2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #309 | トップページ | 日刊サーキット通信 #310 »

V8 Supercars Australia Rd.10 バサースト1000

かなり遅くなりました・・・その変わり記事は画像タップリにしました☆
V8スーパーカーズ第10戦はバサースト1000です!

V8_2010_10a

ブログでは何度も紹介しているので今更説明の必要ないですよね^^
峠のようなマウントパノラマのサーキットで行われる1000kmのレースです。

国内では鈴鹿1000kmもありますが、鈴鹿はランオフエリアがあるロードコース、
バサーストは多くのコーナーでウォールが迫っていて、
しかもハイスピード区間が長いために、鈴鹿よりも大変かも知れません。

今回はフィリップアイランドに続いて2ドライバーで戦います。
スカイフェが戻ってきたり、富士通シリーズのオーウェン、
海外のドライバーではアラン・シモンセン、ライアン・ブリスコー、
ジャック・ブラバムの息子のデビッド・ブラバムが参戦しました。

予選はJ.ブライトがトップタイム、僅差でラーンズが2番手、
トップ10には概ね上位勢が入りました。

<予選>
1   14  Jason Bright                         H  2:07.0002
2   888 Craig Lowndes                        H  2:07.0069
3   1   Jamie Whincup                        H  2:07.3663
4   5   Mark Winterbottom                    F  2:07.4526
5   33  Lee Holdsworth                       H  2:07.4687
6   18  James Courtney                       F  2:04.7278
7   22  Will Davison                         H  2:07.7375
8   2   Garth Tander                         H  2:07.7899
9   51  Greg Murphy                          H  2:07.8646
10  55  Paul Dumbrell                        F  2:07.8717
11  17  Steven Johnson                       F  2:07.9635
12  15  Rick Kelly                           H  2:08.0556
13  9   Shane van Gisbergen                  F  2:08.0656
14  6   Steven Richards                      F  2:08.1161
15  34  Michael Caruso                       H  2:08.2907
16  39  Russell Ingall                       H  2:08.3541
17  19  Jonathan Webb                        F  2:08.3753
18  4   Alex Davison                         F  2:08.4052
19  11  Jason Bargwanna                      H  2:08.4550
20  3   Tony D'Alberto                       H  2:08.5508
21  24  Fabian Coulthard                     H  2:08.6359
12  21  Karl Reindler                        H  2:08.8156
23  12  Dean Fiore                           F  2:08.8886
24  10  Andrew Thompson                      H  2:09.0272
25  47  Tim Slade                            F  2:09.0784
26  30  Nathan Pretty                        H  2:09.1773
27  7   Todd Kelly                           H  2:09.3223
28  16  Tony Ricciardello                    H  2:10.4957
29  44  Marcus Zukanovic / Geoff Emery       H  2:11.5023
EXC 27  Damian Assallit                      F    No Time
    8   Jason Richards / Andrew Jones        H    No Time

トップ10シュートアウトでは予選に比べてタイム落ちる中、
ウィンターボトムがポールを獲得しました。
2番手にラーンズ、3番手にウィンカップ、
予選トップのブライトは8番手でした。

<トップ10シュートアウト>
1   5   Mark Winterbottom                    F  2:07.5377
2   888 Craig Lowndes                        H  2:07.6201
3   1   Jamie Whincup                        H  2:07.7226
4   33  Lee Holdsworth                       H  2:07.7674
5   2   Cameron McConville                   H  2:07.8489
6   22  Will Davison                         H  2:08.0379
7   18  James Courtney                       F  2:08.1665
8   14  Jason Bright                         H  2:08.3979
9   51  Greg Murphy                          H  2:08.7361
10  55  Paul Dumbrell                        F  2:08.9597

決勝、スタートで#5がリードし、#888が続きます。
1周目は後半の高速コーナーでクルサードが激しくクラッシュ!
いきなりセーフティカーの入る荒れたスタートになりました。
スタート直後に接触したのが影響したらしく、
マシンは大破するクラッシュでしたが、本人は無事でした。

V8_2010_10b

5周目にリスタート、トップは#5で変わらず、
2位に#33が上がり、#888、#22、#51、#1、#18と続きます。

6周目、#33が最終コーナーで#5をオーバーテイク、首位に立ち、
少し後ろでも#22が#888を抜いて3位に上がりました。

昨年王者のウィンカップが乗る#1は10周目、11周目に
"チェイス"コーナーでオーバーテイク、4位に浮上します。

13周目には2コーナーで#888が#51に抜かれ、これで2位から6位に後退、
#5も#22に最終コーナーで交わされて3位に下がりました。

19周目、雨がポツポツと降り出してきますが大きな影響はない様子、
22周目には最初のルーティン・ピットが始まりました。

24周目に#18がピット、#18はフロントスポイラーを交換しました。

V8_2010_10c

1回目のピットで多くがドライバーチェンジ、
順位が落ち着くと#33がトップのまま、
#5が続きましたが、#22と#888に抜かれて4位、5位に#1と変わりました。

