2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #287 | トップページ | 日刊サーキット通信 #288 »

IndyCar 2010 Rd.17 Homestead-Miami

インディ最終戦はホームステッド・マイアミ。
ここでパワーかフランキッティのどちらかがチャンピオンに輝きます。

Indy201017a

今年も最終戦の舞台はホームステッドです。

予選はフランキッティがポールを獲得、
ディクソンが2番手で、パワーは3番手に入りました。
佐藤は4列目、武藤は後方13列目からのスタートとなりました。

予選終了時点でポールを獲得したフランキッティに1ポイントが入り、
パワー587、フランキッティ576ポイントで、11ポイント差に変わりました。

<予選>
1   10  D.フランキッティ       0:50.1532
2   9   S.ディクソン           0:50.2188
3   12  W.パワー               0:50.2964
4   6   R.ブリスコー           0:50.3963
5   4   D.ウェルドン           0:50.4499
6   22  J.ウィルソン           0:50.5221
7   20  E.カーペンター         0:50.5665
8   11  T.カナーン             0:50.5790
9   5   佐藤琢磨(R)            0:50.5879
10  3   H.カストロネベス       0:50.6155
11  7   D.パトリック           0:50.6699
12  8   EJ.ヴィソ              0:50.6903
13  32  M.モラエス             0:50.7352
14  34  B.バゲット(R)          0:50.7360
15  24  A.ベアトリス(R)        0:50.7416
16  26  M.アンドレッティ       0:50.7456
17  67  S.フィッシャー         0:50.7521
18  02  G.レイホール           0:50.7623
19  77  A.タグリアーニ         0:50.7885
20  37  R.ハンターレイ         0:50.9071
21  14  V.メイラ               0:50.9101
22  19  A.ロイド(R)            0:51.0496
23  2   R.マトス               0:51.0820
24  36  S.サーベドラ(R)        0:51.0827
25  78  S.デ・シルベストロ(R)  0:51.1613
26  06  武藤英紀               0:51.2611
27  18  M.デュノー             0:51.4135

最終戦の決勝はフランキッティがリードする展開でスタート、
ディクソンやカナーンがフランキッティをサポートするような形で
順調にフランキッティがリードラップを築いていきます。
パワーは3位でスタートしましたが、徐々に後退し9位まで落ちます。

36周目にモラエスのストールで最初のコーション、
このイエローで全車がルーティンを行い、
フランキッティがトップをキープ、2位にブリスコーが上がり、
パワーは7位に回復しました。

42周目に再開しましたが、45周目に再びコーション、
マシントラブルによってベアトリスがクラッシュしてしまいました。

51周目にリスタートすると、ブリスコーが激しく攻めて、
コントロール通過時点で僅かに前に出るサイドバイサイドの状態が続き、
フランキッティはリードラップを取り逃し始めます。

しかしディクソンがフランキッティを抜くと、
ブリスコーも抜いてトップに立ち、さらにカナーンも上がってきました。

68周目、ディクソン、カナーン、フランキッティの順となり、
再びディクソンとカナーンはフランキッティに譲る形で順位を下げ、
73周目に再びフランキッティがリードします。

その後イエローが出ず、95周目あたりからグリーンでのルーティンが行われ、
各チームが大きなミス無く、フランキッティは最多リードラップが確定、
これで優勝すればチャンピオンとなりました。

4位を走行するパワーはとにかくフランキッティの優勝を阻止しなければならず、
徐々にプレッシャーがかかる中、135周目にウォールに接触してしまいました。

Indy201017b

ピットに戻って来れましたが、右後輪のサスペンションにダメージを負い、
残念ながらここでリタイア、チャンピオン獲得に絶望的な状態となりました。

Indy201017c

Indy201017d

このコーションで137周目に最後のルーティンワークを行いましたが、
グリーン下で約50周の燃費とされているので、
151周目にリスタートされると、フランキッティは燃費走行に切り替え、
少しずつ順位は後退していきます。

166周目にデブリで4度目のコーション、
176周目にはデュノーのクラッシュで5度目のコーションとなりました。

181周目に最後のリスタート、
ディクソンがトップを走行し、2位以下との差を拡げていきます。
残り周回数が少なくなってくるとダニカがカナーンに迫り
激しいサイドバイサイドが繰り広げられます。

そしてラストラップ、ディクソンがトップチェッカーを受けて
今シーズン3勝目を決めました!!

2位にはフィニッシュ直前で上回ったダニカが入り、
3位に1/100秒差でカナーン、4位はブリスコー、5位カストロネベス。

Indy201017e

フランキッティは8位でフィニッシュして、
2年連続でインディカーシリーズのチャンピオンに輝きました!

