2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #322 | トップページ | 日刊サーキット通信 #323 »

モトGP 2010 Rd.18 バレンシアGP

モトGP第18戦は最終戦、バレンシアGPです。

最終戦は今年もバレンシア、リカルドトルモです。

予選でポールを獲得したのはストーナー、ロレンソが2番手で
3番手にシモンチェリ、4番手はロッシ、青山は15番手でした。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ドゥカティ  1:31.799
2   99  J.ロレンソ          ヤマハ      1:32.130
3   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:32.244
4   45  V.ロッシ            ヤマハ      1:32.330
5   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:32.422
6   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:32.566
7   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:32.579
8   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:32.603
9   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:32.886
10  33  M.メランドリ        ホンダ      1:32.917
11  14  R.ド・プニエ        ホンダ      1:32.925
12  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  1:33.085
13  40  H.バルベラ          ドゥカティ  1:33.170
14  65  L.カピロッシ        スズキ      1:33.339
15  7   青山博一            ホンダ      1:33.343
16  71  C.チェカ            ドゥカティ  1:33.499
17  19  A.バウティスタ      スズキ      1:33.515

決勝はストーナーがホールショットを奪い1周目をトップで戻りました。
ペドロサは8番手スタートから3位に浮上、
3周目には2位に上がりましたが、10周目から徐々に後退していきます。

ロレンソは2周目にシモンチェリと接触し、あわや転倒のところを抑えきり、
8位に後退したものの再び順位を上げていき、12周目にロッシを抜いて2位、
さらに23周目にストーナーを抜いてトップに立つと、
独走体勢を築き、今シーズン9勝目をあげました!

2位はストーナー、3位はロッシ、4位スピーズ、
5位ドビツィオーソ、青山は14位完走でシーズンを終えました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   99  J.ロレンソ          ヤマハ      30  46:44.622
2   27  C.ストーナー        ドゥカティ  30  +   4.576
3   45  V.ロッシ            ヤマハ      30  +   8.998
4   11  B.スピーズ          ヤマハ      30  +  17.643
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      30  +  19.160
6   58  M.シモンチェリ      ホンダ      30  +  20.674
7   26  D.ペドロサ          ホンダ      30  +  26.797
8   40  H.バルベラ          ドゥカティ  30  +  29.288
9   19  A.バウティスタ      スズキ      30  +  29.451
10  14  R.ド・プニエ        ホンダ      30  +  29.860
11  41  A.エスパルガロ      ドゥカティ  30  +  31.761
12  5   C.エドワーズ        ヤマハ      30  +  33.604
13  33  M.メランドリ        ホンダ      30  +  36.622
14  7   青山博一            ホンダ      30  +  38.968
15  71  C.チェカ            ドゥカティ  30  +  56.169
    65  L.カピロッシ        スズキ      13  + 17 Laps
    69  N.ヘイデン          ドゥカティ   2  + 28 Laps

ライラーズポイントはロッシが383ポイントで、モトGP最多ポイントを記録しました。
2位はペドロサ、3位はロッシ、4位ストーナー、青山は15位。
ルーキーではシモンチェリが総合8位でトップでした。

<ライダーズポイント>
1   -  383P   ホルヘ・ロレンソ
2   -  245P   ダニ・ペドロサ
3   -  233P   バレンティーノ・ロッシ
4   -  225P   ケーシー・ストーナー
5   -  206P   アンドレア・ドビツィオーソ
6   -  176P   ベン・スピーズ
7   -  163P   ニッキー・ヘイデン
8   -  125P R マルコ・シモンチェリ
9   -  116P   ランディ・ド・プニエ
10  -  103P   マルコ・メランドリ
11  -  103P   コーリン・エドワーズ
12  -  90P R  ヘクトル・バルベラ
13  -  85P R  アルヴァロ・バウティスタ
14  -  65P    アレックス・エスパルガロ
15  -  53P R  青山博一
16  -  44P    ロリス・カピロッシ
17  -  43P    ミカ・カリオ
18  -  11P    アレックス・デ・アンジェリス
19  -  5P     ロジャー・リー・ヘイデン
20  -  4P     秋吉耕佑
21  △  1P     カルロス・チェカ
22  ▼  1P     吉川和多留

コンストラクターズは3年連続でヤマハがチャンピオン獲得、
ホンダが2位、ドゥカティが3位、スズキが4位でした。

<コンストラクターズポイント>
1   -  404P  ヤマハ
2   -  342P  ホンダ
3   -  286P  ドゥカティ
4   -  108P  スズキ

