2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #316 | トップページ | 日刊サーキット通信 #317 »

WTCC2010 Rd.19&20

世界ツーリングカー選手権Rd.19,20は岡山です!

2008年から開催されている日本GPは今年で3回目、
来年は鈴鹿での開催が決定しているので、
岡山でのレースは最後になるかもしれません。

今年は4人の日本人が参戦しました。
1人はモンツァからシボレーで参戦している谷口行規、
後の3人は谷口信輝、柳田真孝、伊藤善博がBMWに乗ります。

予選はプリオールがポールを獲得、ファルフスが2番手で
BMWがフロントローを独占しました。
ポイントリーダーのミュラーは8番手、
日本人では谷口(行)が20番手、伊藤が22番手、谷口(信)が23番手、
柳田はQ1終了時のパルクフェルメ・ルール違反があったとして、
ベナニと共に失格扱いとなりました。

<予選>
P  No Cl Driver             Car               Time
---------------------- Q 2 ----------------------------
1  11    A.プリオール       BMW 320si         1:36.972
2  10    A.ファルフス       BMW 320si         1:37.408
3  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   1:37.441
4  29    C.ターキントン     BMW 320si         1:37.495
5  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     1:37.577
6  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     1:37.727
7  8     A.メニュー         Chevrolet Cruze   1:37.844
8  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   1:37.913
9  73    M.ロッシ           SEAT Leon TDI     1:38.387
10 15 I  F.エングストラー   BMW 320si         1:38.605
---------------------- Q 1 ----------------------------
11 3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI     1:37.904
12 17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI     1:37.904
13 20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti 1:38.056
14 41 T  R.ダールグレン     Volvo C30         1:38.128
15 24 I  K.ポールセン       BMW 320si         1:38.156
16 18    F.バース           SEAT Leon TDI     1:38.171
17 2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     1:38.190
18 26 I  S.ディアステ       BMW 320si         1:38.540
19 25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         1:38.728
20 72 I  谷口行規           Chevrolet Lacetti 1:38.747
21 16 I  A.ロマノフ         BMW 320si         1:39.098
22 44 I  伊藤善博           BMW 320si         1:39.584
23 43 I  谷口信輝           BMW 320si         1:39.891
24 45 I  K.チェン           BMW 320si         1:39.997
25 51 I  H.ホー             BMW 320si         1:40.681
   21 I  M.ベナニ           BMW 320si         1:39.883
   46 I  柳田真孝           BMW 320si         1:39.927
---------------- 107 % = 1:44.072 ---------------------

決勝は雨の中でのフルウェットレースとなりました。

レース1はセーフティカー先導によるスタートとなりました。
2周の先導後3周目からレースはスタート、周回数も2周延長されます。
グリーンフラッグが振られた3周目から3台がコースオフしてしまいます。

トップはプリオールが守っていましたが、
4周目に2位に上がったハフが5周目にプリオールを抜いてトップ浮上、
3.5秒近くの差を保ったままラストラップに入り、
プリオールを振り切って今シーズン2勝目を決めました!

2位プリオール、3位ミュラー、4位ファルフス、5位ミケリス、
谷口(行)は11位で、日本人初のインディペンデンツ優勝!
谷口(信)は14位、柳田は19位、伊藤は21位でした。

