2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #251 | トップページ | 日刊サーキット通信 #252 »

IndyCar 2010 Rd.14 Chicago

土曜日に行われたインディ第14戦は、シカゴランドでのミッドナイト-ナイトレースです。

Indy201014a

今年のロードコースは全て終わり、再びオーバルレースです。

今回は29台がエントリーしたことで少し予選ルールが変わり、
通常4周の平均時速で競うところを、2周に変更されました。

その予選はブリスコーがポールを獲得、
武藤は4列目、佐藤は5列目と、まずまずの位置でした。

<予選>
1   6   R.ブリスコー           0:50.5857
2   10  D.フランキッティ       0:50.7624
3   12  W.パワー               0:50.7792
4   3   H.カストロネベス       0:50.7902
5   26  M.アンドレッティ       0:50.8265
6   02  G.レイホール           0:50.8281
7   4   D.ウェルドン           0:50.8798
8   06  武藤英紀               0:50.8892
9   37  R.ハンターレイ         0:50.9074
10  5   佐藤琢磨(R)            0:50.9154
11  20  E.カーペンター         0:50.9423
12  7   D.パトリック           0:50.9616
13  11  T.カナーン             0:50.9896
14  19  A.ロイド(R)            0:51.0285
15  9   S.ディクソン           0:51.0761
16  8   EJ.ヴィソ              0:51.0901
17  36  T.シェクター           0:51.1179
18  2   R.マトス               0:51.1462
19  77  A.タグリアーニ         0:51.1617
20  34  B.バゲット(R)          0:51.2162
21  32  M.モラエス             0:51.2700
22  24  A.ベアトリス(R)        0:51.2770
23  22  J.ウィルソン           0:51.2875
24  14  V.メイラ               0:51.3547
25  67  S.フィッシャー         0:51.3573
26  18  M.デュノー             0:51.4342
27  78  S.デ・シルベストロ(R)  0:51.4625
28  21  D.ハミルトン           0:51.5051
29  61  J.ハワード(R)          0:51.5991

決勝、スタートして5周目にマトスとシェクターのクラッシュで
早くもコーションとなりました。

14周目にリスタート、ブリスコーがリードする展開が続きます。

54周目あたりから1回目のルーティンが始まりました。
全車ピットに入ってもブリスコーがトップのまま、
2位にはアンドレッティが続きます。

佐藤はパンクで36周目にピットに入り、
周回遅れになっていたのが、再び同一周回に戻りました。

78周目、ベアトリスがウォールに接触、
走り続けることが出来たのですけど、2度目のコーションになりました。

ピットがオープンされ80周目にサラ・フィッシャーを除く全車がピットイン、
佐藤も順調に作業を終えてピットボックスを離れたところ、
チームメイトのヴィソのクルーが佐藤に気付かずに送り出したために接触、
両車ともリタイアしてしまいました。

またこのコーションのリスタート前には武藤とタグリアーニが接触、
武藤はレースを続行できましたが、タグリアーニはリタイアとなりました。

90周目に2度目のリスタート、
ここから長い間クラッシュが起きないバトルが続きました。

135周目からルーティンが始まると、
ブリスコーは少し後退し、変わってウェルドンがトップに、
しかしハンターレイやパワーなど、3ワイドの超接近戦が続きます。

Indy201014b

170周、ロイドのスピンによって3度目のコーション、
最後のピット作業を行うと、直前に9位につけていたフランキッティが、
タイヤ交換をしない作戦によってトップに立ちました。

177周目にリスタートすると、フランキッティは徐々に2位との差を拡げていきます。
パワーとウェルドンはサイドバイサイドで2位争い、
しかしパワーはピットでミスがあったようで、
燃料が足りずに緊急ピット、戦線離脱しました。

ウェルドンはフランキッティに迫るものの、
最後までフランキッティはリードを守り、
今シーズン3度目の優勝を決めました!