Indy201017f

パワーは25位で逆転負け、佐藤はセッティングが決まらず18位、
武藤も思うような走りが出来なかったようで20位でシーズンを終えました。

<決勝>
1   9   S.ディクソン           200  1:52:08.5580
2   7   D.パトリック           200  +     2.7587
3   11  T.カナーン             200  +     2.7698
4   6   R.ブリスコー           200  +     3.7827
5   3   H.カストロネベス       200  +     5.3324
6   14  V.メイラ               200  +     7.2126
7   26  M.アンドレッティ       200  +     8.3637
8   10  D.フランキッティ       200  +    11.1401
9   4   D.ウェルドン           200  +    22.2521
10  02  G.レイホール           199  +      1 Lap
11  37  R.ハンターレイ         199  +      1 Lap
12  19  A.ロイド(R)            199  +      1 Lap
13  20  E.カーペンター         199  +      1 Lap
14  77  A.タグリアーニ         199  +      1 Lap
15  34  B.バゲット(R)          199  +      1 Lap
16  36  S.サーベドラ(R)        199  +      1 Lap
17  2   R.マトス               199  +      1 Lap
18  5   佐藤琢磨(R)            199  +      1 Lap
19  8   EJ.ヴィソ              198  +     2 Laps
20  06  武藤英紀               198  +     2 Laps
21  22  J.ウィルソン           198  +     2 Laps
22  67  S.フィッシャー         197  +     3 Laps
23  78  S.デ・シルベストロ(R)  197  +     3 Laps
24  18  M.デュノー             170  +    30 Laps
25  12  W.パワー               143  +    57 Laps
26  24  A.ベアトリス(R)         42  +   158 Laps
27  32  M.モラエス              25  +   175 Laps

ドライバーズポイントの最終結果です。
フランキッティが602ポイントでチャンピオン獲得、
パワーはロードではダントツでしたが、
オーバルではあまり1勝も出来ませんでした。

3位にディクソン、4位カストロネベス、5位ブリスコー、
武藤英紀が18位、佐藤琢磨は21位。
女性ドライバーではパトリックが10位、シルベストロが19位、
デュノーが23位、フィッシャーが26位、ベアトリスが30位。

ルーキーではアレックス・ロイドが16位でトップでした。

Indy201017g

<ドライバーズポイント>
1   △  602P  ダリオ・フランキッティ
2   ▼  597P  ウィル・パワー
3   △  547P  スコット・ディクソン
4   ▼  531P  エリオ・カストロネベス
5   -  482P  ライアン・ブリスコー
6   △  453P  トニー・カナーン
7   ▼  445P  ライアン・ハンターレイ
8   △  392P  マルコ・アンドレッティ
9   ▼  388P  ダン・ウェルドン
10  △  367P  ダニカ・パトリック
11  ▼  361P  ジャスティン・ウィルソン
12  △  310P  ヴィットール・メイラ
13  ▼  302P  アレックス・タグリアーニ
14  -  290P  ラファエル・マトス
15  -  287P  マリオ・モラエス
16  △  266P  アレックス・ロイド(R)
17  ▼  262P  EJ.ヴィソ
18  -  250P  武藤英紀
19  -  242P  シモーナ・デ・シルベストロ(R)
20  -  235P  グラハム・レイホール
21  -  214P  佐藤琢磨(R)
22  -  213P  バートランド・バゲット(R)
23  -  184P  ミルカ・デュノー
24  -  149P  マリオ・ロマンチーニ(R)
25  -  110P  マイク・コンウェイ
26  △  92P   サラ・フィッシャー
27  ▼  91P   ポール・トレーシー
28  △  90P   エド・カーペンター
29  ▼  89P   トーマス・シェクター(R)
30  -  55P   アナ・ベアトリス(R)
31  -  44P   ジェイ・ハワード(R)
32  -  35P   ジョン・アンドレッティ
33  △  29P   セバスチャン・サーベドラ(R)
34  ▼  26P   デイビー・ハミルトン(R)
35  ▼  26P   J.R.ヒルデブランド(R)
36  ▼  26P   アダム・キャロル(R)
37  ▼  24P   フランチェスコ・ドラコーネ(R)
38  ▼  18P   タウンセンド・ベル
39  -  13P   ブルーノ・ジュンケイラ
40  -  12P   ロジャー安川
41  -  0P    A.J.フォイト4世

さて、来年の暫定カレンダーも載せておこうと思います。
ロードコースは3、空港&市街地が6、オーバルが7、
最終戦は未定となっています。

市街地では新たにボルティモアが加わりました。
オーバルではミルウォーキーが復活し、
ニューハンプシャーが加わりましたが、
ホームステッドが脱落、カンザスとシカゴランドも外れています。

ロードコースはワトキンス・グレンが無くなったのが残念です。
インディ・ジャパンは9月18日(日)の予定となっています。

Rd.1   27/Mar  [S]セント・ピータースバーグ
Rd.2   10/Apr  [R]バーミンガム
Rd.3   17/Apr  [S]ロングビーチ
Rd.4   01/May  [S]サンパウロ
Rd.5   29/May  [O]インディアナポリス
Rd.6   11/Jun  [O]テキサス
Rd.7   19/Jun  [O]ミルウォーキー・マイル
Rd.8   25/Jun  [O]アイオア
Rd.9   10/Jul  [S]トロント
Rd.10  24/Jul  [S]エドモントン
Rd.11  07/Aug  [R]ミッド・オハイオ
Rd.12  14/Aug  [O]ニューハンプシャー
Rd.13  28/Aug  [R]インフィニオン
Rd.14  04/Sep  [S]ボルティモア
Rd.15  18/Sep  [O]ツインリンクもてぎ
Rd.16  02/Oct  [O]ケンタッキー
Rd.17  16/Oct  [-]TBA
O=Oval S=Street R=Road

来年の日本人の参戦は分かりませんが、
今年と同じく武藤選手、佐藤選手が参戦して欲しいですね^^
佐藤はF1より合っている気がするので、
インディで勝利を目指して欲しいです。

来年はセント・ピータースバーグで、3月25~27日に開幕します!

« 日刊サーキット通信 #287 | トップページ | 日刊サーキット通信 #288 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #287 | トップページ | 日刊サーキット通信 #288 »