<レース1>
P  No Cl Driver             Car               L   Time
1  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   16 31:46.668
2  11    A.プリオール       BMW 320si         16 +   2.977
3  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   16 +   4.931
4  10    A.ファルフス       BMW 320si         16 +   8.596
5  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     16 +   9.742
6  29    C.ターキントン     BMW 320si         16 +  11.310
7  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     16 +  13.876
8  17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI     16 +  14.901
9  8     A.メニュー         Chevrolet Cruze   16 +  30.022
10 41 T  R.ダールグレン     Volvo C30         16 +  31.077
11 72 I  谷口行規           Chevrolet Lacetti 16 +1:13.148
12 20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti 16 +1:15.995
13 25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         16 +1:17.546
14 43 I  谷口信輝           BMW 320si         16 +1:17.857
15 15 I  F.エングストラー   BMW 320si         16 +1:19.035
16 2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     16 +1:22.055
17 24 I  K.ポールセン       BMW 320si         16 +1:26.602
18 21 I  M.ベナニ           BMW 320si         16 +1:30.373
19 46 I  柳田真孝           BMW 320si         16 +1:30.957
20 51 I  H.ホー             BMW 320si         15 +   1 Lap
21 44 I  伊藤善博           BMW 320si         15 +   1 Lap
   45 I  K.チェン           BMW 320si          9   D.N.F.
   16 I  A.ロマノフ         BMW 320si          9   N.C.F.
   73    M.ロッシ           SEAT Leon TDI      6   D.N.F.
   3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI      2   D.N.F.
   18    F.バース           SEAT Leon TDI      2   D.N.F.
   26 I  S.ディアステ       BMW 320si          2   D.N.F.

レース2ではさらに雨が強くなり、
再びセーフティカーによるスタートになりました。

序盤はポールスタートのニュケアが先導し、2位との差を5秒以上広げましたが、
8周目に伊藤がコース上にストップしてセーフティカー入ると
その差が無くなり、9周目からリスタートされると
ニュケアはコースオフして7位まで後退、
タルキーニがトップを奪いましたが、タルキーニもコースオフしてクラッシュ、
リタイアとなってしまいました。

変わってトップに立ったのがファルフス、
ターキントンが1秒前後で迫る中でトップを守ります。

15周目のチェンのクラッシュでセーフティカーが再び入り、
ファルフスは今シーズン初優勝を飾りました!

2位はターキントンでBMWの1-2フィニッシュ、
3位から5位まではシボレー勢で、ミュラー、ハフ、メニューの順。

レース1でクラス優勝した谷口(行)はスピンしながらも17位、
柳田は15位、谷口(信)は19位完走、伊藤はリタイアに終わりました。

<レース2>
P  No Cl Driver             Car               L   Time
1  10    A.ファルフス       BMW 320si         16 33:47.799
2  29    C.ターキントン     BMW 320si         16 +   0.275
3  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   16 +   0.999
4  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   16 +   2.097
5  8     A.メニュー         Chevrolet Cruze   16 +   3.101
6  41 T  R.ダールグレン     Volvo C30         16 +   3.440
7  17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI     16 +   4.449
8  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     16 +   5.707
9  2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     16 +   6.176
10 20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti 16 +   7.336
11 15 I  F.エングストラー   BMW 320si         16 +   7.888
12 24 I  K.ポールセン       BMW 320si         16 +   8.081
13 73    M.ロッシ           SEAT Leon TDI     16 +   8.546
14 18    F.バース           SEAT Leon TDI     16 +   9.584
15 46 I  柳田真孝           BMW 320si         16 +  10.903
16 16 I  A.ロマノフ         BMW 320si         16 +  10.973
17 72 I  谷口行規           Chevrolet Lacetti 16 +  13.311
18 26 I  S.ディアステ       BMW 320si         16 +  13.954
19 43 I  谷口信輝           BMW 320si         16 +  27.382
20 21 I  M.ベナニ           BMW 320si         16 +  31.379
21 45 I  K.チェン           BMW 320si         15 +   1 Lap
22 51 I  H.ホー             BMW 320si         13 +  3 Laps
   25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         11   D.N.F.
   1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     10   D.N.F.
   3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI     10   D.N.F.
   44 I  伊藤善博           BMW 320si          7   D.N.F.
   11    A.プリオール       BMW 320si          3   D.N.F.

