAT Leon TDI     16 +   6.103
11 18    F.バース           SEAT Leon TDI     16 +   6.460
12 41 T  R.ダールグレン     Volvo C30         16 +   6.988
13 38 I  T.ボードマン       SEAT Leon         16 +   9.405
14 15 I  F.エングストラー   BMW 320si         16 +   9.602
15 17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI     16 +  10.661
16 25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         16 +  12.540
17 19 I  H.ボルクハード     Chevrolet Lacetti 16 +  12.979
18 26 I  S.ディアステ       BMW 320si         16 +  14.108
19 21 I  M.ベナニ           BMW 320si         16 +  14.497
20 42 I  T.コロネル         BMW 320si         16 +  15.220
21 20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti 16 +  19.150
22 8     A.メニュー         Chevrolet Cruze   16 +  35.041
23 24 I  K.ポールセン       BMW 320si         16 +  40.148
   9     C.カカ・ブエノ     Chevrolet Cruze    7   D.N.F.

レース2は一転して大混乱のレースになりました。

スタート直後に接触やクラッシュで2周目までに4台が消えました。

1周目をファルフスがリードを奪いましたが、
3周目のヘアピンでプリオールに交わされると
続いていこうとしたメニューに追突されてスピン、
ファルフスは後退し、メニューはリタイアとなりました。

2周目終了時点で1位と3位のマシンが消えたことでターキントンは2位に浮上、
BTCCのチャンピオンがイギリスの地で優勝を目指します。

それから数周は接戦ながらも順位が変わらない展開が続きましたが、
11周目にインディペンデンツでベナニとオーヤンがヘアピンでクラッシュ、
このレースもセーフティカーが入ることになりました。

13周目にリスタートを迎えると、プリオールが
攻めたてるターキントンを最後まで抑えてチェッカーフラッグ、
今シーズン4勝目をあげました!

2位はターキントン、2戦とも表彰台に乗る大活躍を見せました。
3位にタルキーニ、4位コロネル、ポイントリーダーのミュラーは5位でした。

<レース2>
P  No Cl Driver             Car               L   Time
1  11    A.プリオール       BMW 320si         16 27:05.324
2  29 I  C.ターキントン     BMW 320si         16 +   0.399
3  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     16 +   1.394
4  2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     16 +   1.854
5  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   16 +   3.037
6  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   16 +   3.418
7  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     16 +   4.901
8  10    A.ファルフス       BMW 320si         16 +   5.529
9  17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI     16 +   6.035
10 4     J.ジェネ           SEAT Leon TDI     16 +   6.481
11 26 I  S.ディアステ       BMW 320si         16 +   7.293
12 25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         16 +   7.604
13 15 I  F.エングストラー   BMW 320si         16 +   9.561
14 19 I  H.ボルクハード     Chevrolet Lacetti 16 +  11.172
15 42 I  T.コロネル         BMW 320si         16 +  13.151
   8     A.メニュー         Chevrolet Cruze   11   N.C.F.
   38 I  T.ボードマン       SEAT Leon         10   D.N.F.
   20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti 10   D.N.F.
   21 I  M.ベナニ           BMW 320si         10   D.N.F.
   3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI      1   D.N.F.
   18    F.バース           SEAT Leon TDI      0   D.N.F.
   24 I  K.ポールセン       BMW 320si          0   D.N.F.
   41 T  R.ダールグレン     Volvo C30          0   D.N.F.

ドライバーズポイントは、トップ5まで順位は変わりませんでした。
少しミュラーが2位との差を離しています。

<ドライバーズポイント>
1   -  199P  Y.ミュラー(シボレー)
2   -  176P  G.タルキーニ(セアト)
3   -  148P  A.プリオール(BMW)
4   -  130P  R.ハフ(シボレー)
5   -  103P  T.モンテイロ(セアト)
6   △  100P  T.コロネル(セアト)
7   △  87P   A.ファルフス(BMW)
8   ▼  86P   A.メニュー(シボレー)
9   △  42P   N.ミケリス(セアト)
10  ▼  41P   F.バース(セアト)
11  ▼  38P   J.ジェネ(セアト)
12  △  34P   C.ターキントン(BMW)
13  ▼  16P   M.ニュケア(セアト)
14  ▼  5P    S.ヘルナンデス(BMW)
15  ▼  3P    D.オーヤン(シボレー)
16  ▼  2P    M.ベナニ(BMW)
17  ▼  1P    L.ペルニア(シボレー)
17  ▼  1P    H.ボルクハード(シボレー)

マニュファクチャラーは、シボレーがトップをキープ、
5ポイント差だったのが17ポイントまで拡がりました。

<マニュファクチャラーズポイント>
1  -  378P  シボレー
2  -  361P  セアト・カスタマーズ・テクノロジー
3  -  317P  BMW

インディペンデントでは、わずか2戦でターキントンが2位に浮上、
ヘルナンデスに12ポイント差に迫っています。

<ヨコハマ・インディペンデンツ・トロフィー>
1   -  84P   S.ヘルナンデス(BMW)
2   △  72P   C.ターキントン(BMW)
3   -  62P   S.ディアステ(BMW)
4   ▼  56P   D.オーヤン(シボレー)
5   -  55P   F.エングストラー(BMW)
6   -  53P   H.ボルクハード(シボレー)
7   ▼  48P   M.ベナニ(BMW)
8   ▼  30P   K.ポールセン(BMW)
9   -  13P   P-Y.コルタル(セアト)
10  -  12P   A.ロマノフ(BMW)
11  △  8P    T.ボードマン(セアト)
12  ▼  5P    F.ファビアーニ(BMW)
13      4P    T.コロネル(BMW)

ところでこの週末に開催されたセアト・レオン・ユーロカップでは、
かなり危険なクラッシュがあったので、動画を貼っておきますね。
幸い誰1人大きな怪我無く、無事だったようです^^

次戦はブルノで、7月31~8月1日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #213 | トップページ | 日刊サーキット通信 #214 »

[motorsports] WTCC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #213 | トップページ | 日刊サーキット通信 #214 »