2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #336 | トップページ | 日刊サーキット通信 #337 »

WTCC2010 Rd.21&22

世界ツーリングカー選手権の最終戦は今年もマカオです!

まず、マカオの前に衝撃の発表がありました。

日本GPでBMWの使用したマシンはレギュレーションに違反していたことで
プリオールとファルフスをリザルトから除外されました。
これは元々ザナルディ用のシャシーだったために
規則に反するミッションを使用、日本GPのスチュワードは了承していましたが、
シボレーの抗議によって失格となりました。

その結果、最終戦前にミュラーのチャンピオンが決定しました!

やや興醒め感のあるマカオとなってしまいましたが、
レースでは今回も熱い争いになりました。

今年のマカオは予選から荒れました。
コロネルのクラッシュに始まり、4度のレッドフラッグが出る事態になり、
予選Q1を終えた時点で日没のため翌日に延期、
土曜にQ2が行われ、ハフのポールが決まりました。

日本人参加者は3人で、谷口行規が18番手、
谷口信輝が22番手、加納政樹は107%タイムに届きませんでした。

また、ミケリスが赤旗無視で5グリッド降格、
他にも降格者が続出しています。

<予選>
P  No Cl Driver             Car                Time
---------------------- Q 2 ----------------------------
1  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze    2:31.321
2  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI      2:31.728
3  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze    2:31.773
4  8     A.メニュー         Chevrolet Cruze    2:31.862
5  3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI      2:31.946
6  10    A.ファルフス       BMW 320si          2:32.222
7  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI      2:32.222
8  11    A.プリオール       BMW 320si          2:32.478
9  20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti  2:33.185
10 66    A.クート           SEAT Leon TDI      2:37.073
---------------------- Q 1 ----------------------------
11 18    F.バース           SEAT Leon TDI      2:34.045
12 17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI      2:34.190
13 2     T.コロネル         SEAT Leon TDI      2:34.191
14 25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si          2:34.689
15 29    C.ターキントン     BMW 320si          2:35.246
16 15 I  F.エングストラー   BMW 320si          2:37.094
17 21 I  M.ベナニ           BMW 320si          2:37.984
18 72 I  谷口行規           Chevrolet Lacetti  2:39.267
19 63 I  C.カンパニチョ     BMW 320si          2:40.315
20 51 I  H.ホー             BMW 320si          2:40.396
21 45 I  K.チェン           BMW 320si          2:40.840
22 43 I  谷口信輝           BMW 320si          2:40.897
23 24 I  K.ポールセン       BMW 320si          2:42.455
---------------- 107 % = 2:42.584 ---------------------
   50 I  J.メルゼイ         BMW 320si          2:45.002
   47 I  加納政樹           BMW 320si          2:45.574
   16 I  A.ロマノフ         BMW 320si         11:00.386
   53 I  P.マー             Honda Accord      11:11.963

決勝も荒れたスタートになり、1コーナーでクラッシュが発生、
早くもセーフティカーが入りました。

5周目にリスタートされましたが、
今度はターキントンを含む3台がリタイア、
さらに9周目にもホーがストップさせ、
セーフティカーが入った状態でレースが終了、
ハフが今シーズン3勝目となるポール・トゥ・ウィンを決めました!