チームポイントは最終戦での順位の変動はありません。
フィアット・ヤマハが今年も優勝を決めています。

<チームポイント>
1   -  617P  FIAT YAMAHA TEAM
2   -  451P  REPSOL HONDA TEAM
3   -  388P  DUCATI MARLBORO TEAM
4   -  279P  MONSTER YAMAHA TECH
5   -  228P  SAN CARLO HONDA GRESINI
6   -  129P  RIZLA SUZUKI MOTOGP
7   -  121P  LCR HONDA MOTOGP
8   -  109P  PRAMAC RACING TEAM
9   -  90P   PAGINAS AMARILLAS ASPAR
10  -  68P   INTERWETTEN HONDA MOTO

モト2クラスはチャンピオンを決めているエリアスがポールを獲得、
決勝は5台の壮絶な争いになりました。
ラストラップ、エリアスがトップのイアンノーレと接触、
エリアスは転倒してリタイアし、イアンノーレもアブラハムに交わされ、
アブラハムが最終戦で初優勝を飾りました!
2位はイアンノーレ、3位シモン、4位ルティで、ここまでがトップから1秒以内。
日本人では高橋裕紀が18位、國川浩道が33位で完走を果たしています。

選手権ではエリアスがチャンピオン、2位シモン、3位イアンノーレ、
4位コルシ、5位タルマクシ、高橋裕紀は12位、富沢翔也は13位、
手島雄介は40位、その他の日本人はノーポイントです。

125ccでは1周目にトップに立ったスミスが最後まで守りきって優勝!
2位はエスパルガロ、3位テロル、4位マルケス、小山知良は7位でした。
最終戦の結果、チャンピオンはマルク・マルケスに決定!
2位にテロル、3位エスパルガロでトップ3はスペイン人、
4位にイギリス人のスミスですけど、6位までにスペイン人が5人も入りました。
小山は総合8位と健闘しました。


これで今シーズンのモトGPは全て終了し、
すでに2011年シーズンが始動しています。
ライダーの移籍もあるので、まとめました。
(カッコは2010年シーズンのチーム、F=ファクトリー、S=サテライト)

<ヤマハ>
◇Yamaha Motor Racing
 ・ホルヘ・ロレンソ
 ・ベン・スピーズ (Tech3から移籍)
◇Yamaha Tech 3 Team
 ・カル・クラッチロー (SBKから)
 ・コーリン・エドワーズ

<ホンダ>
◇Repsol Honda
 ・アンドレア・ドビツィオーソ
 ・ダニ・ペドロサ
 ・ケーシー・ストーナー (ドゥカティF)
◇Gresini Racing
 ・青山博一 (Interwettenから移籍)
 ・マルコ・シモンチェリ
◇Team LCR
 ・トニ・エリアス (Moto2)

<ドゥカティ>
◇Ducati Corse
 ・バレンティーノ・ロッシ (ヤマハF)
 ・ニッキー・ヘイデン
◇Pramac Racing
 ・ロリス・カピロッシ (スズキF)
 ・ランディ・ド・プニエ (ホンダS)
◇Aspar Racing Team
 ・ヘクトル・バルベラ
◇Cardion AB Racing
 ・カレル・アブラハム (Moto2)

<スズキ>
◇Rizla Suzuki Motogp
 ・アルヴァロ・バウティスタ

ストーナーとロッシの移籍が注目ポイントですね。
ヤマハはロレンソが牽引、ホンダはファクトリーチームに3人乗ります。
ドゥカティはロッシとヘイデンのコンビ、
スズキは1人だけなので頑張って欲しいです^^

そして来年の日程は以下の通りです。

<2011 スケジュール>
Rd.1   3/20   カタール            ロサイル *night race
Rd.2   4/3    スペイン            ヘレス
Rd.3   4/24   日本                ツインリンクもてぎ
Rd.4   5/1    ポルトガル          エストリル
Rd.5   5/15   フランス            ル・マン
Rd.6   6/5    カタルニア          カタルニア
Rd.7   6/12   イギリス            シルバーストン
Rd.8   6/25   オランダ            アッセン *Saturday race
Rd.9   7/3    イタリア            ムジェロ
Rd.10  7/17   ドイツ              ザクセンリンク
Rd.11  7/24   アメリカ            ラグナ・セカ *motogp class only
Rd.12  8/14   チェコ              ブルノ
Rd.13  8/28   インディアナポリス  インディアナポリス
Rd.14  9/4    サンマリノ          ミサノ
Rd.15  9/18   アラゴン            アラゴン
Rd.16  10/16  オーストラリア      フィリップアイランド
Rd.17  10/23  マレーシア          セパン
Rd.18  11/6   バレンシア          リカルド・トルモ

開催順は今年と異なりますが、開催地に変更はありません。
今年開催予定だったハンガリーGPが来年の日程からも外れました^^;
日本GPは来年も序盤に予定されています。

今週からすでにテストが始まっているので来年が楽しみですね☆

ということで、2011年開幕戦は3月18~20日にカタールで行われる予定です~

« 日刊サーキット通信 #322 | トップページ | 日刊サーキット通信 #323 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #322 | トップページ | 日刊サーキット通信 #323 »