2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #035 | トップページ | 日刊サーキット通信 #373 »

オリジナル市街地コース 和歌山編

オリジナル市街地コース、第40回目は和歌山県です。

今回は和歌山、和歌山市が最も賑やかなので、
迷わずにこの市から選択することにしました。

しかし街中では広い道があってもパドックスペースはありません。
工場地帯や公園も不可能と判断、さらに探していくと
港と南の公園が面白そうに思いました。


大きな地図で見る

上がその公園、ポルトヨーロッパを含むリゾート地で、
園内を走ったら面白そうで、ここに決定しようかと思いましたが、
カートならまだしも、ツーリングカーでも辛いだろうと思って断念しました。

ということで最終的に港に決定しました。
かなり不本意で・・・出来るだけ避けたかったんですけどね^^;


大きな地図で見る

幾つかのパターンを考えた結果、
このようなレイアウトになりました~
(分かりやすいように海と道を描いたカラー版も用意しました^^)

Ocircuit_wakayama

Ocircuit_wakayama0

ホームストレートは北側にスタンドを設置出来る場所、
ピットレーンは最終コーナー前に作りました。

全体的に直角コーナーが主体となっていますが、
1コーナーのヘアピンや5~8コーナーのテクニカルセクション
後半のシケインなど、面白い点は沢山あると思います^^

所々でちょっとした改修は必要で、
少しの段差やフェンスを取り除く場所があったり、
11~12コーナー間は中央に障害物があるから、
レースの開催されていない時は移動可能な物に変える必要があります。

ピットとホームストレートが別な場所にあるのはイマイチに思うかも知れませんが、
ピット前にするとスタンドが設置出来ないのと、
ホームストレートへピットを持ってくると、より改修が必要になります。
3~4コーナー間も悪くないですけど、やはり上の図がベストだと思っています。

今回は港という場所を選んだのはイマイチでしたが、
レイアウトはまずまずの内容になりました^^

いよいよ残りは10回、残るは
秋田、静岡、富山、福井、滋賀、香川、高知、岡山、沖縄
の9カ所です!

« GranTurismo5 #035 | トップページ | 日刊サーキット通信 #373 »

サーキット・オリジナル市街地」カテゴリの記事

コメント

青葉さんにとっては残念なロケーションとなりましたね。
私なら喜んで使うでしょうけど。(笑)

コース中、1番の特徴と言えるT13~15のシケインは、ル・マンぽい感じで面白そうです。
青葉さんの都道府県シリーズ、誰かGPL/GTR2で作ってくれないかなぁ…。(おぃ)

青葉さんが諦めた、ポルトヨーロッパ周辺のコースは私のネタにしようかな。
数々の問題点が解決できれば…良いものにはなるでしょうけどね。

P.S.
今日のGT5日記に笑いました。
>年が明けた? そんなの知ったこっちゃありません、
>こちとらルマン24Hをあと4回も走らなければならないのだから、それどころではない、
>ありがたくもない、旧暦の1/1にでも祝います。
とは言え、とりあえずは「おめでとう」と書いておきます。

今日からダカールラリーが始まりますね~♪

これまで何度か書いてますけど、ショッピングモールや港や市場は、
1度だけならまだしも、何度も選びたくない場所ですからね^^;

諦めたリゾート地は東の駐車場とポルトヨーロッパの中央を横切るつもりだったんですけどね・・・
最終的に資料不足で「不可能」と判断しました。

1/1は毎年酷くなっていきます^^;
でも2008年のほうが8文字だけのほぼスルーだからもっと酷かったかな☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #035 | トップページ | 日刊サーキット通信 #373 »