2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #259 | トップページ | 日刊サーキット通信 #260 »

IndyCar 2010 Rd.15 Kentucky

インディ第15戦は土曜日にケンタッキーで行われました。

Indy201015

予選ではエド・カーペンターが自信初のポールを獲得、
2003年から参戦して初というのは意外でした。

チャンピオンシップ争いをするパワーは2番手と好位置、
フランキッティは11番手で6列目となりました。

武藤は好調で3列目、しかし佐藤は7列目で伸びませんでした。

<予選>
1   20  E.カーペンター         0:48.8958
2   12  W.パワー               0:48.9192
3   4   D.ウェルドン           0:48.9480
4   9   S.ディクソン           0:48.9857
5   06  武藤英紀               0:49.0214
6   34  B.バゲット(R)          0:49.1087
7   32  M.モラエス             0:49.1335
8   3   H.カストロネベス       0:49.1383
9   6   R.ブリスコー           0:49.1967
10  36  T.シェクター           0:49.1991
11  10  D.フランキッティ       0:49.2120
12  14  V.メイラ               0:49.2343
13  77  A.タグリアーニ         0:49.2443
14  5   佐藤琢磨(R)            0:49.2728
15  26  M.アンドレッティ       0:49.2939
16  22  J.ウィルソン           0:49.3462
17  7   D.パトリック           0:49.3744
18  19  A.ロイド(R)            0:49.5001
19  78  S.デ・シルベストロ(R)  0:49.5621
20  2   R.マトス               0:49.5747
21  67  S.フィッシャー         0:49.6059
22  8   EJ.ヴィソ              0:49.6564
23  24  P.トレーシー           0:49.7317
24  18  M.デュノー             0:49.9478
25  66  G.レイホール           0:50.1781
26  11  T.カナーン             0:50.5428
27  37  R.ハンターレイ           No Time

決勝はなんと1周目に佐藤が単独のスピン、クラッシュ。
チームと本人によると原因不明だそうですけど、
応援する側にとっても辛い結果となりました。

トップ争いはカーペンターとウェルドンの争いに、
最初のルーティンではパワーがリードを奪い、
カーペンターが少し順位を落としてしまいました。

80周目、ブリスコーとメイラの接触でコーションになると、
全車が2度目のルーティンを行いました。

95周目にリスタートすると、ここからはずっとグリーンが続きます。

140周目を過ぎてルーティン作業をしますが、
残り10周を切ったところで続々とピットイン、
直前までトップ争いをしていたウェルドンやフランキッティも
たまらずにピットインをして順位を落としてしまいました。

そのため、2度目のイエローで2度ピットに入り、
その次のルーティンを遅らせたカストロネベスが一気にトップに立ち、
2位に13秒もの差を付けての大逆転!

2位はカーペンター、3位ウェルドン、4位カナーン、5位フランキッティ、
パワーは8位、武藤は17位で完走を果たしています。

<決勝>
1   3   H.カストロネベス       200  1:41:50.0059
2   20  E.カーペンター         200  +    13.1597
3   4   D.ウェルドン           200  +    13.9214
4   11  T.カナーン             200  +    13.9931
5   10  D.フランキッティ       200  +    14.1968
6   26  M.アンドレッティ       200  +    14.5669
7   9   S.ディクソン           200  +    15.1025
8   12  W.パワー               200  +    15.6142
9   7   D.パトリック           200  +    15.8494
10  34  B.バゲット(R)          199  +      1 Lap
11  22  J.ウィルソン           199  +      1 Lap
12  24  A.ベアトリス(R)        199  +      1 Lap
13  19  A.ロイド(R)            199  +      1 Lap
14  36  T.シェクター           199  +      1 Lap
15  77  A.タグリアーニ         199  +      1 Lap
16  2   R.マトス               199  +      1 Lap
17  06  武藤英紀               199  +      1 Lap
18  32  M.モラエス             198  +     2 Laps
19  18  M.デュノー             195  +     5 Laps
20  66  G.レイホール           195  +     5 Laps
21  37  R.ハンターレイ         174    Mechanical
22  67  S.フィッシャー         134    Mechanical
23  14  V.メイラ                79       Contact
24  6   R.ブリスコー            79       Contact
25  78  S.デ・シルベストロ(R)   78       Contact
26  8   EJ.ヴィソ               45    Mechanical
27  5   佐藤琢磨(R)              0       Contact

ドライバーズポイントはフランキッティがさらに差を縮め、
射程圏内の17ポイント差まできました。
しかし次のインディ・ジャパンでチャンピオンが決定するかも知れません。

<ドライバーズポイント>
1   -  552P  ウィル・パワー
2   -  535P  ダリオ・フランキッティ
3   -  469P  スコット・ディクソン
4   △  448P  エリオ・カストロネベス
5   ▼  418P  ライアン・ブリスコー
6   -  404P  ライアン・ハンターレイ
7   -  392P  トニー・カナーン
8   -  347P  マルコ・アンドレッティ
9   △  346P  ダン・ウェルドン
10  ▼  335P  ジャスティン・ウィルソン
11  -  297P  ダニカ・パトリック
12  -  269P  ヴィットール・メイラ
13  -  269P  アレックス・タグリアーニ
14  △  265P  ラファエル・マトス
15  ▼  265P  マリオ・モラエス
16  △  236P  アレックス・ロイド(R)
17  ▼  235P  EJ.ヴィソ
18  -  222P  武藤英紀
19  -  218P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
20  -  191P  グラハム・レイホール
21  △  188P  バートランド・バゲット(R)
22  ▼  184P  佐藤琢磨(R)
23  △  160P  ミルカ・デュノー
24  ▼  149P  マリオ・ロマンチーニ(R)
25  -  110P  マイク・コンウェイ
26  -  89P   トーマス・シェクター(R)
27  -  80P   サラ・フィッシャー
28  -  79P   ポール・トレーシー
29  △  73P   エド・カーペンター
30  ▼  45P   アナ・ベアトリス(R)
31  ▼  44P   ジェイ・ハワード(R)
32  ▼  35P   ジョン・アンドレッティ
33  -  26P   デイビー・ハミルトン(R)
34  -  26P   J.R.ヒルデブランド(R)
35  -  26P   アダム・キャロル(R)
36  -  24P   フランチェスコ・ドラコーネ(R)
37  -  18P   タウンセンド・ベル
38  -  15P   セバスチャン・サーベドラ(R)
39  -  13P   ブルーノ・ジュンケイラ

次戦は9月18~19日、もてぎでのインディ・ジャパンです!

« 日刊サーキット通信 #259 | トップページ | 日刊サーキット通信 #260 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #259 | トップページ | 日刊サーキット通信 #260 »