2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #293 | トップページ | 日刊サーキット通信 #294 »

モトGP 2010 Rd.15 マレーシアGP

モトGP第15戦はセパンで行われました。

アジア&オセアニア3連戦の2戦目はマレーシア、
前のもてぎで負傷したペドロサは欠場となり、
ロレンソのチャンピオン獲得は目前となりました。

予選はそのロレンソがポールを獲得、
ヘイデン、ドビツィオーソ、スピーズ、ストーナーと続き、
ロッシは2列目6番手、青山は15番手につけました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ      2:01.537
2   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  2:01.637
3   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      2:01.829
4   11  B.スピーズ          ヤマハ      2:01.993
5   27  C.ストーナー        ドゥカティ  2:02.023
6   45  V.ロッシ            ヤマハ      2:02.030
7   5   C.エドワーズ        ヤマハ      2:02.097
8   19  A.バウティスタ      スズキ      2:02.394
9   65  L.カピロッシ        スズキ      2:02.522
10  33  M.メランドリ        ホンダ      2:02.624
11  58  M.シモンチェリ      ホンダ      2:02.690
12  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  2:02.723
13  14  R.ド・プニエ        ホンダ      2:02.775
14  7   青山博一            ホンダ      2:02.778
15  40  H.バルベラ          ドゥカティ  2:02.928
16  36  M.カリオ            ドゥカティ  2:04.167

決勝はドビツィオーソがホールショットを奪いますが、
すぐにロレンソが首位に立ちます。
2列目スタートのストーナーは1周目で転倒、
総合3位のポイント争いをしている中で、痛いリタイアとなりました。

ロッシはスタートで9位まで後退しましたが、
素晴らしい走りで順位を上げていき、
2周目に6位、3周目に4位、4周目に3位に浮上し、
2秒以上開いた前との差を縮めていきます。

トップ争いはロレンソとドビツィオーソ、
1秒未満の争いが続き、9周目にドビツィオーソが前に出ると、
翌周にはロッシがロレンソを9コーナーでオーバーテイク、
さらにロッシは11周目に同じコーナーでドビツィオーソを抜き、
トップに躍り出ます。

しかし差を拡げられず、1度は順位が入れ替わる接戦が続きましたが、
ドビツィオーソを抑えきって、開幕戦以来の優勝を決めました!

2位は0.2秒差でドビツィオーソ、3位はロレンソが入り、
ロレンソのワールドチャンピオンが決定しました!!

青山はシモンチェリとの7つ順位を上げて7位でフィニッシュしています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   45  V.ロッシ            ヤマハ      20  41:03.448
2   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      20  +   0.224
3   99  J.ロレンソ          ヤマハ      20  +   6.035
4   11  B.スピーズ          ヤマハ      20  +  13.676
5   19  A.バウティスタ      スズキ      20  +  15.402
6   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  20  +  18.826
7   7   青山博一            ホンダ      20  +  20.218
8   58  M.シモンチェリ      ホンダ      20  +  23.574
9   33  M.メランドリ        ホンダ      20  +  23.964
10  14  R.ド・プニエ        ホンダ      20  +  31.850
11  40  H.バルベラ          ドゥカティ  20  +  38.579
12  36  M.カリオ            ドゥカティ  20  +  38.849
    5   C.エドワーズ        ヤマハ      14  +  6 Laps
    41  A.エスパルガロ      ドゥカティ   6  + 14 Laps
    65  L.カピロッシ        スズキ       4  + 16 Laps
    27  C.ストーナー        ドゥカティ   0  + 20 Laps

ライラーズポイントはロレンソのチャンピオンが決定、
ペドロサは次戦復帰する模様で、2位を維持しそうです。
3位争いが非常に接近しています。

<ライダーズポイント>
1   -  313P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  228P   ダニ・ペドロサ
3   △  181P   バレンティーノ・ロッシ
4   ▼  180P   ケーシー・ストーナー
5   ▼  179P   アンドレア・ドビツィオーソ
6   -  152P   ベン・スピーズ
7   -  139P   ニッキー・ヘイデン
8   -  94P    ランディ・ド・プニエ
9   -  92P R  マルコ・シモンチェリ
10  △  86P    マルコ・メランドリ
11  ▼  81P    コーリン・エドワーズ
12  -  74P R  ヘクトル・バルベラ
13  -  69P R  アルヴァロ・バウティスタ
14  -  52P    アレックス・エスパルガロ
15  △  44P R  青山博一
16  ▼  41P    ロリス・カピロッシ
17  -  38P    ミカ・カリオ
18  -  11P    アレックス・デ・アンジェリス
19  -  5P     ロジャー・リー・ヘイデン
20  -  4P     秋吉耕佑
21  -  1P     吉川和多留

コンストラクターズはヤマハがチェコGP以来の25P獲得、
最終戦を待たずにチャンピンが決定しそうです。

<コンストラクターズポイント>
1   -  334P  ヤマハ
2   -  305P  ホンダ
3   -  230P  ドゥカティ
4   -  92P   スズキ

チームポイントはフィアット・ヤマハが41ポイントを獲得、
次戦にレプソル・ホンダが1-2フィニッシュ(45P)しても、
フィアット・ヤマハが3ポイント取ればチャンピオン決定します。

<チームポイント>
1   -  495P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  407P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  319P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  233P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  178P  SAN CARLO HONDA GRESINI
6   -  110P  RIZLA SUZUKI MOTOGP
7   -  99P   LCR HONDA MOTOGP
8   -  90P   PRAMAC RACING TEAM
9   -  74P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  59P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2クラスはシモンが前戦に続いてポールを獲得、
2番手にデ・アンジェリス、3番手にルティ、
高橋裕紀は18番手と振るわず、渡辺一樹は32番手、
國川浩道は38番手からスタートします。

決勝はエリアスが1周目にトップに立ちましたが、
3周目にルティが上がってきます。
5周目にイアンノーレが首位に立ち、リードを守っていきましたが、
12周目に5番手スタートのロルフォがトップに立つと、
2位に上がったデ・アンジェリスとの激しい争いを制し、
ロルフォが2004年以来となる通算4勝目、モト2での初優勝を決めました!

2位はデ・アンジェリス、ロルフォとの差は0.02秒差でした。
3位イアンノーレ、4位エリアスが入り、
エリアスがモト2の初代チャンピオンに輝きました!

高橋はリタイア、渡辺は25位、國川は28位でした。

125ccではマルケスが今季8勝目をポール・トゥ・ウィンで決め、
選手権争いでついにテロルを抜いて首位に立ちました。
小山知良は9位で完走を果たしています。

次戦は今週末に、フィリップアイランドで行われます。

« 日刊サーキット通信 #293 | トップページ | 日刊サーキット通信 #294 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #293 | トップページ | 日刊サーキット通信 #294 »