2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #010 | トップページ | 日刊サーキット通信 #348 »

DTM 2010 Rd.11 上海

DTMの最終戦は上海の市街地コースで行われました。

Dtm201011a

最終戦の舞台は2004年以来の上海市街地コース、
しかし以前とは異なる場所での開催です。

予選はクラッシュが相次ぐ荒れた展開になりました。

ポールを獲得したのはディ・レスタで、パフェットが2番手、
ポイントリーダーのスペングラーがまさかの17番手に沈みました。

また、プレマは前戦の影響からオーヤンに交代しましたが、
オーヤンは予選でクラッシュを喫して決勝も不参加となっています。

<予選>
1   7   P.Di Resta      Mercedes '09  0:58.937
2   3   G.Paffett       Mercedes '09  0:59.045
3   11  J.Green         Mercedes '08  0:59.218
4   1   T.Scheider      Audi '09      0:59.277
5   14  M.Winkelhock    Audi '08      0:59.301
6   17  D.Coulthard     Mercedes '08  0:59.322
7   18  M.Molina        Audi '08      0:59.431
8   6   M.Tomczyk       Audi '09      0:59.483
9   5   M.Ekström       Audi '09      0:59.522
10  2   O.Jarvis        Audi '09      0:59.573
11  8   R.Schumacher    Mercedes '09  0:59.678
12  12  S.Stoddart      Mercedes '08  0:59.750
13  10  M.Rockenfeller  Audi '08      0:59.763
14  15  K.Legge         Audi '08      1:00.084
15  16  M.Engel         Mercedes '08  1:00.114
16  21  C.Cheng         Mercedes '08  1:00.381
17  4   B.Spengler      Mercedes '09  1:01.010
    9   D.O'Young       Audi '08       No Time

そして最終戦の決勝はパフェットが優勝!
ディ・レスタが2位、スペングラーは追い上げならずノーポイントに終わり、
ディ・レスタが逆転でチャンピオンに輝きました!!

Dtm201011b

Dtm201011c

クルサードは8位でDTM初入賞、シューマッハは10位でした。

Dtm201011d

<決勝>
1   3   G.Paffett       Mercedes '09  49 0:51:57.657
2   7   P.Di Resta      Mercedes '09  49 +     3.751
3   1   T.Scheider      Audi '09      49 +     4.212
4   6   M.Tomczyk       Audi '09      49 +     5.341
5   18  M.Molina        Audi '08      49 +    16.306
6   11  J.Green         Mercedes '08  49 +    18.152
7   14  M.Winkelhock    Audi '08      49 +    19.469
8   17  D.Coulthard     Mercedes '08  49 +    21.835
9   5   M.Ekström       Audi '09      49 +    23.554
10  8   R.Schumacher    Mercedes '09  49 +    24.182
11  12  S.Stoddart      Mercedes '08  49 +    35.086
12  10  M.Rockenfeller  Audi '08      49 +    35.319
13  4   B.Spengler      Mercedes '09  49 +    36.120
14  15  K.Legge         Audi '08      49 +    39.710
15  21  C.Cheng         Mercedes '08  49 +    47.386
16  16  M.Engel         Mercedes '08  48 +     1 Lap
17  2   O.Jarvis        Audi '09      47 +    2 Laps

ドライバーズポイント、ディ・レスタが逆転でチャンピオン獲得、
パフェット、スペングラー、シャイダーの順で、
シューマッハは14位、クルサードは16位でした。

Dtm201011e

<ドライバーズポイント>
1   △  71P  P.ディ・レスタ
2   △  67P  G.パフェット
3   ▼  66P  B.スペングラー
4   -  53P  T.シャイダー
5   -  35P  M.エクストローム
6   -  32P  J.グリーン
7   -  22P  M.ロッケンフェラー
8   △  20P  M.トムチェック
9   ▼  18P  O.ジャーヴィス
10  △  15P  M.モリーナ
11  ▼  12P  A.プレマ
12  -  7P   M.ウィンケルホック
13  -  4P   S.ストッダート
14  -  3P   R.シューマッハ
15  -  3P   T.エンゲル
16  △  1P   D.クルサード

チーム争いはこのような結果となっています。

<チームポイント>
1  133P  Salzgitter AMG Mercedes / Mercedes-Benz Bank AMG
2  74P   MG Mercedes / Laureus AMG Mercedes
3  71P   Audi Sport Team Abt
4  55P   Audi Sport Team Abt Sportsline
5  36P   Junge Sterne AMG Mercedes / TV Spielfilm AMG Mercedes
6  34P   Audi Sport Team Phoenix
7  15P   Audi Sport Rookie Team Abt
8  7P    Audi Team Rosberg
9  4P    Deutsche Post / GQ AMG Mercedes

そして来年の暫定カレンダーです。

<2011年暫定日程>
Rd.01  05/01  ホッケンハイムリンク
Rd.02  05/15  ザンドフォールト
Rd.03  06/05  レッドブルリンク
Rd.04  06/19  ユーロスピードウェイ
Rd.05  07/03  ノリスリンク
Rd.06  07/17  ミュンヘン
Rd.07  08/07  ニュルブルクリンク
Rd.08  09/04  ブランズ・ハッチ
Rd.09  09/18  オッシャースレーベン
Rd.10  10/02  バレンシア
Rd.11  10/23  ホッケンハイムリンク
Rd.12  11/06  上海

今年と比較するとアドリアが無くなり、
レッドブルリンクとミュンヘンが加わりました。

レッドブルリンクとはA-1リンクのことで、
今年名称変更されています。
ミュンヘンはオリンピックスタジアム内の特設コースです。

暫定なので外されたり日程が変わる可能性のイベントもありますが、
レース数が1つ増えるのは嬉しいですね^^

来年も素晴らしいレースが見られることを期待したいと思います☆

Dtm201011f

« GranTurismo5 #010 | トップページ | 日刊サーキット通信 #348 »

[motorsports] DTM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #010 | トップページ | 日刊サーキット通信 #348 »