2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 日刊サーキット通信 #351 | トップページ | 日刊サーキット通信 #352 »

GranTurismo5 #014

今日はラリー大会について、そして待望のF10を購入しました~♪

昨夜はラリー大会のルールを考えていました。

今のところルールはこんな感じ
・コースメーカーで作った数コースで走り、合計タイムで競う
・練習走行(レッキ)は2回(100馬力以下のみ)、アタックは1回限り
・使用車種は250馬力以下のノーマルカー、チューンは馬力向上のみ可能
・ターマックではスポーツ・ソフトを使用
・ドライビングオプション自由
・明らかな壁接触は1回につき2秒ペナルティ、
・コースオフにペナルティはないですけど、タイム無効(赤文字)は30秒ペナルティ
・途中棄権は5分(トップタイムが4分を越える場合は1分+切り上げ)
 (例 トップが5分00秒~5分59秒なら7分)
-スタート方法は未定
-申請方法は未定

といったところまでは決まりました。

実際にルールを確認するためにプラクティスで試してみたところ、
今回のGT5では4km/h以下で3秒経過するとタイムが無効になるんですね。。。

スタート地点停止から10秒後にスタートといった方法にするつもりでしたが、
それが出来ない、非常に致命的な仕様になっていました(汗)

シングルレースやワンメイクを使用するにも4台が走ってしまうので、
狙い通りの結果になりません。

コースメーカーでスペシャルイベントのラリーチャレンジのような
スタートとフィニッシュの異なるコースが作成出来るようになれば
その辺の問題も解決しそうですけど、
現状ではスタートラインを"10km/h以下で通過すること"
といった方法しか無さそうです。

またリプレイはオンライン公開出来ないんですね。
データを送ってもらうにもメガ単位ですし・・・
オンラインのラウンジで走る? うーん。。。

とりあえず現状は申請方法で悩んでいる状態ですけど、
一番良いのはラウンジで30秒間隔でスタート!
みたいな方法かも知れませんね^^;


そして昨日のプレイ内容です~
昨日はすぐにAスペックがLv23に上がったので米国選手権に挑戦。
持っている車(コルベットのレーシングモディファイ)で軽く勝てました^^

米国選手権はインディ5周レースがあるのですが、
これがおよそ4分程度で約980万!
ローディングなどを含めて6分としても、
1時間に9800万近く稼げるので、ひたすらお金を増やし続け・・・
ようやく10億を突破しました!

早速F10を購入、モンツァで走ってみると・・・
速い!凄くよく止まる! でもちょっと挙動は好きじゃなかった^^;

購入したままの状態でタイムは1分31秒台で、
私の実力では簡単に実際のタイムに近づかない気がします。。。

購入後は残高もほとんど無くなりました^^;
いっそのこと"一文無し"になろうと幾つかの車を買い、
チューニングパーツを買ってトロフィーを貰いました♪

Bスペックは少しずつレベル上げ&お金稼ぎをしていますが、
まだまだ20万以上あるので先は長いです。
でも、もしかしたら今夜中にLv30に達するかも!?

<プレイ状況>
ライセンス S (金60、銀0、胴0)
Aレベル 23
Bレベル 29
達成率 86 %
残高 0 Cr.
勝利数 452
保有台数 161
トロフィー 50 %
走行距離 21,782.6 km

Riff_Kanjalur にフレンド登録の要求をしてくださいね☆

« 日刊サーキット通信 #351 | トップページ | 日刊サーキット通信 #352 »

[game]GranTurismo5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日刊サーキット通信 #351 | トップページ | 日刊サーキット通信 #352 »