2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #301 | トップページ | 日刊サーキット通信 #302 »

F-Nippon 2010 第6戦 オートポリス

フォーミュラ・ニッポン第6戦はオートポリスで行われました。

予選は混乱が起きました。
Q3でロッテラーがタイムを記録した次の周にスピンしてマシンをストップ、
コース上に止まってしまいレッドフラッグが振られてしまいました。

開始5分を過ぎていたので延長されずに3台がアタックできず、
ロッテラーは1:30.879でトップタイムを記録しましたが、
抗議を受けてタイムが抹消、大嶋のポール獲得という結果になりました。

ロッテラーを含むノータイム4人はQ2の順位が採用、
ロッテラー、オリベイラ、伊沢、山本の順となりました。

<予選>
--------------- Q 3 -------------------------------
1   37  大嶋和也            T  1:31.733  1:31.248  1:31.973
2   20  平手晃平            T  1:31.492  1:31.115  1:35.235
3   8   石浦宏明            T  1:31.235  1:31.153  1:40.871
4   1   L.デュバル          H  1:31.058  1:30.582  1:41.883
5   36  A.ロッテラー        T  1:31.182  1:30.997   No Time
6   19  J.P.デ・オリベイラ  T  1:31.053  1:31.087   No Time
7   2   伊沢拓也            H  1:31.928  1:31.379   No Time
8   31  山本尚貴            H  1:32.282  1:31.434   No Time
--------------- Q 2 -------------------------------
9   32  小暮卓史            H  1:31.912  1:31.568
10  10  塚越広大            H  1:32.085  1:31.695
11  7   K.コッツォリーノ    T  1:31.720  1:31.726
12  18  平中克幸            T  1:32.429  1:32.051
--------------- Q 1 -------------------------------
13  16  井出有治            H  1:32.482
14  29  井口卓人            T  1:33.107
15  3   松田次生            T  1:33.280

決勝では多重クラッシュが起き、4台が消えるスタートとなりましたが、
そのクラッシュによるセーフティカーの間にピットに入った
ロッテラーの作戦が成功して今シーズン初優勝を決めました!

2位はロッテラーと同じ1周目にピットに入ったオリベイラ、
3位は石浦、4位コッツォリーノ、5位山本。
ポイントリーダーの小暮はマシントラブルでリタイアに終わり、
完走8台の荒れたレースとなりました。

<決勝>
1   36  A.ロッテラー        T  50  1:26:07.759
2   19  J.P.デ・オリベイラ  T  50  +     1.498
3   8   石浦宏明            T  50  +    14.298
4   7   K.コッツォリーノ    T  50  +    30.372
5   31  山本尚貴            H  50  +    55.083
6   29  井口卓人            T  50  +  1:06.729
7   18  平中克幸            T  50  +  1:15.418
8   20  平手晃平            T  50  +  1:15.682
    32  小暮卓史            H  27  +   23 Laps
    3   松田次生            T  17  +   33 Laps
    37  大嶋和也            T   0  +   50 Laps
    1   L.デュバル          H   0  +   50 Laps
    2   伊沢拓也            H   0  +   50 Laps
    16  井出有治            H   0  +   50 Laps
    10  塚越広大            H             失格

ドライバーズポイントは再びオリベイラがトップ、
ロッテラーも同ポイントで2位に浮上しました。
小暮はノーポイントでチャンピオン獲得が難しくなりました。

<ドライバーズポイント>
1   △  36P  ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
2   △  36P  アンドレ・ロッテラー
3   ▼  31P  小暮卓史
4   ▼  28P  ロイック・デュバル
5   -  24P  平手晃平
6   -  21P  大嶋和也
7   -  17P  山本尚貴
8   △  15P  石浦宏明
9   ▼  9P   塚越広大
10  △  8P   ケイ・コッツォリーノ
11  ▼  7P   伊沢拓也
12  ▼  4P   平中克幸
13  △  3P   井口卓人
14  ▼  1P   松田次生

最終戦は鈴鹿で、11月6~7日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #301 | トップページ | 日刊サーキット通信 #302 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #301 | トップページ | 日刊サーキット通信 #302 »