2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #230 | トップページ | 日刊サーキット通信 #231 »

IndyCar 2010 Rd.12 Mid-Ohio

インディ第12戦はミッド=オハイオで行われました。

再びアメリカに戻ってきたインディはミッド=オハイオでのレース。

予選は佐藤が好調で、自己ベストの2列目の好結果。
ポールはロードで強いパワーがここでもトップタイムを記録、
フランキッティがその隣に並びました。
武藤は12番手の6列目からスタートします。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:07.1997
2   10  D.フランキッティ       1:07.2846
3   5   佐藤琢磨(R)            1:07.4337
4   37  R.ハンターレイ         1:07.4411
5   9   S.ディクソン           1:07.4711
6   3   H.カストロネベス       1:07.5370
------ Round 2  -----------------------------
7   6   R.ブリスコー           1:07.4687
8   8   EJ.ヴィソ              1:07.4713
9   26  M.アンドレッティ       1:07.5436
10  78  S.デ・シルベストロ(R)  1:07.6190
11  22  J.ウィルソン           1:07.6230
12  06  武藤英紀               1:07.7491
------ Round 1 -----------------------------
13  4   D.ウェルドン           1:08.2415 Group 1
14  77  A.タグリアーニ         1:07.7789 Group 2
15  36  B.バゲット(R)          1:08.3069 Group 1
16  32  M.モラエス             1:07.7821 Group 2
17  27  A.キャロル(R)          1:08.4825 Group 1
18  24  JR.ヒルデブランド      1:07.7943 Group 2
19  2   R.マトス               1:08.5386 Group 1
20  11  T.カナーン             1:07.9321 Group 2
21  19  A.ロイド(R)            1:08.7818 Group 1
22  7   D.パトリック           1:07.9780 Group 2
23  34  F.ドラコーネ(R)        1:11.3968 Group 1
24  14  V.メイラ               1:08.0414 Group 2
25  18  M.デュノー               No Time Group 1
26  02  G.レイホール           1:08.0459 Group 2
27  66  J.ハワード(R)          1:09.5028 Group 2

決勝はパワーがトップをキープ、佐藤が2位に上がりました。
4周目にフランキッティに抜き返されてしまいますが、
ピタリと背後について追いかけます。

23周目、ヴィソとウィルソンが接触して最初のフルコースコーション、
タグリアーニとカナーンを除く22台が一斉にルーティンを開始。
ただしタグリアーニは1周前にピットに入っていたので、
事実上のトップに立ちました。
このルーティンではフランキッティがパワーの前に出ました。
佐藤は給油に時間がかかって11位に後退してしまいます。

28周目にグリーンフラッグ、しかし佐藤がディクソンを抜こうと
汚れた路面から仕掛けると、止まりきれずにコースオフ、
そのままウォールまで突っ込んでしまい、リタイアとなってしまいました。

その後35周目にハワードのスピンで再びコーション、
37周目の3度目のリスタートでようやく安定したレースになります。

55周を越えてくると2度目のルーティンになりました。
ここで再びフランキッティとパワーのトップ争いになりました。

63周目、ルーキーのドラコーネがスピンして4度目のフルコースコーション、
66周目にリスタートになりましたが、68周目に再びドラコーネがスピンして
再度フルコ-スコーションとなりました。

70周目に5度目のリスタート、トップはフランキッティで
1秒以内にパワーが追いかける展開はラストラップまで続きましたが、
最後まで順位は変わらず、フランキッティが優勝!

パワーが0.5秒差で2位で、カストロネベスが3位に入りました。
武藤は2度のピットで順位を下げて18位に終わりました。

<決勝>
1   10  D.フランキッティ       85  1:54:32.2568
2   12  W.パワー               85  +     0.5234
3   3   H.カストロネベス       85  +     4.0883
4   77  A.タグリアーニ         85  +     5.6423
5   9   S.ディクソン           85  +     5.9150
6   6   R.ブリスコー           85  +     6.5100
7   2   R.マトス               85  +     6.7518
8   78  S.デ・シルベストロ(R)  85  +    10.1451
9   26  M.アンドレッティ       85  +    10.9555
10  37  R.ハンターレイ         85  +    13.2344
11  36  B.バゲット(R)          85  +    14.8260
12  32  M.モラエス             85  +    16.0461
13  19  A.ロイド(R)            85  +    16.5570
14  4   D.ウェルドン           85  +    19.3518
15  14  V.メイラ               85  +    20.0782
16  24  JR.ヒルデブランド      85  +    20.2169
17  11  T.カナーン             85  +    25.4286
18  06  武藤英紀               85  +    26.5918
19  27  A.キャロル(R)          85  +    27.3302
20  02  G.レイホール           85  +    27.6341
21  7   D.パトリック           85  +    28.2099
22  34  F.ドラコーネ(R)        82  +     3 Laps
23  18  M.デュノー             81  +     4 Laps
24  66  J.ハワード(R)          38       Contact
25  5   佐藤琢磨(R)            28       Contact
26  8   EJ.ヴィソ              22       Contact
27  22  J.ウィルソン           22       Contact

ドライバーズポイントはフランキッティがパワーとの差を縮めました。
しかし41ポイントも離れているので、簡単に逆転できそうにないですね。

<ドライバーズポイント>
1   -  461P  ウィル・パワー
2   -  420P  ダリオ・フランキッティ
3   -  379P  スコット・ディクソン
4   -  352P  ライアン・ブリスコー
5   △  340P  エリオ・カストロネベス
6   ▼  336P  ライアン・ハンターレイ
7   -  304P  トニー・カナーン
8   △  266P  マルコ・アンドレッティ
9   ▼  262P  ジャスティン・ウィルソン
10  -  259P  ダン・ウェルドン
11  -  245P  ダニカ・パトリック
12  △  229P  ラファエル・マトス
13  △  228P  アレックス・タグリアーニ
14  -  221P  マリオ・モラエス
15  ▼  220P  ヴィットール・メイラ
16  -  203P  EJ.ヴィソ
17  -  187P  アレックス・ロイド(R)
18  △  179P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
19  ▼  179P  武藤英紀
20  △  152P  佐藤琢磨(R)
21  ▼  149P  マリオ・ロマンチーニ(R)
22  △  138P  バートランド・バゲット(R)
23  ▼  137P  グラハム・レイホール
24  -  124P  ミルカ・デュノー
25  -  110P  マイク・コンウェイ
26  -  63P   トーマス・シェクター(R)
27  -  61P   ポール・トレーシー
28  -  53P   サラ・フィッシャー
29  -  35P   ジョン・アンドレッティ
30  -  33P   アナ・ベアトリス(R)
31  △  32P   ジェイ・ハワード(R)
32  △  26P   アダム・キャロル(R)
33  ▼  20P   エド・カーペンター
34  ▼  18P   タウンセンド・ベル
35  ▼  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
36  -  14P   デイビー・ハミルトン(R)
37  △  14P   J.R.ヒルデブランド(R)
38  ▼  13P   ブルーノ・ジュンケイラ
39  △  12P   フランチェスコ・ドラコーネ(R)

第13戦はインフィニオンで、8月20~22日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #230 | トップページ | 日刊サーキット通信 #231 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #230 | トップページ | 日刊サーキット通信 #231 »