Indy201014c

2位はウェルドン,3位アンドレッティ、武藤は13位、パワーは16位、
10位までが1秒以内で、最後まで白熱したレースでした。

<決勝>
1   10  D.フランキッティ       200  1:47:49.5783
2   4   D.ウェルドン           200  +     0.0423
3   26  M.アンドレッティ       200  +     0.1051
4   37  R.ハンターレイ         200  +     0.1631
5   11  T.カナーン             200  +     0.3408
6   3   H.カストロネベス       200  +     0.4868
7   22  J.ウィルソン           200  +     0.5953
8   9   S.ディクソン           200  +     0.9137
9   14  V.メイラ               200  +     0.9588
10  02  G.レイホール           200  +     0.9841
11  6   R.ブリスコー           200  +     1.0185
12  34  B.バゲット(R)          200  +     1.0833
13  06  武藤英紀               200  +     1.3042
14  7   D.パトリック           200  +     1.5658
15  67  S.フィッシャー         199  +      1 Lap
16  12  W.パワー               199  +      1 Lap
17  32  M.モラエス             199  +      1 Lap
18  21  D.ハミルトン           199  +      1 Lap
19  18  M.デュノー             197  +     3 Laps
20  20  E.カーペンター         179    Mechanical
21  19  A.ロイド(R)            162  +    38 Laps
22  61  J.ハワード(R)          161    Mechanical
23  78  S.デ・シルベストロ(R)  150    Mechanical
24  24  A.ベアトリス(R)         88    Mechanical
25  77  A.タグリアーニ          85       Contact
26  5   佐藤琢磨(R)             80       Contact
27  8   EJ.ヴィソ               80       Contact
28  36  T.シェクター             4       Contact
29  2   R.マトス                 4       Contact

ドライバーズポイントはフランキッティが23ポイント差に迫りました。
残り3戦はパワーとフランキッティに大注目ですね^^

<ドライバーズポイント>
1   -  528P  ウィル・パワー
2   -  505P  ダリオ・フランキッティ
3   -  443P  スコット・ディクソン
4   -  406P  ライアン・ブリスコー
5   -  398P  エリオ・カストロネベス
6   -  392P  ライアン・ハンターレイ
7   -  360P  トニー・カナーン
8   △  319P  マルコ・アンドレッティ
9   ▼  316P  ジャスティン・ウィルソン
10  -  309P  ダン・ウェルドン
11  -  275P  ダニカ・パトリック
12  △  257P  ヴィットール・メイラ
13  ▼  254P  アレックス・タグリアーニ
14  -  253P  マリオ・モラエス
15  ▼  251P  ラファエル・マトス
16  -  225P  EJ.ヴィソ
17  -  219P  アレックス・ロイド(R)
18  △  209P  武藤英紀
19  ▼  208P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
20  △  179P  グラハム・レイホール
21  ▼  174P  佐藤琢磨(R)
22  -  168P  バートランド・バゲット(R)
23  -  149P  マリオ・ロマンチーニ(R)
24  -  148P  ミルカ・デュノー
25  -  110P  マイク・コンウェイ
26  -  73P   トーマス・シェクター(R)
27  △  68P   サラ・フィッシャー
28  ▼  61P   ポール・トレーシー
29  △  45P   アナ・ベアトリス(R)
30  △  44P   ジェイ・ハワード(R)
31  ▼  35P   ジョン・アンドレッティ
32  △  32P   エド・カーペンター
33  △  26P   デイビー・ハミルトン(R)
34  ▼  26P   J.R.ヒルデブランド(R)
35  ▼  26P   アダム・キャロル(R)
36  ▼  24P   フランチェスコ・ドラコーネ(R)
37  ▼  18P   タウンセンド・ベル
38  ▼  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
39  -  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

第15戦は今週、ケンタッキーで行われます。

« 日刊サーキット通信 #251 | トップページ | 日刊サーキット通信 #252 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #251 | トップページ | 日刊サーキット通信 #252 »