2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #252 | トップページ | 日刊サーキット通信 #253 »

モトGP 2010 Rd.11 インディアナポリスGP

モトGP第11戦はアメリカのインディアナポリスで行われました。

今回からは青山博一が復帰、久しぶりにレギュラーライダーが揃いました^^

予選はスピーズが初のポールを獲得しました!
ロレンソは2番手、ペドロサは5番手、ロッシは7番手、
復帰初戦の青山は13番手でした。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:40.105
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:40.325
3   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:40.336
4   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:40.559
5   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:40.637
6   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:40.664
7   45  V.ロッシ            ヤマハ      1:41.005
8   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:41.092
9   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:41.232
10  65  L.カピロッシ        スズキ      1:41.512
11  19  A.バウティスタ      スズキ      1:41.534
12  33  M.メランドリ        ホンダ      1:41.623
13  7   青山博一            ホンダ      1:41.631
14  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  1:41.649
15  36  M.カリオ            ドゥカティ  1:41.856
16  40  H.バルベラ          ドゥカティ  1:41.896
17  14  R.ド・プニエ        ホンダ      1:41.923

決勝はスピーズがホールショットを奪いトップをキープ、
しかしペドロサがヘイデン、ドビツィオーソを抜くと、
7周目にスピーズをオーバーテイクしてトップに立ち、
その後もスピーズを少しずつ引き離して優勝!
今シーズン3勝目を上げました。

2位はスピーズ、3位ロレンソ、4位ロッシ、
スタートで2位に浮上していたドビツィオーソは5位でフィニッシュ、
ストーナーは転倒しリタイア、青山は12位で完走を果たしています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   26  D.ペドロサ          ホンダ      28  47:31.615
2   11  B.スピーズ          ヤマハ      28  +   3.575
3   99  J.ロレンソ          ヤマハ      28  +   6.812
4   45  V.ロッシ            ヤマハ      28  +  12.633
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      28  +  21.885
6   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  28  +  35.138
7   58  M.シモンチェリ      ホンダ      28  +  36.740
8   19  A.バウティスタ      スズキ      28  +  36.825
9   41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  28  +  44.905
10  40  H.バルベラ          ドゥカティ  28  +  51.368
11  65  L.カピロッシ        スズキ      28  +  55.386
12  7   青山博一            ホンダ      28  +  57.903
13  14  R.ド・プニエ        ホンダ      28  +1:04.139
    36  M.カリオ            ドゥカティ  18  + 10 Laps
    5   C.エドワーズ        ヤマハ      16  + 12 Laps
    27  C.ストーナー        ドゥカティ   7  + 21 Laps
    33  M.メランドリ        ホンダ       2  + 26 Laps

ライダーズポイントはドビツィオーソが再び3位に、
ロッシがストーナーに接近してきました。
スピーズがヘイデンを抜いて6位に上がっています。

<ライダーズポイント>
1   -  251P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  183P   ダニ・ペドロサ
3   △  126P   アンドレア・ドビツィオーソ
4   ▼  119P   ケーシー・ストーナー
5   -  114P   バレンティーノ・ロッシ
6   △  110P   ベン・スピーズ
7   ▼  109P   ニッキー・ヘイデン
8   -  78P    ランディ・ド・プニエ
9   △  63P R  マルコ・シモンチェリ
10  ▼  61P    マルコ・メランドリ
11  ▼  57P    コーリン・エドワーズ
12  -  54P R  ヘクトル・バルベラ
13  -  41P    ロリス・カピロッシ
14  -  39P    アレックス・エスパルガロ
15  △  33P R  アルヴァロ・バウティスタ
16  ▼  31P    ミカ・カリオ
17  -  22P R  青山博一
18  -  11P    アレックス・デ・アンジェリス
19  -  5P     ロジャー・リー・ヘイデン
20  -  4P     秋吉耕佑
21  -  1P     吉川和多留

コンストラクターズ、ホンダが25ポイントを獲得しました。
しかしその差は40ポイントもあって、順位が変わりそうにありません。

<コンストラクターズポイント>
1   -  260P  ヤマハ
2   -  220P  ホンダ
3   -  159P  ドゥカティ
4   -  56P   スズキ

チームポイントはレプソル・ホンダが7ポイント差を縮めました。
とはいえ、まだまだ差は大きいです。

<チームポイント>
1   -  366P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  309P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  228P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  167P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  124P  SAN CARLO HONDA GRESINI
6   -  83P   LCR HONDA MOTOGP
7   △  74P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
8   ▼  70P   PRAMAC RACING TEAM
9   -  54P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  37P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2はスタート直後に多重クラッシュが発生しレッドフラッグ、
この多重クラッシュで富沢祥也が再スタート出来なくなりました。

再レースではエリアスが迫るシモンを抑えて3連勝!
高橋裕紀は26位完走、手島雄介はリタイアとなりました。

125ccではテロルが前戦に続いて2連勝!
ポールからスタートしたマルケスは5位でフィニッシュ、
しかしショートカットをしたようで20秒のペナルティが加算され結果は10位、
小山知良はリタイアに終わりました。

次戦サンマリノは今週末に開催されます。

« 日刊サーキット通信 #252 | トップページ | 日刊サーキット通信 #253 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #252 | トップページ | 日刊サーキット通信 #253 »