2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #250 | トップページ | 日刊サーキット通信 #251 »

F1 2010 Rd.13 ベルギーGP決勝

今年もベルギーGPは雨に悩まされる週末となりました。
*8/30 2:20修正

雨が降ると言われた決勝は、直前はどんよりとしたドライコンディション。
常に雨雲をレーダーでチェックし続ける状態の中で決勝が始まりました。

スタート1周目、今回で300戦を迎えたバリチェロが
止まりきれずにアロンソのサイドに突っ込みリタイア、
いきなりセーフティカーが入る展開となりました。

このセーフティカー中に小林と数台がピットイン、
タイヤルールを完了させました。

リスタートするとトップに立っていたハミルトンが後続を引き離します。
ポールスタートのウェバーはスタートで失敗して後退、
バトンが2位、リスタートしてすぐにクビサを抜いたベッテルが3位で前を追います。

16周目、バトンとベッテルが接触、
バトンはリタイアし、ベッテルはピットに戻りましたが、
その数周後にドライブスルーペナルティになって後退してしまいます。

その後大きなトラブルもなく、雨の予報は出続けますが、
残り10周となった34周目に雨が降り出すと一斉にピットイン、

トップ快走中だったハミルトンは1周遅れたために
コースオフしながらもなんとかリードを保ってピットに戻りました。

38周目、アロンソがスピンしてリタイア、
これにより2度目のセーフティカーが導入、
残り4周の争いとなりました。

41周目にリスタートすると、トップ5は順位変わらず、
ハミルトンが今季3度目となる優勝を決めました!

2位はウェバー、バトンとベッテルの接触や
ウェットタイヤに切り替える際のピット作業で2位に上がりました。

3位はクビサ、4位マッサ、5位スーティル。
6位は最後のリスタートで2つ順位を上げたロズベルグで、
7位はシューマッハ、8位小林、9位ペトロフ、10位アルグエルスアリ、
しかしアルグエルスアリは終盤にリウッツィをショートカットしてオーバーテイク、
譲らなかったとしてレース後に20秒のペナルティが加算され、
リウッツィが10位、1ポイントを獲得しました。

色々あったベッテルは15位、山本は最下位の20位で完走を果たしています。

<決勝>
1   2   L.ハミルトン        44  1:29:04.268
2   6   M.ウェバー       44  +     1.571
3   11  R.クビサ            44  +     3.493
4   7   F.マッサ            44  +     8.264
5   14  A.スーティル        44  +     9.094
6   4   N.ロズベルグ        44  +    12.359
7   3   M.シューマッハ      44  +    15.548
8   23  小林可夢偉          44  +    16.678
9   12  V.ペトロフ          44  +    23.851
10  15  V.リウッツィ        44  +    34.831
11  22  P.デ・ラ・ロサ      44  +    36.019
12  16  S.ブエミ            44  +    39.895
13  17  J.アルグエルスアリ  44  +    49.457
14  10  N.ヒュルケンベルグ  43  +     1 Lap
15  5   S.ベッテル          43  +     1 Lap
16  19  H.コバライネン      43  +     1 Lap
17 25  L.ディ・グラッシ    43  +     1 Lap
18  24  T.グロック          43  +     1 Lap
19  18  J.トゥルーリ        43  +     1 Lap
20 20  山本左近            42  +    2 Laps
    8   F.アロンソ          37  +    7 Laps DNF
    1   J.バトン            15  +   29 Laps DNF
   21  B.セナ               5  +   39 Laps DNF
    9   R.バリチェロ         0  +   44 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンが再びトップに立ちました。
しかしウェバーは3ポイント差で付けています。
小林はペトロフを抜いて12位に上がりました^^

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  182P  ルイス・ハミルトン
2   ▼  179P  マーク・ウェバー
3   -  151P  セバスチャン・ベッテル
4   -  147P  ジェンソン・バトン
5   -  141P  フェルナンド・アロンソ
6   -  109P  フェリペ・マッサ
7   △  104P  ロバート・クビサ
8   ▼  102P  ニコ・ロズベルグ
9   △  45P   エイドリアン・スーティル
10  ▼  44P   ミハエル・シューマッハ
11  -  30P   ルーベンス・バリチェロ
12  △  21P   小林可夢偉
13  ▼  19P   ヴィタリー・ペトロフ
14  -  13P   ヴィタントニオ・リウッツィ
15  -  10P   ニコ・ヒュルケンベルグ
16  -  7P    セバスチャン・ブエミ
17  -  6P    ペドロ・デ・ラ・ロサ
18  -  3P    ハイメ・アルグエルスアリ

コンストラクターズではレッドブルが1ポイント差でトップをキープ、

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  330P  レッドブル・ルノー
2   -  329P  マクラーレン・メルセデス
3   -  250P  フェラーリ
4   -  146P  メルセデスGP
5   -  123P  ルノー
6   -  58P   フォースインディア・メルセデス
7   -  40P   ウィリアムズ・コスワース
8   -  27P   BMWザウバー・フェラーリ
9   -  10P   トロロッソ・フェラーリ

次戦イタリアGPは9月10~12日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #250 | トップページ | 日刊サーキット通信 #251 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #250 | トップページ | 日刊サーキット通信 #251 »