2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #273 | トップページ | 日刊サーキット通信 #274 »

モトGP 2010 Rd.13 アラゴンGP

モトGP第13戦は代替サーキットのアラゴンで行われました。

当初はハンガリーで開催される予定でしたが、
開催地のバラトン・サーキットの建設が間に合わなかったために
スペインのアルカニスに建設された
モーターランド・アラゴンで開催されることになりました。

アラゴンGPの予選、ストーナーが開幕戦以来のポールを獲得、
ロレンソが2番手でペドロサが3番手のフロントローに並びました。
ロッシは肩の痛みもあって7番手、青山は15番グリッド、
カピロッシは前戦の負傷で欠場します。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:48.942
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:49.251
3   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:49.343
4   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:49.506
5   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:49.565
6   14  R.ド・プニエ        ホンダ      1:49.952
7   45  V.ロッシ            ヤマハ      1:50.017
8   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:50.046
9   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:50.088
10  40  H.バルベラ          ドゥカティ  1:50.323
11  5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:50.440
12  19  A.バウティスタ      スズキ      1:50.523
13  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  1:50.537
14  33  M.メランドリ        ホンダ      1:50.580
15  7   青山博一            ホンダ      1:50.836
16  36  M.カリオ            ドゥカティ  1:51.490

今回の125ccの決勝の前に、前戦亡くなった富沢祥也へ黙祷が捧げられました。
また今回は全ライダーが48のゼッケンをマシンに張って走ります。

そして決勝、ストーナーがホールショットを奪うと、
2位以降を引き離し、独走状態でポール・トゥ・ウィン、
今シーズン初優勝を飾りました!

2位はペドロサ、3位ヘイデン、ロレンソは2位でスタートしましたが、
ラストラップにヘイデンに抜かれて4位でフィニッシュ。

ロッシは6位、青山は13位でチェッカーを受けました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ドゥカティ  23  42:16.530
2   26  D.ペドロサ          ホンダ      23  +   5.148
3   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  23  +   9.496
4   99  J.ロレンソ          ヤマハ      23  +   9.580
5   11  B.スピーズ          ヤマハ      23  +  13.771
6   45  V.ロッシ            ヤマハ      23  +  27.330
7   58  M.シモンチェリ      ホンダ      23  +  28.511
8   19  A.バウティスタ      スズキ      23  +  35.254
9   33  M.メランドリ        ホンダ      23  +  35.393
10  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  23  +  35.467
11  40  H.バルベラ          ドゥカティ  23  +  35.522
12  5   C.エドワーズ        ヤマハ      23  +  45.360
13  7   青山博一            ホンダ      23  +  48.319
14  36  M.カリオ            ドゥカティ  23  +  58.047
    4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      22  +   1 Lap
    14  R.ド・プニエ        ホンダ      15  +  8 Laps

チャンピオンの可能性があるのはロレンソとペドロサに絞られました。
今回7ポイント差が縮まりましたが、56ポイント離れています。

もし日本GPでロレンソが優勝し、ペドロサが10位以下か、
ロレンソ2位でペドロサが14位以下ならチャンピオンが確定します。

<ライダーズポイント>
1   -  284P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  228P   ダニ・ペドロサ
3   △  155P   ケーシー・ストーナー
4   -  140P   バレンティーノ・ロッシ
5   ▼  139P   アンドレア・ドビツィオーソ
6   -  131P   ベン・スピーズ
7   -  125P   ニッキー・ヘイデン
8   -  81P    ランディ・ド・プニエ
9   -  74P    マルコ・メランドリ
10  △  74P R  マルコ・シモンチェリ
11  ▼  70P    コーリン・エドワーズ
12  -  66P R  ヘクトル・バルベラ
13  -  50P    アレックス・エスパルガロ
14  -  49P R  アルヴァロ・バウティスタ
15  -  41P    ロリス・カピロッシ
16  -  33P    ミカ・カリオ
17  -  29P R  青山博一
18  -  11P    アレックス・デ・アンジェリス
19  -  5P     ロジャー・リー・ヘイデン
20  -  4P     秋吉耕佑
21  -  1P     吉川和多留

コンストラクターズは今シーズン初めてドゥカティが25ポイントを獲得、
ヤマハは13ポイント増やすに留まり、
ホンダとの差が28ポイントに変わりました。

<コンストラクターズポイント>
1   -  293P  ヤマハ
2   -  265P  ホンダ
3   -  195P  ドゥカティ
4   -  72P   スズキ

チームポイントは1-2の差が僅かに拡がりました。
チャンピオンの可能性はドゥカティ・マルボロまでありますが、
フィアット・ヤマハとレプソル・ホンダの争いですね。

<チームポイント>
1   -  425P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  367P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  280P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  201P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  148P  SAN CARLO HONDA GRESINI
6   △  90P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
7   ▼  86P   LCR HONDA MOTOGP
8   -  83P   PRAMAC RACING TEAM
9   -  66P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  44P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2クラスはイアンノーレがポールを獲得、
2番手にレディングで3番手にデ・アンジェリスが入りました。

高橋裕紀は26番手、今回から参戦する渡辺一樹は最後尾40番グリッドとなりました。

決勝はイアンノーレが終始リードを守りポール・トゥ・ウィン!
2位はシモン、3位タルマクシ、4位エリアス。
レディングは8位、デ・アンジェリスはリタイア、
高橋は12位、渡辺は25位で完走を果たしています。

125ccではポル・エスパルガロが優勝!
ポイントランクトップのマルケスはポールからスタートしましたが、
1周目にクラッシュしてリタイアに終わりました。
小山知良は6位で完走を果たしています。

今回のグランプリでベストプライベーターに送られる
"ミチェル・メトロ・トロフィ"について、
エリアスが富沢祥也へ投票することを提案、
全員が富沢へ投票して受賞が決定しました。
また、モト2クラスから、ゼッケン48は永久欠番となりました。

次戦は日本GP、ツインリンクもてぎで10月1~3日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #273 | トップページ | 日刊サーキット通信 #274 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #273 | トップページ | 日刊サーキット通信 #274 »