2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #244 | トップページ | 日刊サーキット通信 #245 »

IndyCar 2010 Rd.13 Infineon

インディ第13戦はインフィニオンで行われました。

日本でもよく知られているインフィニオン・レースウェイ。
ただしGT4でのレイアウトとは異なります^^;

予選は前戦に続いてパワーがポールを獲得、
僅差でカストロネベスが続きました。

今回日本人の2人はセッティングに苦しんだようで
武藤は7列目、佐藤は9列目からのスタートとなります。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:16.5282
2   3   H.カストロネベス       1:16.5652
3   10  D.フランキッティ       1:16.9437
4   77  A.タグリアーニ         1:17.2068
5   6   R.ブリスコー           1:17.2109
6   9   S.ディクソン           1:17.3470
------ Round 2  -----------------------------
7   22  J.ウィルソン           1:16.9447
8   37  R.ハンターレイ         1:17.1317
9   11  T.カナーン             1:17.3181
10  2   R.マトス               1:17.3710
11  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:17.7429
12  4   D.ウェルドン           1:17.8280
------ Round 1 -----------------------------
13  34  B.バゲット(R)          1:17.5239 Group 1
14  06  武藤英紀               1:17.5187 Group 2
15  8   EJ.ヴィソ              1:17.6825 Group 1
16  02  G.レイホール           1:17.5284 Group 2
17  5   佐藤琢磨(R)            1:17.7112 Group 1
18  26  M.アンドレッティ       1:17.6216 Group 2
19  24  JR.ヒルデブランド      1:17.7659 Group 1
20  32  M.モラエス             1:17.7533 Group 2
21  14  V.メイラ               1:17.9149 Group 1
22  19  A.ロイド(R)            1:18.0423 Group 2
23  7   D.パトリック           1:18.3995 Group 1
24  18  M.デュノー             1:22.2980 Group 2
25  36  F.ドラコーネ(R)        1:21.2262 Group 1

決勝はいきなりウェルドンがひっくり返るクラッシュが発生する
荒れたスタートになりましたが、
終始トップを走り続けたパワーがポール・トゥ・ウィン!
今季5勝目となる優勝を決めました!

2位は後半フランキッティをオーバーテイクしたディクソン、
3位フランキッティ、4位ブリスコー、5位カストロネベスの順。

武藤は苦しみながらも17位、佐藤は何度かオーバーテイクを見せて
ラスト4周の時点で10位を走行していましたが、
パトリックに抜かれた直後のターン7で彼女にぶつけてしまい、
ダメージを負ったまま18位まで後退しながらもチェッカーを受けました。

<決勝>
1   12  W.パワー               75  1:52:34.1915
2   9   S.ディクソン           75  +     0.7432
3   10  D.フランキッティ       75  +     6.6132
4   6   R.ブリスコー           75  +     7.8607
5   3   H.カストロネベス       75  +    10.4594
6   22  J.ウィルソン           75  +    10.9095
7   11  T.カナーン             75  +    11.5246
8   37  R.ハンターレイ         75  +    11.8938
9   02  G.レイホール           75  +    17.5019
10  19  A.ロイド(R)            75  +    18.2069
11  32  M.モラエス             75  +    20.2411
12  26  M.アンドレッティ       75  +    20.6759
13  78  S.デ・シルベストロ(R)  75  +    21.8239
14  77  A.タグリアーニ         75  +    22.4858
15  14  V.メイラ               75  +    24.2879
16  7   D.パトリック           75  +    46.1339
17  06  武藤英紀               74  +      1 Lap
18  5   佐藤琢磨(R)            74  +      1 Lap
19  8   EJ.ヴィソ              74  +      1 Lap
20  36  F.ドラコーネ(R)        71       Contact
21  2   R.マトス               67       Contact
22  18  M.デュノー             67  +     5 Laps
23  34  B.バゲット(R)          65       Contact
24  24  JR.ヒルデブランド      38       Contact
25  4   D.ウェルドン            0       Contact

ドライバーズポイントはパワーが再び差を拡げました。
残り4戦なので7位のカナーンまでチャンピオンの可能性がありますが、
2位につけているフランキッティの逆転も難しそうです。

<ドライバーズポイント>
1   -  514P  ウィル・パワー
2   -  455P  ダリオ・フランキッティ
3   -  419P  スコット・ディクソン
4   -  384P  ライアン・ブリスコー
5   -  370P  エリオ・カストロネベス
6   -  360P  ライアン・ハンターレイ
7   -  330P  トニー・カナーン
8   △  290P  ジャスティン・ウィルソン
9   ▼  284P  マルコ・アンドレッティ
10  -  269P  ダン・ウェルドン
11  -  259P  ダニカ・パトリック
12  △  244P  アレックス・タグリアーニ
13  ▼  241P  ラファエル・マトス
14  -  240P  マリオ・モラエス
15  -  235P  ヴィットール・メイラ
16  -  215P  EJ.ヴィソ
17  -  207P  アレックス・ロイド(R)
18  -  196P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
19  -  192P  武藤英紀
20  -  164P  佐藤琢磨(R)
21  △  159P  グラハム・レイホール
22  -  150P  バートランド・バゲット(R)
23  ▼  149P  マリオ・ロマンチーニ(R)
24  -  136P  ミルカ・デュノー
25  -  110P  マイク・コンウェイ
26  -  63P   トーマス・シェクター(R)
27  -  61P   ポール・トレーシー
28  -  53P   サラ・フィッシャー
29  -  35P   ジョン・アンドレッティ
30  -  33P   アナ・ベアトリス(R)
31  -  32P   ジェイ・ハワード(R)
32  -  26P   アダム・キャロル(R)
33  △  26P   J.R.ヒルデブランド(R)
34  △  24P   フランチェスコ・ドラコーネ(R)
35  ▼  20P   エド・カーペンター
36  ▼  18P   タウンセンド・ベル
37  ▼  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
38  ▼  14P   デイビー・ハミルトン(R)
39  ▼  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

第14戦は今週、シカゴランドで行われます。

« 日刊サーキット通信 #244 | トップページ | 日刊サーキット通信 #245 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #244 | トップページ | 日刊サーキット通信 #245 »