39周目、#3プライスが接触、

V8_2010_10d

ファルケンの看板のコーナーでダメージを負い、
ピットに戻りましたがリタイアに終わりました。

V8_2010_10e

40周目、1コーナーで#888が#22をオーバーテイク、
2位に浮上しました。

47周目、今年もカンガルーが出現!
#2タンダーと接触しそうになりましたが、
幸い轢かれることなく、すぐ出ていきました^^;

V8_2010_10f

48周目に#888と#18がピットイン、#2もピットに入りましたが、
ドアを開けたらドアが外れてしまいました・・・
なんとか元に戻して再びコースに復帰しました。

V8_2010_10g

数周以内にほとんどが2度目のピットを済ませ、
55周目に再び#33がレースをリードします。

52周目、#1が#5をオーバーテイク、4位に上がりました。

58周目、#12フィオーレがダメージを負ってランオフエリアにストップ、
2度目のセーフティカーが入りました。

V8_2010_10h

ほとんどのマシンがピットイン、ステイしたマシンもいたので、
トップに立ったのは#22で、#5、#51、#33、#55、#888と変わりました。

61周目にリスタートすると、2位にいた#5が少しずつ順位を下げ、
71周目に#888にオーバーテイクを許し5位に後退、
その次のコーナーで#5のウィンターボトムがミス!

V8_2010_10i

V8_2010_10j

マシンにダメージを負って緊急ピットイン、
ダメージは大きいかと思われましたが、コースに復帰しました。

73周を過ぎ#22、#51がルーティンに向かうと、
再びトップは#33、2位に#888、#1が3位で4位が#55に変わりました。
#22はこのピットでタイムロスしてしまいます。

セーフティカー導入時にピットに入ったマシンは
78周を過ぎて再びピットに向かいました。

80周目を過ぎトップ争いは#33と#888、
ピットに入った後にさらに接近し、
88周目に背後にピタリと付いて攻め立てます。

105周目に#888が、#33は106周目にピットイン、
しかしこの2台の順位は変わらず、
数秒以内の差が長く続きます。

119周目に#33がピットイン、#888は122周目に入りましたが、
ここでも順位は変わりませんでした。

しかし122周目、なんと#33にブラックフラッグ!
ピットレーン入り口で速度オーバーして
ピットスルー・ペナルティを受けてしまいました。

124周目に#33がペナルティを受け、
これでレースは#888がリードする展開に変わりました。
2位には#1が付けて、チーム・ボーダフォンの1-2になりました。

135周目、#11バーグワナがトラブルでストップ、

V8_2010_10k

3度目のセーフティカーが入ると
一斉に最後のピットストップを済ませます。

138周目にグリーンフラッグ、
トップは#888で2位#1は変わらず、3位に#22が上がり、#18、#33の順、

139周目、9位に下がっていた#2が2台抜き、
140周目に#21、143周目に#33を抜いて5位に浮上、
さらに151周目に#18を抜きました。
その後ろでは#14も上がってきました。

153周目、3位を走行していた#22のW.デビソンがクラッシュ、
再びセーフティカーが入りました。

V8_2010_10l

残り6周を切った156周目にリスタート、
157周目に#14が#18をオーバーテイクして4位に上がります。

そして161周目のラストラップ、

V8_2010_10m

最後はランデブー走行で#888が#1を従えて、前戦に続いての優勝!
2位に#1でチーム・ボーダフォンの1-2フィニッシュとなりました!

V8_2010_10n

V8_2010_10o

3位は#2、4位に#14、ポイントリーダーのコートニーが乗る#18は5位、
ペナルティを受けるまでリードを続けた#33は7位でフィニッシュ、
26台が完走を果たしました。

V8_2010_10p

3位 タンダー(左)&マクコンヴィル(右)

V8_2010_10q

2位 ウィンカップ(右)&オーウェン(左)

V8_2010_10r

V8_2010_10s

優勝 ラーンズ(右)&スカイフェ(左)

