2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #258 | トップページ | 日刊サーキット通信 #259 »

モトGP 2010 Rd.12 サンマリノGP

モトGP第12戦はミサノ・サーキットで行われ、
昨夜お伝えしたとおり、モト2クラスでは悲しい結果になりました。

まずはモトGPクラスから。

予選はペドロサはポールを獲得、
2番手にロレンソで、チャンピオン争いをする2人が1列目に並びました。
3番手にストーナー、4番手地元のロッシ、青山は13番手でした。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:33.948
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:34.256
3   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:34.397
4   45  V.ロッシ            ヤマハ      1:34.470
5   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:34.472
6   14  R.ド・プニエ        ホンダ      1:34.751
7   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:34.782
8   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:34.826
9   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:34.934
10  33  M.メランドリ        ホンダ      1:35.018
11  65  L.カピロッシ        スズキ      1:35.096
12  40  H.バルベラ          ドゥカティ  1:35.259
13  7   青山博一            ホンダ      1:35.286
14  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:35.303
15  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  1:35.438
16  19  A.バウティスタ      スズキ      1:35.629
17  36  M.カリオ            ドゥカティ  1:35.724

決勝はペドロサがホールショットを奪うと、
その後は他を寄せ付けずにポール・トゥ・ウィンを決めました!
ペドロサは2連勝、自信初の結果となりました。

2位はロレンソ、3位はロッシ、4位ドビツィオーソ、
5位ストーナー、青山は12意でフィニッシュ。

スタート直後にはカピロッシとヘイデンが接触し、
2人ともリタイアに喫しています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   26  D.ペドロサ          ホンダ      28  44:22.059
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      28  +   1.900
3   45  V.ロッシ            ヤマハ      28  +   3.183
4   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      28  +   6.454
5   27  C.ストーナー        ドゥカティ  28  +  18.479
6   11  B.スピーズ          ヤマハ      28  +  28.385
7   5   C.エドワーズ        ヤマハ      28  +  34.934
8   19  A.バウティスタ      スズキ      28  +  38.157
9   40  H.バルベラ          ドゥカティ  28  +  40.943
10  33  M.メランドリ        ホンダ      28  +  42.377
11  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  28  +  45.906
12  7   青山博一            ホンダ      28  +  46.394
13  14  R.ド・プニエ        ホンダ      28  +  50.481
14  58  M.シモンチェリ      ホンダ      28  +1:23.143
    36  M.カリオ            ドゥカティ  17  + 11 Laps
    69  N.ヘイデン          ドゥカティ   3  + 25 Laps
    65  L.カピロッシ        スズキ       0  + 28 Laps

ライダーズポイントはロレンソとペドロサの差が63ポイントに変わりました。
ロッシが4位に浮上、ドビツィオーソに追いつきそうです。

<ライダーズポイント>
1   -  271P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  208P   ダニ・ペドロサ
3   -  139P   アンドレア・ドビツィオーソ
4   △  130P   バレンティーノ・ロッシ
5   ▼  130P   ケーシー・ストーナー
6   -  120P   ベン・スピーズ
7   -  109P   ニッキー・ヘイデン
8   -  81P    ランディ・ド・プニエ
9   △  67P    マルコ・メランドリ
10  ▼  66P    コーリン・エドワーズ
11  ▼  65P R  マルコ・シモンチェリ
12  -  61P R  ヘクトル・バルベラ
13  △  44P    アレックス・エスパルガロ
14  △  41P R  アルヴァロ・バウティスタ
15  ▼  41P    ロリス・カピロッシ
16  -  31P    ミカ・カリオ
17  -  26P R  青山博一
18  -  11P    アレックス・デ・アンジェリス
19  -  5P     ロジャー・リー・ヘイデン
20  -  4P     秋吉耕佑
21  -  1P     吉川和多留

コンストラクターズ、ホンダが少しずつヤマハとの差を詰め縮めています。
残り5戦で順位は入れ替わるのでしょうか。

<コンストラクターズポイント>
1   -  280P  ヤマハ
2   -  245P  ホンダ
3   -  170P  ドゥカティ
4   -  64P   スズキ

チームポイントは順位に変動ありません。
レプソル・ホンダが2ポイントだけ差を縮めています。

<チームポイント>
1   -  402P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  347P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  239P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  186P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  132P  SAN CARLO HONDA GRESINI
6   -  86P   LCR HONDA MOTOGP
7   -  82P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
8   -  75P   PRAMAC RACING TEAM
9   -  61P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  41P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2クラス、予選はエリアスがポールを獲得、
2番手にレディングで、3番手にシモン、
4番手クルーゼルで、5番手にイアンノーレ。

富沢祥也は8番手、高橋裕紀は13番手、
手島雄介は今回不参加で、山口辰也が参戦し29番手からスタートします。

決勝はクルーゼルが好スタート、エリアスは3位に後退しました。
イアンノーレは2位に上がり2周目にはトップに立ちましたが、
ジャンプスタートでライドスルー・ペナルティを受け3周目にピットに向かいました。

富沢は5位に上がり、2周目には4位へ、
さらに4周目にクルーゼルとレディングを抜いてトップに躍り出ました。
7周目にエリアスとコルシに抜かれ、11周目にシモンにも交わされてしまいます。
高橋は9位まで浮上してきました。

そして12周目に突入した現地時間の12時36分19秒、
10コーナーで富沢は挙動を失い、縁石に乗った時に転倒、
その直後にいたデ・アンジェリスとレディングに接触し、2人もクラッシュ、
デ・アンジェリスは立ち上がって無事でしたが、レディングは負傷、
富沢はすぐにメディカルセンターに運ばれ病院に向かいました。

このクラッシュによって高橋は5位に上がりましたが、
22周目に単独でクラッシュし、残念ながらリタイアとなりました。

26周目のファイナルラップ、首位に立っていたエリアスが
追いかけるシモンから逃げ切ってトップチェッカー、6勝目を上げました!

2位シモン、3位ルティで、ランキング順になりました。
山口は25位で完走を果たしています。

そしてレース終了後、モトGPの決勝が行われていた14時20分、
富沢祥也選手が息を引き取りました。

開幕戦では優勝し、次のレースでも2位、
その後は5位1回、6位2回と苦しいレースが続きますが、
今回は一時トップを走る素晴らしい走りを見せました。

19歳と若く、今後の活躍に期待していただけに残念でなりません。
ご冥福をお祈りします。


125ccではマルケスがシーズン6度目の優勝!
2位にテロル、小山知良は8位でまずまずの結果でした。

次戦は初開催のアラゴンで、9月17~19日に開催されます。

« 日刊サーキット通信 #258 | トップページ | 日刊サーキット通信 #259 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #258 | トップページ | 日刊サーキット通信 #259 »