2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #272 | トップページ | 日刊サーキット通信 #273 »

IndyCar 2010 Rd.16 Motegi

インディ第16戦はインディ・ジャパンです☆

Indy201016a

今年のインディ・ジャパンは日曜に開催されました。

日本人ではロジャー安川が今年も参戦しましたが、
松浦孝亮は参戦せず、日本人3人が走ります。

予選は前戦で優勝したカストロネベスがポールを獲得、
チャンピオン争いの2人は共に2列目に並びました。

佐藤は5列目、武藤は9列目、ロジャーは11列目からスタートします。

<予選>
1   3   H.カストロネベス       0:54.1803
2   6   R.ブリスコー           0:54.2873
3   12  W.パワー               0:54.3226
4   10  D.フランキッティ       0:54.4574
5   26  M.アンドレッティ       0:54.6689
6   11  T.カナーン             0:54.7169
7   37  R.ハンターレイ         0:54.8233
8   8   EJ.ヴィソ              0:54.8606
9   4   D.ウェルドン           0:54.9329
10  5   佐藤琢磨(R)            0:54.9423
11  9   S.ディクソン           0:54.9894
12  7   D.パトリック           0:55.0130
13  34  B.バゲット(R)          0:55.0520
14  14  V.メイラ               0:55.2867
15  19  A.ロイド(R)            0:55.3969
16  02  G.レイホール           0:55.4403
17  06  武藤英紀               0:55.4517
18  22  J.ウィルソン           0:55.5956
19  2   R.マトス               0:55.6061
20  32  M.モラエス             0:55.7060
21  36  ロジャー安川           0:55.7524
22  24  P.トレーシー           0:55.9198
23  77  A.タグリアーニ         0:55.9844
24  78  S.デ・シルベストロ(R)  0:56.5403
25  18  M.デュノー             0:56.8439

インディ・ジャパンの決勝はスタート後すぐにバゲットがクラッシュ、
早々にイエローコーションが出るスタートとなりました。

10周目にリスタート、カストロネベスは順調にリードラップを重ね、
ブリスコーとフランキッティが2位争いを続けます。

42周目、ロイドのストールで2度目のコーション、
ここで全車が最初のルーティンを行うと、
カストロネベスのトップは変わらず、
2位ブリスコー、3位フランキッティの順となりました。

68周目にはモラエスのクラッシュで3度目のコーション。
ほぼ全車がルーティンを行いましたが、
マトスと武藤がステイして武藤が2位に浮上しました。
カストロネベスは5位に後退、フランキッティが3位で、
ブリスコーが4位に変わりました。

76周目にリスタートすると武藤は少しずつダウン、
マトスもブリスコーにリードを奪われると、
グリーン中のピットで周回遅れに変わりました。

114周目、トレーシーがウォールにヒット、
コース上はクリーンでしたが、再びコーションになりました。

このコーションでのルーティンで、2位につけていたカストロネベスが
再びトップを取りもどし、ブリスコー、フランキッティに変わりました。

148周目にはロイドが激しくクラッシュ、
最後のルーティンもカストロネベスがトップを守ります。

167周目に5度目のリスタート、
カストロネベスのペースはとても良く、
後続との差を大きく引き離してポール・トゥ・ウィン!
シーズン3勝目、インディ・ジャパン2勝目となる連勝をあげました!

Indy201016b

2位にフランキッティ、3位には一時は10今で順位を下げていたパワーが入り、
チャンピオン獲得に向けて結果を残しました。

佐藤は序盤のスタートとリスタート、ピットでの後退をくり返しましたが、
何度もオーバーテイクを見せて12位でフィニッシュ。

Indy201016c

武藤は一時的に周回遅れに下がったものの同一周回の14位、
ロジャーはペースが上がらず、5周遅れの20位で完走を果たしています。

<決勝>
1   3   H.カストロネベス       200  2:04:04.4780
2   10  D.フランキッティ       200  +     4.5746
3   12  W.パワー               200  +     5.0743
4   6   R.ブリスコー           200  +     6.4825
5   7   D.パトリック           200  +     7.6057
6   9   S.ディクソン           200  +     8.3641
7   11  T.カナーン             200  +     9.4093
8   02  G.レイホール           200  +    11.7163
9   37  R.ハンターレイ         200  +    12.2125
10  4   D.ウェルドン           200  +    12.4720
11  26  M.アンドレッティ       200  +    15.5007
12  5   佐藤琢磨(R)            200  +    16.0693
13  77  A.タグリアーニ         200  +    17.6774
14  06  武藤英紀               200  +    18.2811
15  8   EJ.ヴィソ              200  +    18.7349
16  22  J.ウィルソン           200  +    19.4293
17  14  V.メイラ               200  +    20.1047
18  2   R.マトス               200  +    21.2346
19  18  M.デュノー             197  +     3 Laps
20  36  ロジャー安川           195  +     5 Laps
21  19  A.ロイド(R)            131       Contact
22  24  P.トレーシー           114       Contact
23  78  S.デ・シルベストロ(R)   85    Mechanical
24  32  M.モラエス              66       Contact
25  34  B.バゲット(R)            1       Contact

ドライバーズポイントはパワーとフランキッティの差が12ポイントに変わり、
チャンピオン争いは最終戦に持ち越されました。

パワーはフランキッティを上回れば文句なしのチャンピオン決定、
フランキッティは13ポイント差を付けるか、
優勝してポールポジションとリーダーラップの3ポイントを獲得すると
パワーが2位でもフランキッティがチャンピンとなります。

<ドライバーズポイント>
1   -  587P  ウィル・パワー
2   -  575P  ダリオ・フランキッティ
3   △  501P  エリオ・カストロネベス
4   ▼  497P  スコット・ディクソン
5   -  450P  ライアン・ブリスコー
6   -  426P  ライアン・ハンターレイ
7   -  418P  トニー・カナーン
8   △  366P  ダン・ウェルドン
9   ▼  366P  マルコ・アンドレッティ
10  -  349P  ジャスティン・ウィルソン
11  -  327P  ダニカ・パトリック
12  △  286P  アレックス・タグリアーニ
13  ▼  282P  ヴィットール・メイラ
14  -  277P  ラファエル・マトス
15  -  277P  マリオ・モラエス
16  △  250P  EJ.ヴィソ
17  ▼  248P  アレックス・ロイド(R)
18  -  238P  武藤英紀
19  -  230P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
20  -  215P  グラハム・レイホール
21  △  202P  佐藤琢磨(R)
22  ▼  198P  バートランド・バゲット(R)
23  -  172P  ミルカ・デュノー
24  -  149P  マリオ・ロマンチーニ(R)
25  -  110P  マイク・コンウェイ
26  △  91P   ポール・トレーシー
27  ▼  89P   トーマス・シェクター(R)
28  ▼  80P   サラ・フィッシャー
29  -  73P   エド・カーペンター
30  -  45P   アナ・ベアトリス(R)
31  -  44P   ジェイ・ハワード(R)
32  -  35P   ジョン・アンドレッティ
33  -  26P   デイビー・ハミルトン(R)
34  -  26P   J.R.ヒルデブランド(R)
35  -  26P   アダム・キャロル(R)
36  -  24P   フランチェスコ・ドラコーネ(R)
37  -  18P   タウンセンド・ベル
38  -  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
39  -  13P   ブルーノ・ジュンケイラ
40  △  12P   ロジャー安川

最終戦はホームステッド・マイアミで、10月2日に決勝が行われます。

« 日刊サーキット通信 #272 | トップページ | 日刊サーキット通信 #273 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #272 | トップページ | 日刊サーキット通信 #273 »