ドライバーズポイントは、ミュラーがさらに2位との差を拡げました。
1レースで25ポイント獲得できるため、
プリオールに逆転の可能性が残りますが、
もしミュラーが最終戦ノーポイントだとしても、
プリオールが1位と3位以上に入る必要があり、
ミュラーが7ポイント以上獲得すれば、チャンピオンとなります。

<ドライバーズポイント>
1   -  295P  Y.ミュラー(シボレー)
2   -  258P  A.プリオール(BMW)
3   -  242P  G.タルキーニ(セアト)
4   -  233P  R.ハフ(シボレー)
5   △  186P  A.ファルフス(BMW)
6   -  161P  A.メニュー(シボレー)
7   ▼  158P  T.モンテイロ(セアト)
8   -  126P  T.コロネル(セアト)
9   △  86P   C.ターキントン(BMW)
10  △  62P   N.ミケリス(セアト)
11  ▼  61P   J.ジェネ(セアト)
12  -  60P   M.ニュケア(セアト)
13  ▼  51P   F.バース(セアト)
14  -  15P   K.ポールセン(BMW)
15  -  11P   D.オーヤン(シボレー)
16  -  6P    S.ヘルナンデス(BMW)
17  -  3P    S.ディアステ(BMW)
18  -  2P    M.ベナニ(BMW)
19  △  1P    F.エングストラー(BMW)
19  -  1P    L.ペルニア(シボレー)
19  △  1P    谷口行規(シボレー)
19  -  1P    H.ボルクハード(シボレー)

マニュファクチャラーは、再びBMWが2位に浮上、
しかしセアトとの差は4ポイントなので、最後まで分かりません。
シボレーとBMWの差は72ポイントなので、シボレーのチャンピオンは確実です。

<マニュファクチャラーズポイント>
1  -  636P  シボレー
2  △  564P  BMW
3  ▼  560P  セアト・カスタマーズ・テクノロジー

インディペンデントはヘルナンデスがトップをキープ、
2位との差は21ポイントなので、このまま決定しそうです。

<ヨコハマ・インディペンデンツ・トロフィー>
1   -  124P  S.ヘルナンデス(BMW)
2   △  103P  D.オーヤン(シボレー)
3   ▼  97P   K.ポールセン(BMW)
4   △  95P   F.エングストラー(BMW)
5   ▼  88P   S.ディアステ(BMW)
6   -  73P   C.ターキントン(BMW)
7   -  67P   M.ベナニ(BMW)
8   -  61P   H.ボルクハード(シボレー)
9   -  31P   A.ロマノフ(BMW)
10  △  25P   谷口行規(シボレー)
11  ▼  16P   M.キャロル(セアト)
12  ▼  13P   P-Y.コルタル(セアト)
13  -  8P    T.ボードマン(セアト)
14  -  7P    F.ファビアーニ(BMW)
15  △  6P    柳田真孝(BMW)
15  △  6P    谷口信輝(BMW)
17  ▼  4P    T.コロネル(BMW)

最終戦マカオGPは、11月19~21日に岡山に行われます。

« 日刊サーキット通信 #316 | トップページ | 日刊サーキット通信 #317 »

[motorsports] WTCC」カテゴリの記事

コメント

7日に地上波で岡山のレースが放送されますよね(^^)
普段見る事が出来ないので今から楽しみです☆
WTCCは日本でのレースのみですけど放送れるのは嬉しいですよね~
F1とWTCC(日本GPのみ)が放送されるなら、なぜWRCが放送されない!って思ってしまいます(^^;

残念ながら静岡では放送されないようです(涙)
WRCは2年くらい前まではラリージャパンの特別番組が放送されたのに・・・
日曜はCS無料解放日なので、昼は放送されたらFニッポンを、
夜はモトGP、深夜はF1を見ると思います^^;

静岡のTV番組表を確認したところ7日の16時からテレビ東京で放送されるようですけど、緑さんのとこでは見られないのかな(^^?
もし違ってたらスイマセン(^^;

静岡市ではテレビ東京が入らないんですよ・・・ケーブルテレビなら可能なんだけど加入してないし。
西の浜松市や、東の神奈川に近い地域ならテレ東が入るらしいんですけどね・・・

静岡ではテレ東番組は各局が買って流しているから、
数週間後or数ヶ月後にもしかしたらっていうこともあるだろうけど、
去年放送しなかったから諦めてます。。。

テレ東のバラエティが2、3年遅れで放送されることもあります^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #316 | トップページ | 日刊サーキット通信 #317 »