2位にミュラーでシボレーの1-2フィニッシュ、
谷口(行)は13位、谷口(信)は16位、
加納は周回遅れの20位でフィニッシュしています。

<レース1>
P  No Cl Driver             Car               L   Time
1  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   11 35:34.840
2  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   11 +   0.366
3  3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI     11 +   0.631
4  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     11 +   0.909
5  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     11 +   1.306
6  10    A.ファルフス       BMW 320si         11 +   1.967
7  8     A.メニュー         Chevrolet Cruze   11 +   2.564
8  24 I  K.ポールセン       BMW 320si         11 +   2.823
9  15 I  F.エングストラー   BMW 320si         11 +   3.503
10 21 I  M.ベナニ           BMW 320si         11 +   3.998
11 25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         11 +   4.614
12 2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     11 +   4.770
13 72 I  谷口行規           Chevrolet Lacetti 11 +   8.465
14 63 I  C.カンパニチョ     BMW 320si         11 +   8.961
15 16 I  A.ロマノフ         BMW 320si         11 +   9.439
16 43 I  谷口信輝           BMW 320si         11 +  13.059
17 45 I  K.チェン           BMW 320si         11 +  24.421
18 53 I  P.マー             Honda Accord      11 +  26.043
19 50 I  J.メルゼイ         BMW 320si         11 +  27.592
20 47 I  加納政樹           BMW 320si         10 +   1 Lap
21 51 I  H.ホー             BMW 320si          8 +  3 Laps
   11    A.プリオール       BMW 320si          7   N.C.F.
   20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti  4   D.N.F.
   18    F.バース           SEAT Leon TDI      4   D.N.F.
   29    C.ターキントン     BMW 320si          4   D.N.F.
   66    A.クート           SEAT Leon TDI      0   D.N.F.
   17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI      0   D.N.F.

レース2はメニューがストールしましたがクラッシュは起きず、
メニューもスタートを切ることが出来ました。
しかしポリス・ベンドで多重クラッシュが起きて完全に道が塞がり、
レッドフラッグが振られてレースがストップしました。

このクラッシュでは2人の谷口を含む5台がリタイアとなりました。

マシンの撤去が終わるとレースは再開、
最初のスタートでトップに立ったミケリスがリードを守ると、
最後までタルキーニの追撃を抑えきって、
ルーキーながらも初優勝を飾りました!

2位はタルキーニ、3位はハフ、4位ミュラー、5位ファルフス、
日本人の3人はリタイアに終えました。

<レース2>
P  No Cl Driver             Car               L   Time
1  5     N.ミケリス         SEAT Leon TDI     11 54:37.415
2  1     G.タルキーニ       SEAT Leon TDI     11 +   1.193
3  7     R.ハフ             Chevrolet Cruze   11 +   1.543
4  6     Y.ミュラー         Chevrolet Cruze   11 +  10.886
5  10    A.ファルフス       BMW 320si         11 +  14.675
6  2     T.コロネル         SEAT Leon TDI     11 +  14.894
7  11    A.プリオール       BMW 320si         11 +  15.716
8  3     T.モンテイロ       SEAT Leon TDI     11 +  16.360
9  25 I  S.ヘルナンデス     BMW 320si         11 +  20.951
10 15 I  F.エングストラー   BMW 320si         11 +  25.099
11 17    M.ニュケア         SEAT Leon TDI     11 +  43.156
12 21 I  M.ベナニ           BMW 320si         11 +  47.302
13 29    C.ターキントン     BMW 320si         11 +1:01.671
14 45 I  K.チェン           BMW 320si         11 +1:47.235
15 53 I  P.マー             Honda Accord      11 +1:52.404
16 63 I  C.カンパニチョ     BMW 320si         11 +  2 Laps
   47 I  加納政樹           BMW 320si          6   D.N.F.
   24 I  K.ポールセン       BMW 320si          4   D.N.F.
   50 I  J.メルゼイ         BMW 320si          3   D.N.F.
   8     A.メニュー         Chevrolet Cruze    2   D.N.F.
   16 I  A.ロマノフ         BMW 320si          0   D.N.F.
   43 I  谷口信輝           BMW 320si          0   D.N.F.
   72 I  谷口行規           Chevrolet Lacetti  0   D.N.F.
   18    F.バース           SEAT Leon TDI      0   D.N.F.
   20 I  D.オーヤン         Chevrolet Lacetti  0   D.N.F.

