2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #330 | トップページ | 日刊サーキット通信 #331 »

F-Nippon 2010 Spirnt Cup 富士

フォーミュラ・ニッポン、スペシャルレースが富士スピードウェイで行われました。

スペシャルレースは"JAFグランプリ"として開催されました。

今回の予選は1周のみのスーパーラップで、
レース1は最高速で競い、レース2はタイムで争います。

最高速でトップだったのはコッツォリーノで、初のポールを獲得、
タイムではロッテラーがトップタイムを記録してレース2のポールとなりました。

デュバルは107%ルールで最下位、最高速も無効になっています。
またオリベイラ、石浦、井口は最終コーナー前でコースをはみ出して
タイムが抹消、最高速も計測されていません。

<予選>
1   7   K.コッツォリーノ    T  314.502 km/h  1:26.629(7)
2   36  A.ロッテラー        T  310.791 km/h  1:24.776(1)
3   37  大嶋和也            T  310.256 km/h  1:26.798(10)
4   10  塚越広大            H  309.633 km/h  1:25.545(3)
5   20  平手晃平            T  305.776 km/h  1:25.135(2)
6   16  井出有治            H  303.456 km/h  1:26.668(8)
7   3   松田次生            T  302.436 km/h  1:26.977(11)
8   32  小暮卓史            H  301.003 km/h  1:26.724(9)
9   18  平中克幸            T  300.334 km/h  1:25.947(5)
10  31  山本尚貴            H  300.000 km/h  1:25.952(6)
11  2   伊沢拓也            H  298.178 km/h  1:25.912(4)
    1   L.デュバル          H  300.000 km/h  1:57.584
    19  J.P.デ・オリベイラ  T        - km/h   No Time 
    8   石浦宏明            T        - km/h   No Time
    29  井口卓人            T        - km/h   No Time

レース1はフロントローからスタートしたロッテラーが
1コーナーまでにトップに立つと、2位以下を突き放して優勝!

2位は大嶋、3位塚越、4位井出、5位平手、
オリベイラは1周目にフロントウィングを破損した影響でペースが上がらず10位、
ポールのコッツォリーノはスタートで7位まで後退し、
9位でフィニッシュしています。

<レース1>
1   36  A.ロッテラー        T  22  0:31:48.539
2   37  大嶋和也            T  22  +     9.591
3   10  塚越広大            H  22  +    13.631
4   16  井出有治            H  22  +    14.407
5   20  平手晃平            T  22  +    17.374
6   32  小暮卓史            H  22  +    19.427
7   2   伊沢拓也            H  22  +    23.137
8   31  山本尚貴            H  22  +    29.446
9   7   K.コッツォリーノ    T  22  +    38.812
10  19  J.P.デ・オリベイラ  T  22  +    39.956
11  3   松田次生            T  22  +    41.760
12  18  平中克幸            T  22  +    42.566
13  8   石浦宏明            T  22  +    46.630
14  29  井口卓人            T  20  +    2 Laps
    1   L.デュバル          H   1  +   21 Laps

レース2はポールポジションのロッテラーがトップをキープし、
このレースでも後続を引き離してポール・トゥ・ウィン!
スペシャルレースの2レースを勝利で締めくくりました。

2位は山本、3位井出、4位伊沢、5位デュバル、
オリベイラは1周目にコッツォリーノと接触し、
フロントウィングを壊してピットイン、
周回遅れの14位でチェッカーを受けました。

<レース2>
1   36  A.ロッテラー        T  22  0:31:39.941
2   31  山本尚貴            H  22  +     6.989
3   16  井出有治            H  22  +    22.299
4   2   伊沢拓也            H  22  +    25.575
5   1   L.デュバル          H  22  +    26.787
6   20  平手晃平            T  22  +    27.362
7   10  塚越広大            H  22  +    31.917
8   37  大嶋和也            T  22  +    32.519
9   29  井口卓人            T  22  +    37.059
10  3   松田次生            T  22  +    40.928
11  18  平中克幸            T  22  +    43.283
12  8   石浦宏明            T  22  +    43.392
13  32  小暮卓史            H  22  +    59.534
14  19  J.P.デ・オリベイラ  T  21  +     1 Lap
    7   K.コッツォリーノ    T   2  +   20 Laps

これで今シーズンのフォーミュラ・ニッポンが全て終了しました。
昨年と比較すると台数が少し増えましたが、
来年はもう少し増えると良いですよね^^

良いバトルが見られることを期待したいです!

« 日刊サーキット通信 #330 | トップページ | 日刊サーキット通信 #331 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #330 | トップページ | 日刊サーキット通信 #331 »