2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #146 | トップページ | ラクガキ・サーキット097 »

IndyCar 2011 Rd.3 Long Beach

インディ第3戦はロングビーチの市街地コースです。

Indy201103a

予選は開幕から3戦連続でパワーがポールを獲得しました。
フランキッティは4列目、佐藤は11列目22番グリッドと苦戦気味です。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:09.0649
2   28  R.ハンターレイ         1:09.1409
3   27  M.コンウェイ           1:09.6414
4   2   O.セルビア             1:09.6828
5   22  J.ウィルソン           1:09.8097
6   3   H.カストロネベス       1:09.8423
------ Round 2  -----------------------------
7   10  D.フランキッティ       1:09.6037
8   9   S.ディクソン           1:09.6385
9   77  A.タグリアーニ         1:09.6497
10  82  T.カナーン             1:09.7352
11  06  J.ヒンチクリフ(R)      1:09.8122
12  6   R.ブリスコー           1:09.8243
------ Round 1 -----------------------------
13  14  V.メイラ               1:10.1010 Group 1
14  26  M.アンドレッティ       1:09.9400 Group 2
15  34  S.サーベドラ(R)        1:10.1146 Group 1
16  38  G.レイホール           1:10.5883 Group 2
17  59  EJ.ヴィソ              1:10.1465 Group 1
18  78  S.デ・シルベストロ     1:10.6407 Group 2
19  17  R.マトス               1:10.3477 Group 1
20  7   D.パトリック           1:10.7836 Group 2
21  19  S.ボーダイス           1:10.8050 Group 1
22  5   佐藤琢磨               1:10.8197 Group 2
23  18  J.ジェイクス(R)        1:10.8592 Group 1
24  83  C.キンボール(R)        1:10.8672 Group 2
25  8   P.トレーシー           1:11.0249 Group 1
26  4   JR.ヒルデブランド(R)   1:11.0341 Group 2
27  24  A.ベアトリス(R)        1:11.4916 Group 2

決勝はスタートからパワーがリードしますが、
最初のコーションによるルーティン作業で、
ブリスコーがパワーの前に立ちました。

63周目、Jウィルソンのクラッシュによってコーションになり、
コーションが解除された66周目、
1コーナーでカストロネベスがパワーに追突し、2人は優勝争いから脱落、
同じ周には佐藤がレイホールに追突されたことでパンクしクラッシュ、
キンボールとサーベドラと共に後退し、
それまでカストロネベスとパワーの後退で8位に浮上したのが、
22位に後退してしまいました。

70周目にリスタートされると、
一時は22位まで下がったコンウェイが
72周目にブリスコーを抜いてトップに立ち、
そのまま2位以降との差を拡げて優勝!
コンウェイはインディでの初優勝となりました!

Indy201103b

2位はブリスコー、3位はフランキッティ、
パワーは10位でチェッカーを受け、佐藤は21位で完走を果たしています。

<決勝>
1   27  M.コンウェイ           85  1:53:11.1000
2   6   R.ブリスコー           85  +     6.3203
3   10  D.フランキッティ       85  +     6.7163
4   06  J.ヒンチクリフ(R)      85  +     9.1705
5   77  A.タグリアーニ         85  +    16.0177
6   2   O.セルビア             85  +    16.8966
7   7   D.パトリック           85  +    17.5016
8   82  T.カナーン             85  +    18.9655
9   14  V.メイラ               85  +    19.4723
10  12  W.パワー               85  +    19.8909
11  17  R.マトス               85  +    20.4660
12  3   H.カストロネベス       85  +    20.7784
13  38  G.レイホール           85  +    21.3464
14  34  S.サーベドラ(R)        85  +    23.1137
15  18  J.ジェイクス(R)        85  +    24.5926
16  8   P.トレーシー           85  +  1:03.7578
17  4   JR.ヒルデブランド(R)   85  +  1:10.9001
18  9   S.ディクソン           84  +    23.4515
19  24  A.ベアトリス(R)        83  +    45.4151
20  78  S.デ・シルベストロ     82  +    29.0387
21  5   佐藤琢磨               81  +    41.9446
22  22  J.ウィルソン           78  +    7 Laps
23  28  R.ハンターレイ         72    Mechanical
24  83  C.キンボール(R)        66    Mechanical
25  59  EJ.ヴィソ              59       Contact
26  26  M.アンドレッティ       37    Mechanical
27  19  S.ボーダイス           27       Contact

ドライバーズポイントは再びフランキッティがトップです。
コンウェイが24位から5位に浮上しました。
佐藤は8位から13位に後退です。

Indy201103c

<ドライバーズポイント>
1    △  122P  ダリオ・フランキッティ
2    ▼  115P  ウィル・パワー
3    -  87P   トニー・カナーン
4    △  80P   オリオール・セルビア
5    △  74P   マイク・コンウェイ
6    △  73P   アレックス・タグリアーニ
7    ▼  66P   スコット・ディクソン
8    △  66P   ライアン・ブリスコー
9    ▼  66P   シモーナ・デ・シルベストロ
10   -  64P   ヴィットール・メイラ
11   △  57P   ダニカ・パトリック
12   -  57P   ラファエル・マトス
13   ▼  56P   佐藤琢磨
14   ▼  56P   エリオ・カストロネベス
15   ▼  54P   マルコ・アンドレッティ
16   ▼  49P   J.R.ヒルデブランド(R)
17   △  44P   ジェームス・ヒンチクリフ(R)
18   ▼  44P   ジャスティン・ウィルソン
19   ▼  44P   チャーリー・キンボール(R)
20   ▼  43P   セバスチャン・サーベドラ(R)
21   ▼  42P   グラハム・レイホール
22   ▼  40P   ライアン・ハンターレイ
23   ▼  40P   ジェームス・ジェイクス(R)
24   ▼  34P   セバスチャン・ボーダイス
25   ▼  34P   EJ.ヴィソ
26   -  28P   アナ・ベアトリス(R)
27   ▼  24P   サイモン・ペジノー(R)
28   △  14P   ポール・トレーシー

次戦はサンパウロ市街地で、5月1日に決勝が行われます。

« GranTurismo5 #146 | トップページ | ラクガキ・サーキット097 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #146 | トップページ | ラクガキ・サーキット097 »