2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #229 | トップページ | 日刊サーキット通信 #230 »

オリジナルコース24

約2ヶ月ぶりのオリジナルコースは、短時間で仕上げてみました☆

今回のコンセプトは
「アメリカにありそうなロードコース」
「ヨーロッパ風(イギリス風)も入っていて、起伏がある」
「ランオフエリアの多くが芝で、アスファルトは使用しない」
「インディ開催可能なレベル(F1は不可能)」
という内容にしました。

イメージとしては、ワトキンス・グレンやミッド=オハイオ、
ロードアトランタのようなタイプを思いながらデザインしました。

描きながら修正していき、1~2時間程度で完成したのがコチラ☆
(画像をクリックすると拡大します)

Ocircuit20100808

スタートは右に曲がり、低速のターン2へ進入、
ここで数台が絡むクラッシュが起きやすいので、
レースのスタート直後は慎重に通過します。

わずかに右、左と曲がるターン3を進み、ターン4のヘアピン。
ここからは下りで、ターン5、ターン6直前まで下り坂、
オーバーテイクポイントでもあります^^

ターン6を過ぎると緩やかな上り坂。
2つめのヘアピンになるターン8を過ぎると坂もアップ、
ターン9&10の中速のS字はうねっていてチャレンジングな区間。

高速のターン11を少し過ぎた当たりが最も高い位置で、
ターン12&13のシケインへ飛び込みます。

再び少し下り、最後のターン14、15と過ぎると
ホームストレートへ戻ってきます。

全長はおよそ2.0~2.4マイル(3.2~3.8km)を想定、
短めなのでインディカーだと60~65秒くらいになりそうです。

今回はほとんどコース周辺を描いていませんが、
多くが芝のスタンドになっていて、コースの外側は木が生えているイメージ。
レースウィークはキャンプをする家族が多く見られ、
少し高くなっている丘からレースを観戦する感じです^^
(ターン6のスタンドもスタンド無しでもOK)

当然ながら全長が短く、ランオフエリアのほとんどが芝生なので、
F1開催には向きません^^;

短時間で描いた割にはかなりスリリングで
面白いレイアウトになったと思います☆

« 日刊サーキット通信 #229 | トップページ | 日刊サーキット通信 #230 »

サーキット・オリジナル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

ターン9,10をいかに速く抜けられるかが一つの大きなポイントになりそうですね。
私が運転したらターン6のブレーキを意識しすぎてその先のヘアピンで抜かれてしまうかも^^;

私もちょっと真似してオリジナルコースを描いてみたのですが、全長が7km近くになってしまいました。
あれもこれも・・・と欲張るとだめですね。

ありがとうございます~^^
私だったら・・・多分多くのコーナーでミスしそうです(汗)

レイアウトを考える時、ついつい「S字を入れたい」「直線3つ」「スプーン入れたい」と、
どんどん入れたい区間を追加していくと、とんでもないことになりますね^^;
コーナーは12~16くらいで、こういう区間を入れたいというのを2つ3つくらいにすると
ある程度まとまってくると思いますよ^^

新コースですね。
まず、ピットレーンはあんまり長くない印象です。私ならF3で打ち止めするかもです。
可能なら4~6コーナー間に設置したいな。(1つお楽しみを潰す事になりますが…)

6コーナーの下り気味のブレーキングや9~10コーナーのS字、最後のテクニカルセクションが厳しそうですね。
周りに森があるという事で、個人的にはバーバーモータースポーツやインフィニオン(ちょっと違う?)、ホッケンの森セクション的なイメージをする事にします♪

このコースを走る場合は、ママチャリでのんびり景色を楽しみたいです。(笑)

ピットレーンはミッド=オハイオとほぼ同じイメージ・・・1000フィートくらいです^^

というか、ミッド=オハイオの影響をかなり受けているので、
周囲も森というほどではなく林、所々に木の密集した場所があるというか・・・
もろもろミッド=オハイオを想像して貰えればいいかも(汗)
ラストコーナー付近はほとんど同じですし^^;

バーバーは近い感じですね、あとうねる路面はオールトンパークにも近い部分があります。
自転車だとターン8~11が辛いので、電動機付に乗りたいです☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #229 | トップページ | 日刊サーキット通信 #230 »