ドライバーズポイント、ミュラーがチャンピオンに輝いています。
2位は昨年王者のタルキーニ、3位はハフ、
4位プリオール、5位モンテイロとなりました。

なお、日本GPの記事ではBMW2台が失格になる前のポイント。
下記の順位の昇降は失格後によるものです。

<ドライバーズポイント>
1   -  331P  Y.ミュラー(シボレー)
2   -  276P  G.タルキーニ(セアト)
3   △  276P  R.ハフ(シボレー)
4   ▼  246P  A.プリオール(BMW)
5   △  177P  T.モンテイロ(セアト)
6   ▼  173P  A.メニュー(シボレー)
7   -  167P  A.ファルフス(BMW)
8   -  136P  T.コロネル(セアト)
9   △  104P  N.ミケリス(セアト)
10  ▼  97P   C.ターキントン(BMW)
11  -  66P   M.ニュケア(セアト)
12  -  61P   J.ジェネ(セアト)
13  -  51P   F.バース(セアト)
14  -  20P   K.ポールセン(BMW)
15  -  15P   D.オーヤン(シボレー)
16  -  9P    S.ヘルナンデス(BMW)
17  △  5P    F.エングストラー(BMW)
18  ▼  4P    谷口行規(シボレー)
19  ▼  3P    S.ディアステ(BMW)
19  -  3P    M.ベナニ(BMW)
21  -  1P    L.ペルニア(シボレー)
21  -  1P    H.ボルクハード(シボレー)

マニュファクチャラーは、シボレーがチャンピオンを獲得、
セアトは2位を死守、BMWは3位で、
昨年とは全く異なる結果になりました。

<マニュファクチャラーズポイント>
1  -  715P  シボレー
2  -  641P  セアト・カスタマーズ・テクノロジー
3  -  580P  BMW

インディペンデントはヘルナンデスがチャンピオン獲得しました。
2位はエングストラー、3位ポールセン、
日本人では谷口(行)の10位がトップでした。

<ヨコハマ・インディペンデンツ・トロフィー>
1   -  156P  S.ヘルナンデス(BMW)
2   △  127P  F.エングストラー(BMW)
3   -  117P  K.ポールセン(BMW)
4   ▼  104P  D.オーヤン(シボレー)
5   △  91P   M.ベナニ(BMW)
6   ▼  88P   S.ディアステ(BMW)
7   ▼  73P   C.ターキントン(BMW)
8   -  61P   H.ボルクハード(シボレー)
9   -  35P   A.ロマノフ(BMW)
10  -  33P   谷口行規(シボレー)
11  -  16P   M.キャロル(セアト)
12  -  13P   P-Y.コルタル(セアト)
13  △  12P   C.カンパニチョ(BMW)
14  △  10P   K.チェン(BMW)
15  ▼  8P    T.ボードマン(セアト)
16  △  8P   P.マー(ホンダ)
17  ▼  8P    谷口信輝(BMW)
18  ▼  7P    F.ファビアーニ(BMW)
19  ▼  6P    柳田真孝(BMW)
20  ▼  4P    T.コロネル(BMW)

さて、2010年11月時点での暫定のカレンダーです~

<2011 暫定カレンダー>
03/20 ブラジル    クリティバ
04/24 ベルギー    ゾルダー
05/15 イタリア    モンツァ
06/05 モロッコ    マラケシュ市街地
06/19 チェコ共    ブルノ
07/03 ポルトガル  ポルト市街地
07/17 イギリス    ドニントン・パーク
07/31 ドイツ      オッシャースレーベン
09/04 スペイン    バレンシア
10/23 日本        鈴鹿
11/05 中国        TBA
11/20 マカオ      マカオ市街地

ゾルダーとポルトは暫定、中国は場所が確定していません。
メキシコのプエブラは外されました^^;
日本GPは岡山から鈴鹿へ移動、イタリアもですけど
F1開催地でのレースはあまり合わない気もするんですけどね・・・
イギリスではドニントンで開催されます。

来年も今年と同じく素晴らしいレースになることを期待したいです☆

« 日刊サーキット通信 #336 | トップページ | 日刊サーキット通信 #337 »

[motorsports] WTCC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #336 | トップページ | 日刊サーキット通信 #337 »