2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« FIA GT1 World Championship 2010 Rd.6 | トップページ | オースティン・サーキット »

日刊サーキット通信 #256

第256回はモン・トランブラン・サーキット(カナダ)です。


大きな地図で見る

カナダはケベック州のモン・トランブラン(トレンブラン)にあるサーキット。
以前はセント・ジョバイトとも言ったそうですが、2000年に合併されたようです。

オープンは1964年で、1968、1970年にF1も開催されたことがあり、
2007、2008年にはチャンプカーが開催されたので、
知っている人も多いかも知れませんね。

2000年にWilson Motorsportが一部を改修したコースですが、
手がけたコースの中でも特にユニークな部類に入るでしょう。

全長4.26kmの時計回りで、コーナー数は15と平凡ですけど、
激しいアップダウンや高速S字、つかみ所のないコーナー、
そして南のコーナーはまるでモンツァのパラボリカを思い出させます。

改修区間の2コーナーシケインや最終コーナーも現代らしさがほとんどなく、
どのコーナー、ストレートも素晴らしいです♪

ところで、なぜ今回ここを選んだのか?

それは今日付のこのあとUPする、もう1つの記事に答えがありますよ^^





Circuit Mont-Tremblant
☆☆☆☆☆☆

« FIA GT1 World Championship 2010 Rd.6 | トップページ | オースティン・サーキット »

サーキット通信」カテゴリの記事

コメント

まず、トロワ・リヴィエールで言ってたことは、おそらくここの勘違いです。

ここは元F1コースで、数年前にチャンプカーも開催されました。
改修したことも知りませんでしたが、改修チームもいい仕事をしたようで…オリジナリティが残されている感じに思います。

また、多分の例にもれず、GPL(略)です。ハイ。

P.S.
てっきり新作のサーキットを発表するのかと思いました…。(おぃ)
湖に近い森の中を駆け抜けるのかと。

トロワ、モン・トランブラン、ついでにトロント、このあたりは紛らわしいかも^^;

3つ目のF1動画、昔の映像を観て思ったのが、チェッカーの振り方が凄いことでした☆

今回はカナダのコースにするのは早くから決まっていて、
当初は別のコースに決定するところでしたが、
オースティンのS字や起伏を思い出して最終的にここにしました^^
(オースティンの記事も書けるし、一石二鳥だったわけデス☆)

ここのところブログ以外のことで手一杯でオリジナルコースはそっちのけでした^^;
市街地コースなら来週途中経過を載せられるように頑張ります~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FIA GT1 World Championship 2010 Rd.6 | トップページ | オースティン・サーキット »