2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« SUPER GT 2010 Sprint Cup FUJI | トップページ | あと5日 »

日刊サーキット通信 #333

第333回はサンダウン(オーストラリア)です。


大きな地図で見る

オーストラリアのメルボルンにあるコース。

以前(2007年11月30日)にも書いたのですが、
ここは元々インフィールドセクションのある3.8kmのコースで、
のちに競馬場が出来たために内側が無くなり、
3.1kmのみのレイアウトになりました。
今もその一部は残ってますね^^

ロードコースらしい区間が無くなったことで、
レイアウトだけを見たら市街地コースにも見えます☆

2、3コーナーは90km/h以上で通過、バックストレートが長く、
スピードが乗った状態から6コーナーへのアプローチは
オーバーテイクポイントでもあり、最もコースオフしやすいコーナーです。

7コーナーまでに抜いても、最終区間で逆転されることもあるので、
最後まで気が抜けません。

今週末はここでV8スーパーカーズが行われます。





Sandown
☆☆☆☆

« SUPER GT 2010 Sprint Cup FUJI | トップページ | あと5日 »

サーキット通信」カテゴリの記事

コメント

内側に競馬場がある、珍しいタイプ(オセアニアでは普通?)のコースですが、競馬場が後だったんですね。インフィールドの痕跡もばっちり残ってます。
そういえば、NZのプケコヘパークも競馬場があるタイプでしたね。

ロングストレートの後に小さなS字があるのは厳しいです。
私なら確実にショートカットし、その後はオーバーランですね…。(苦笑)

一番下の動画を見ると、どこが最大のオーバーテイクポイントか分かるはずですけど、
実はラストコーナーなんですよ☆

F1レベルのレースでロングストレート先の区間があったら
130R以上に怖い区間になりそうです^^;

今年のレースを少しだけ見たのですが、その地点で大クラッシュ!
http://www.youtube.com/watch?v=Cbr3jFmKn6s
やっぱりランオフエリアの狭さが気になる区間です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SUPER GT 2010 Sprint Cup FUJI | トップページ | あと5日 »