2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナル市街地コース 茨城編 | トップページ | 日刊サーキット通信 #342 »

GranTurismo5 #004

今日はマシンダメージと中古車ディーラーについて、そして進行状況です~

グランツーリスモ5からはダメージが反映されると
以前から言われていました。

ところが先日の記事ではそのことに触れていません。

購入前から必ず試そうと思っていたのがクラッシュの確認で、
ハイスピードや100km/h以下でのクラッシュなど、
どのように見た目に反映されるか試してみたところ・・・

現実では車体前部がグシャッと潰れるくらいの速度でクラッシュしても
少しゆがんだりする程度でした^^;

GTやNASCAR、ラリーカー、ノーマルカーなどで試しても
以前スクリーンショットで見た、ドアが外れる状況にまだなりませんし、
ウィングの脱落もまだ見ていません。

横からの衝撃を与えるのは1人プレイでは難しいのでまだ分かりませんが、
もしかしてドアは外れないのではないかという気もしてきました。

今のところ外れたものはRX-7での前のナンバープレートだけです^^;

それとNASCARのストックカーでオーバルに思い切り激突させてみましたが、
ひっくり返るような様子も見られませんでした。
(やり方が甘かったかも知れないですけど)

見た目の変化はあっても、なぜこの程度なのか?
もしかしたらCEROの全年齢対象というのがポイントかも知れませんね。

ドアが外れたりグシャッと大破したり、ひっくり返ったりというのは
全年齢対象に出来ないため、断念したのかも知れません。
(延期した理由の1つかもです^^;)
もっとも、リタイアの概念がないゲームだから、
最初から致命的なダメージや、大破しないようになっていたはずですけど。

今後ももう少しダメージについて調べてみたいと思います。


次に中古車ディーラーについて。
中古車ディーラーは要するにスタンドカーであって、
2000年以降の車も売っています^^

毎日(レース毎)に6台が増え、6台が消えていきます。
ディーラーには30台が並ぶので、6日目に消えて入荷を待つことになります。

安い車は100万以下でもありますが、レースカーも販売されるから
億単位の中古車が登場することも^^;
しかもLv制限もあるので、レベルが低いウチは買えずに
次に販売される時を待つことになりそうです。

全車集めるには相当お金がかかりそうです。。。


そして現在の進行状況です~

昨夜から今日にかけてはお金稼ぎとLv上げがほとんどでした。
AスペックではLv13になって、ブリティッシュ・ライトウェイトでLv上げ、
BスペックはLv16に上がりましたが、同じところが稼ぎやすいために、
もう少し同じところで上げ続けることになりそうです☆

早くGTカーが買えるレベルになりたいです^^

<プレイ状況>
ライセンス IB (金40、銀0、胴0)
Aレベル 13
Bレベル 16
達成率 29 %(字が小さいから2.9%の可能性もあり)
残高 64,738,800 Cr.
勝利数 145
保有台数 40
トロフィー 13%
走行距離 2,660.9 km

« オリジナル市街地コース 茨城編 | トップページ | 日刊サーキット通信 #342 »

[game]GranTurismo5」カテゴリの記事

コメント

見た目のダメージはレベル20で最高に。
内部まで含めた完全なダメージ表現はレベル40が必要ですよ。

コメントありがとうございます。
ダメージのテストはLv0~2の時だったのでその程度だったのですね。
レベルが上がったらまた試してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナル市街地コース 茨城編 | トップページ | 日刊サーキット通信 #342 »