2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #323 | トップページ | 日刊サーキット通信 #324 »

F-Nippon 2010 第7戦 鈴鹿

フォーミュラ・ニッポン最終戦は鈴鹿サーキットで行われました。

最終戦は2レース制での開催となりました。

予選はフォーマットは同じですけど、Q1結果がレース1、
Q3までの総合結果がレース2のグリッド順となります。

Q1でトップタイムを記録したのはデュバル、レース1のポールを獲得しました。
しかしQ3ではオリベイラがトップで、レース2ではオリベイラがポールです。

<予選>
--------------- Q 3 -------------------------------
1   19  J.P.デ・オリベイラ  T  1:40.839  1:41.086  1:40.379
2   32  小暮卓史            H  1:40.910  1:40.576  1:40.427
3   31  山本尚貴            H  1:41.079  1:40.945  1:40.519
4   1   L.デュバル          H  1:40.828  1:41.137  1:40.523
5   36  A.ロッテラー        T  1:40.872  1:40.630  1:40.544
6   37  大嶋和也            T  1:41.342  1:41.098  1:40.897
7   10  塚越広大            H  1:41.738  1:41.286  1:41.341
--------------- Q 2 -------------------------------
8   20  平手晃平            T  1:41.576  1:41.342
9   8   石浦宏明            T  1:41.707  1:41.637
10  3   松田次生            T  1:42.053  1:41.729
11  7   K.コッツォリーノ    T  1:42.137  1:42.157
--------------- Q 1 -------------------------------
12  16  井出有治            H  1:42.157
13  18  平中克幸            T  1:42.159
14  29  井口卓人            T  1:42.516
    2   伊沢拓也            H      失格

レース1は20周、好スタートを切ったデュバルは
後半白煙を上げるトラブルを起こしながらも、
最後までリードを保ってポール・トゥ・ウィン!
チャンピオンの可能性を残しました。

2位は小暮、3位ロッテラー、4位オリベイラで、
レース1終了時点でのランキングはロッテラーが
0.5ポイント差でトップに立ちました。

<レース1>
1   1   L.デュバル          H  20  0:34:31.275
2   32  小暮卓史            H  20  +     1.377
3   36  A.ロッテラー        T  20  +     2.033
4   19  J.P.デ・オリベイラ  T  20  +     4.007
5   37  大嶋和也            T  20  +    16.013
6   31  山本尚貴            H  20  +    19.323
7   8   石浦宏明            T  20  +    32.543
8   16  井出有治            H  20  +    33.678
9   20  平手晃平            T  20  +    34.912
10  10  塚越広大            H  20  +    37.056
11  2   伊沢拓也            H  20  +    39.712
12  18  平中克幸            T  20  +    40.110
13  7   K.コッツォリーノ    T  20  +    45.249
14  3   松田次生            T  19  +     1 Lap
    29  井口卓人            T  10  +   10 Laps

レース2は28周、スタートからポールのオリベイラが順調にトップを走ります。
5番手スタートのロッテラーはスタートで3番手に上がると、
2位につけていた小暮がピットでロスをしてロッテラーが2位に浮上、
トップ争いがチャンピオン争いに変わりましたが、
オリベイラが最後まで守りきってポール・トゥ・ウィン、
2010年のチャンピオンに輝きました!!

2位にロッテラー、レース2での逆転を許してしまい、
総合2位でシーズンを終えました。

<レース2>
1   19  J.P.デ・オリベイラ  T  28  0:49:31.945
2   36  A.ロッテラー        T  28  +     2.572
3   32  小暮卓史            H  28  +     3.078
4   1   L.デュバル          H  28  +    21.738
5   31  山本尚貴            H  28  +    21.833
6   20  平手晃平            T  28  +    22.314
7   37  大嶋和也            T  28  +    26.814
8   16  井出有治            H  28  +    27.455
9   3   松田次生            T  28  +    43.554
10  8   石浦宏明            T  28  +    44.365
11  2   伊沢拓也            H  28  +    44.673
12  10  塚越広大            H  28  +    51.137
13  18  平中克幸            T  28  +    52.635
14  7   K.コッツォリーノ    T  28  +    53.270
    29  井口卓人            T   5  +   23 Laps

ドライバーズポイントはオリベイラがトップを死守してチャンピオン獲得。
トップ3は外国人なので、来年はこうならないで欲しいですね^^;

ルーキーでは山本が1位、2位にコッツォリーノ、3位井口です。

<ドライバーズポイント>
1   -  47.5P  ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
2   -  43P    アンドレ・ロッテラー
4   △  39.5P  ロイック・デュバル
3   ▼  38P    小暮卓史
5   -  25.5P  平手晃平
6   -  24P    大嶋和也
7   -  20.5P  山本尚貴
8   -  16P    石浦宏明
9   -  9P     塚越広大
10  -  8P     ケイ・コッツォリーノ
11  -  7P     伊沢拓也
12  -  4P     平中克幸
13  -  3P     井口卓人
14  -  1P     松田次生
15  △  1P     井出有治

チーム争いはモービル1チーム・インパルが
最終戦で逆転してチャンピオンを獲得しました。

<チームポイント>
1   68P    Mobil 1 TEAM IMPUL
2   67P    PETRONAS TEAM TOM'S
3   56.5P  NAKAJIMA RACING
4   40.5P  DOCOMO TEAM DANDELION RACING
5   19P    Team LeMans
6   9P     HFDP RACING
7   4P     KCMG
8   3P     DELIZIEFOLLIE/CERUMO・INGING
9   1P     KONDO RACING
10  1P     MOTUL TEAM 無限

今シーズンの選手権は全て終わりましたが、
スペシャルレースが今週末、富士スピードウェイで行われます。

« 日刊サーキット通信 #323 | トップページ | 日刊サーキット通信 #324 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #323 | トップページ | 日刊サーキット通信 #324 »