2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #286 | トップページ | 日刊サーキット通信 #287 »

モトGP 2010 Rd.14 日本GP

モトGP第14戦はツインリンクもてぎでの日本GPです!

アイスランドの火山によってシーズン後半に移動した日本GP、
もてぎでは富沢選手の献花台が設置され、
決勝前には家族へ、永久欠番となったゼッケン48や、
ミチェル・メトロ・トロフィの授与などのイベントも行われました。

モトGPの予選はドビツィオーソがポールを獲得、
ロッシが2番手でストーナーが3番手、ロレンソは2列目の4番手。
ペドロサはフリー走行で激しくクラッシュし、
左鎖骨を骨折して出走出来ませんでした。

復帰したカピロッシは10番手、青山は14番手でした。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:47.001
2   45  V.ロッシ            ヤマハ      1:47.055
3   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:47.105
4   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:47.206
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:47.464
6   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:47.648
7   14  R.ド・プニエ        ホンダ      1:47.752
8   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:47.914
9   19  A.バウティスタ      スズキ      1:48.002
10  65  L.カピロッシ        スズキ      1:48.068
11  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:48.182
12  33  M.メランドリ        ホンダ      1:48.238
13  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  1:48.371
14  7   青山博一            ホンダ      1:48.396
15  40  H.バルベラ          ドゥカティ  1:48.535
16  36  M.カリオ            ドゥカティ  1:49.480
    26  D.ペドロサ          ホンダ       No Time

決勝はストーナーが好スタートを切ってトップに立ちましたが、
ドビツィオーソがピタリと付いていきます。

しかし後半徐々に差が開いていくと、
ストーナーの独走となって、2連勝を決めました!

2位はドビツィオーソ、3位は激しい争いとなり、
幾度かの接触もありながら最後は前に出たロッシが表彰台を獲得、
何度も前に出ては抜き返されたロレンソが4位、

青山は最後まで攻め続けて10位でフィニッシュしました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ドゥカティ  24  43:12.266
2   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      24  +   3.868
3   45  V.ロッシ            ヤマハ      24  +   5.707
4   99  J.ロレンソ          ヤマハ      24  +   6.221
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      24  +  27.092
6   58  M.シモンチェリ      ホンダ      24  +  30.021
7   19  A.バウティスタ      スズキ      24  +  31.826
8   11  B.スピーズ          ヤマハ      24  +  35.572
9   14  R.ド・プニエ        ホンダ      24  +  47.564
10  7   青山博一            ホンダ      24  +  49.598
11  33  M.メランドリ        ホンダ      24  +  49.999
12  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  24  +  50.703
13  40  H.バルベラ          ドゥカティ  24  +  51.422
14  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  24  +  52.843
15  36  M.カリオ            ドゥカティ  24  +1:14.668
    65  L.カピロッシ        スズキ      21  +  3 Laps

ライラーズポイントは依然ペドロサにもチャンスはありますが、
ノーポイントだったことで69ポイント差に拡がり、
骨折のこともあるので、もはや可能性はほとんど無いでしょう。
次戦の結果次第でロレンソのチャンピオンが決定します。

<ライダーズポイント>
1   -  297P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  228P   ダニ・ペドロサ
3   -  180P   ケーシー・ストーナー
4   △  159P   アンドレア・ドビツィオーソ
5   ▼  156P   バレンティーノ・ロッシ
6   -  139P   ベン・スピーズ
7   -  129P   ニッキー・ヘイデン
8   -  88P    ランディ・ド・プニエ
9   △  84P R  マルコ・シモンチェリ
10  △  81P    コーリン・エドワーズ
11  ▼  79P    マルコ・メランドリ
12  -  69P R  ヘクトル・バルベラ
13  △  58P R  アルヴァロ・バウティスタ
14  ▼  52P    アレックス・エスパルガロ
15  -  41P    ロリス・カピロッシ
16  △  35P R  青山博一
17  ▼  34P    ミカ・カリオ
18  -  11P    アレックス・デ・アンジェリス
19  -  5P     ロジャー・リー・ヘイデン
20  -  4P     秋吉耕佑
21  -  1P     吉川和多留

コンストラクターズは今回もヤマハとホンダの差が縮まりました。
もしかしたら逆転の可能性もありそうです。

<コンストラクターズポイント>
1   -  309P  ヤマハ
2   -  285P  ホンダ
3   -  220P  ドゥカティ
4   -  81P   スズキ

チームポイントはフィアット・ヤマハが差を拡げています。
レプソル・ホンダがどこまで迫れるかですね。

<チームポイント>
1   -  454P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  387P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  309P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  220P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  163P  SAN CARLO HONDA GRESINI
6   -  99P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
7   -  93P   LCR HONDA MOTOGP
8   -  86P   PRAMAC RACING TEAM
9   -  69P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  50P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2クラスはシモンがポールを獲得、
続いてレディング、3番手に高橋裕紀が入りました。
ポイントリーダーのエリアスは4番手、
手島雄介は25番手、渡辺一樹は30番手。
ワイルドカード参戦の國川浩道は40番手、
高橋江紀は41番手からのスタートとなりました。

決勝は高橋裕紀がホールショットを奪いましたが、
すぐにエリアスにリードを奪われると少しずつ後退、
トップに立ったエリアスは、2位を走るデ・アンジェリスを抑えきって優勝!
エリアスはポイントランクでも独走状態を築いています。

高橋裕紀は6位、渡辺は25位、高橋江紀は34位で完走、
手島と國川は転倒リタイアに終わりました。


125ccではマルケスが今季7勝目をポール・トゥ・ウィンで決め、
選手権争いでもテロルに6ポイント差まで迫りました。

小山知良は予選5番手からスタートしましたが、
残り3周で転倒して22位で何とか完走。
その他ワイルドカード参戦を果たした日本人は
大久保光が16位、山本剛大が17位、森俊也が20位、篠崎佐助が21位、
矢作雄馬が24位で、全員が完走しています。


次戦は今週末に、マレーシアのセパンで行われます。

« 日刊サーキット通信 #286 | トップページ | 日刊サーキット通信 #287 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #286 | トップページ | 日刊サーキット通信 #287 »