V8_2010_10t

V8_2010_10v

<レース18>
1   888 Craig Lowndes / Mark Skaife          H 161 6:12:51.4153
2   1   Jamie Whincup / Steve Owen           H 161 +     0.1733
3   2   Cameron McConville / Garth Tander    H 161 +     1.2496
4   14  Jason Bright / Matthew Halliday      H 161 +     2.3703
5   18  James Courtney / Warren Luff         F 161 +     6.2001
6   51  Greg Murphy / Allan Simonsen         H 161 +     7.0830
7   33  Lee Holdsworth / David Besnard       H 161 +     7.5468
8   39  Russell Ingall / Paul Morris         H 161 +     9.8712
9   5   Mark Winterbottom / Luke Youlden     F 161 +    10.7756
10  34  Michael Caruso / Greg Ritter         H 161 +    11.3222
11  6   Steven Richards / James Moffat       F 161 +    12.3593
12  17  Steven Johnson / Marcus Marshall     F 161 +    12.6333
13  4   Alex Davison / David Brabham         F 161 +    17.6993
14  55  Paul Dumbrell / Dean Canto           F 161 +    19.1367
15  21  Karl Reindler / David Wall           H 161 +    19.5268
16  15  Rick Kelly / Owen Kelly              H 161 +    26.1778
17  30  Mark Noske / Nathan Pretty           H 161 +    29.1717
18  47  Jack Parkins / Tim Slade             F 161 +    29.4502
19  19  Jonathan Webb / David Russell        F 161 +  2:17.5414
20  7   Todd Kelly / Dale Wood               H 160 +      1 Lap
21  9   Shane van Gisbergen / John McIntyre  F 158 +     3 Laps
22  16  Taz Douglas / Tony Ricciardello      H 158 +     3 Laps
23  8   Jason Richards / Andrew Jones        H 157 +     4 Laps
24  44  Marcus Zukanovic / Geoff Emery       H 156 +     5 Laps
25  10  Andrew Thompson / Ryan Briscoe       H 154 +     7 Laps
26  27  Damian Assallit / Ant Pedersen       F 153 +     8 Laps
DNF 22  Will Davison / David Reynolds        H 152 +     9 Laps
DNF 11  Jason Bargwanna / Glenn Seton        H 132 +    29 Laps
DNF 12  Michael Patrizi / Dean Fiore         F  56 +   105 Laps
DNF 3   Tony D'Alberto / Shane Price         H  38 +   123 Laps
DNF 24  Fabian Coulthard / Craig Baird       H   0 +   161 Laps

ドライバーズポイントは、ウィンカップがコートニーとの差を縮めました。
ラーンズとタンダーが1つずつ順位を上げています。

V8_2010_10u

<ドライバーズポイント>
1   -  2323P     James Courtney
2   -  2198P     Jamie Whincup
3   △  2039P     Craig Lowndes
4   ▼  2030P     Mark Winterbottom
5   △  1938P     Garth Tander
6   ▼  1773P(10) Shane van Gisbergen
7   -  1688P(10) Rick Kelly
8   -  1631P(15) Lee Holdsworth
9   -  1514P(20) Michael Caruso
10  △  1440P     Paul Dumbrell
11  △  1412P(10) Steven Johnson
12  ▼  1391P     Jason Richards
13  △  1301P(10) Russell Ingall
14  ▼  1270P(15) Jonathon Webb
15  ▼  1244P     Tim Slade
16  △  1114P(10) Jason Bright
17  -  1072P     Todd Kelly
18  △  1051P(10) Steve Richards
19  ▼  1023P     Will Davison
20  △  975P(35)  Alex Davison
21  ▼  965P      Tony D'Alberto
22  △  883P(10)  Greg Murphy
23  ▼  815P(15)  Jason Bargwanna
24  ▼  743P      Fabian Coulthard
25  ▼  716P(10)  Dean Fiore
26  -  662P      Tony Ricciardello
27  △  619P      Karl Reindler
28  △  560P      Mark Skaife
29  ▼  539P(10)  Daniel Gaunt
30  -  519P      Cameron McConville
* ()はペナルティ

チームポイントはチーム・ボーダフォンが200P以上差を拡げました。
このまま行けば今年もチャンピオン獲得しそうです^^

<チームポイント>
1   -  4237P     TeamVodafone
2   -  3745P     Jim Beam Racing
3   -  3170P(10) Fujitsu Racing/GRM
4   -  3091P     FPR - Orrcon Steel and Dunlop Super Dealer FPR Falcon
5   -  2961P     Toll Holden Racing Team
6   -  2793P     Stone Brothers Racing - Irwin Racing and SP Tools Racing
7   -  2765P(5)  Jack Daniel's Racing
8   -  2515P     Team BOC and Trading Post Racing
9   -  2240P     Supercheap Auto Racing and Castrol Edge Racing
10  -  1492P     Rock Racing and Kelly Racing
11  -  1440P     The Bottle-O Racing Team
12  -  1285P     Dick Johnson Racing
13  -  1244P     Wilson Security Racing
14  -  1201P     Bundaberg Red Racing
15  -  965P      Centaur Racing
16  △  821P      Gulf Western Oil Racing
17  ▼  726P      Triple F Racing
18  -  619P      Fair Dinkum Sheds Racing
19  △  142P      -
20  ▼  137P      -

第11戦は既に終わっていますが(汗)
サーファーズパラダイスで、10月22~24日に行われます。

« 日刊サーキット通信 #309 | トップページ | 日刊サーキット通信 #310 »

[motorsports] V8 Supercars」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #309 | トップページ | 日刊サーキット通信 #310 »