2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #282 | トップページ | 日刊サーキット通信 #283 »

オリジナル市街地コース 東京2編(後)

オリジナル市街地コース、第35回目は東京都その2(後編)です。

そして制作スタートしてから10ヶ月・・・
場所決定だけで6ヶ月かかり・・・

大きな地図で見る

ようやく決定したのがこのレイアウトです~

Ocircuit_tokyo2

中央の太い道をホームストレートにして、
東側へ進んでいくレイアウトです。

分かりやすいようにカラー版イメージ画像も載せておきますね☆
クリックすると超巨大画像(2324*2037)が表示されるので、
見るならダウンロードをオススメします^^;

Ocircuit_tokyo2csmall
※白はスタンド、赤はタイヤ(クッション)ウォール、茶色は遊歩道
 全ての道は描いてません、北側の建物等は一切描いていません

およそ730mの直線からシケインへ、
アルバートパークの1コーナーに似ていると思います。
シケインは3コーナーのランオフエリアを広く確保できないためで、
3、4コーナーが低速になりました。

少し上って5コーナー、少し長めのストレートから、
加速の重要な難しい右の6コーナー。
さらに少し上り、立体交差の上を通って7、8コーナー、
ここもオーバーテイクが可能なコーナーになると思います。

連続の9コーナーははみ出しやすいポイントで要注意、
230Rある右の11コーナーを進み、モナコのようなシケインへ、
12コーナー直前から下っていることもあって、
ここでもコースオフしやすいでしょう。

13コーナー前後ではスタンドに囲まれた区間、
ヘアピンを立ち上がると、最も長いストレートを加速していきます。

およそ890mの直線から14コーナーでのフルブレーキ、
ここが最大のオーバーテイクポイントですね^^

少し上りの15コーナーを過ぎ、直角の16コーナー、
中速の17コーナー、最終ランオフなしの下り18コーナーを曲がれば
ホームストレートへと戻ります。

起伏分を含めない全長は5,489.53m、幅員は13.5~18m、
ここをF1だと56周になり、307,413.68mのナイトレースを行います。

注目ポイントは全て^^;ですけど、
どのコーナーにも面白さのある、意味のあるレイアウトにしています。

例えば13コーナー付近の2本の直線、
ここは周辺に比べて下がっているので、
すぐ脇に、その起伏に合わせる形でスタンドが作られています。

コースイン側と5~6コーナーの北側には遊歩道があり、
コース外側では植物や木々が拡がっています。
遊歩道から7コーナーのスタンドまで行くことも出来、
その途中には14、15コーナーを見渡せるエリアもあります。

1つ目の画像の8の文字があるエリアは未定ですが、
ビルなどの建設が可能、11コーナーの内側は、
実際に行われる予定だったモトクロスのコースや
ダートコースの建設か、あるいはコース北側に建設し、
円形区間に芝生のコンサート会場or芝生の広場になります。
(南側がダートなら北側がコンサート会場or芝生の広場)

この場所は空港に近いこと、首都圏に近く、
すぐ北に開通する予定の道もあるので、
交通の便も非常によい場所です。
レイアウトも今回ばかりは自画自賛しちゃいます☆

ただ問題点は、建設費と環境面での障害。

建設費はともかく、環境に関しては"ゴミの山"なので劣悪です。
もっと北にある築地市場の移転地でさえ問題となっているのに、
常にヒドイ環境のこの場所でクリアするには
まだまだ当分先の話になるでしょう^^;

その環境を整えて、建設が進めば、
非常に素晴らしいF1のレースが東京で見られると思います♪


というわけで2つ目の東京でした~

オマケ、平面画像を斜めから見たようにしただけの画像で、
多くの灯りは描きませんでしたが、
イメージとしてはこんな感じかも知れませんね☆

Ocircuit_tokyo2night

次回は北関東、今までのレベルに戻ります^^;

« 日刊サーキット通信 #282 | トップページ | 日刊サーキット通信 #283 »

サーキット・オリジナル市街地」カテゴリの記事

コメント

やっぱり玉手箱だ。ゴミの山からコースを創造するなんて考えられません。(汗)
考え方が1歩ぐらい先に進んでますねー。

コースは、立体交差のおかげでコンパクトに収まってますね。
テクニカルな部分もありますが、どちらかというとストップ&ゴーでしょうか。

…交通の便が将来的に良くなることだけが、唯一の救いかもしれませんね。

今回は自画自賛する程の納得の出来ですけど、
他の人からどう感じられたか不安です^^;

記事ではゴミの山だから難しいと書きましたが、
オリンピックが開催予定だったのだから不可能ではないと思っていて、
整備のことを考えると五輪開催予定頃・・・2016年以降を想定しています~

レイアウトと難易度はシンガポールとバレンシア市街地の中間あたりで、コースありきのアブダビのような作り方。
市街地らしいカクカクなコーナーがほとんどですけど、
ティルケ事務所のレイアウト並みになったと思います☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #282 | トップページ | 日刊サーキット通信 #283 »