2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #184 | トップページ | GP2 Series 2011 Rd.2 Barcelona »

IndyCar 2011 Rd.5 Indianapolis 500 Qualification

先週はインディ500の予選が行われました。

インディ500の予選は特殊なので詳しく説明しますね。
ルールを知っている方は「さて、今年の予選に戻ります。」へどうぞ^^;

まずオーバルでの予選で共通してますが、複数ラップ走り、
そのアタックの平均スピード(合計タイム)で決まります。
インディ500ではウォームアップ後、1周目~4周目の記録で、
225mph突破(362km/h)が目標となるようです。
(ポールには226mph以上になります)

開催方法は去年からは2日間で行われます(その前は4日間だった)。
初日はPole Day、ポールを決める為の予選です。

ポールデイは2つのセグメントに分かれています。
最初のセグメントでは1~24位を決める予選。

1人ずつアタックをし、24人以上が走行し、
24位以内に入るたびに暫定24位だったドライバーが弾かれます。
全員が走り終えた後は2回目の走行(アテンプト)が可能で、
最大3回まで走ることが出来ます。

またこの時、1人でも上位に入るドライバーがいると弾かれてしまう、
暫定24位のドライバーのことを"オン・ザ・バブル"と言います。

このセグメントで24位以内に入ると予選通過、
25位以下は翌日のバンプデイへ進みます。

ポールデイ後半はFast Nineといい、決勝上位3列目のグリッドを決める予選です。
2回までアテンプトを行うことが出来、このセグメントでグリッドが決定します。

2日目はバンプデイ、この日は25~33番グリッドを決める予選です。
最初は33位まで埋まるまで通常の予選となりますが、
どれだけ速いタイムを出しても25番グリッドとなります。

暫定33位まで一旦埋まると、33台中、最も遅い車が"オン・ザ・バブル"となり、
この後アテンプトを行うドライバーが"オン・ザ・バブル"を弾いていく
"バンプ・アウト"をしていきます。
通常は33位のドライバーが"オン・ザ・バブル"になりますが、
25~33位が24位以内のドライバー以上の記録を出すと24位が該当するので、
ポールデイ10~24位で"バンプ・アウト"される可能性もあります。

新たなアテンプトを行うと前のアテンプトのタイムが抹消される為、
自己タイムを更新出来なければそのドライバーが落ちてしまいます。

このバンプデイもアテンプトは3回まで。
なおポールデイもバンプデイもタイム更新出来そうにない場合、
途中で中断する"ウェーブ・オフ"が2回まで出来ます。

このようにして予選が行われる、非常に複雑な予選です(汗)
(私の大会の比ではないですね^^;)


さて、今年の予選に戻ります。

ポールデイは佐藤が1stアテンプトで10番手に入る好タイムを記録、
Fast Nineには入れませんでしたが、4列目の好位置に付けました。
またタグリアーニがトップスピードを記録、
パワーとフランキッティはトップ9に入っています。

1stセグメントではタン・ホー・ピンがクラッシュ、
ダニカ、アナ、マルコ、レイホール、ブリスコー、トレーシーなどが
24位以内に入れませんでした。

ポールデイ後半のFast Nineは雨で中断する場面もがありましたが、
ここでもタグリアーニがトップスピードを記録、
第95回インディアナポリス500の初ポールポジションを決めました!

日曜のバンプデイでも雨で何度も中断する展開になりました。
今年はアンドレッティ・レーシング4台がバンプデイに進み、
チームメイト同士で落とし合う状況になりました。
また昨年予選落ちを喫したトレーシーが24番手に入りました。

雨で中断が続き、最悪の場合予選終了の状況になりつつありました。
ダニカは予選アテンプトを行えずに脱落の危機もありましたが、
雨が止んでクリアになった時に走り、26番グリッドに入りました。

残り時間が1分となったところでマルコ・アンドレッティがコースイン、
アテンプト開始時には終了の18時になっていました。

バンプデイ最後のアテンプトでマルコが28番手に入り、
最後の最後で決勝進出を決めました!
しかしチームメイトであるハンターレイがバンプアウト、
アンドレッティ・レーシングは複雑な思いをする予選となりました。

予選終了後、マイケル・アンドレッティの働き掛けで
ハンターレイはA.J.フォイト・レーシングから
ジュンケイラにシートを譲ってもらい決勝の切符を獲得、
ハンターレイはジュンケイラのマシンで決勝を走り、
ジュンケイラを除外した33人が出走します。

そして女性ドライバーではシモーナ・デ・シルベストロ(23)、
ダニカ・パトリック(25)、ピッパ・マン(31)、アナ・ベアトリス(32)の
4人全員が決勝に出走します。

<予選>
---------  Row 1  -----------------------------------------------
1   77  A.タグリアーニ         2:38.2613  227.472mph  Pole Day 2
2   9   S.ディクソン(W)        2:38.3528  227.340mph  Pole Day 2
3   2   O.セルビア             2:38.4727  227.168mph  Pole Day 2
---------  Row 2  -----------------------------------------------
4   99  T.ベル                 2:38.6696  226.887mph  Pole Day 2
5   12  W.パワー               2:38.7493  226.773mph  Pole Day 2
6   98  D.ウェルドン(W)        2:38.9477  226.490mph  Pole Day 2
---------  Row 3  -----------------------------------------------
7   44  B.ライス(W)            2:39.4431  225.786mph  Pole Day 2
8   67  E.カーペンター         2:39.9137  225.121mph  Pole Day 2
9   10  D.フランキッティ(W)    2:39.0253  226.379mph  Pole Day 1
---------  Row 4  -----------------------------------------------
10  5   佐藤琢磨               2:39.4785  225.736mph  Pole Day 1
11  14  V.メイラ               2:39.5814  225.590mph  Pole Day 1
12  4   JR.ヒルデブランド(R)   2:39.5895  225.579mph  Pole Day 1
---------  Row 5  -----------------------------------------------
13  06  J.ヒンチクリフ(R)      2:39.5942  225.572mph  Pole Day 1
14  30  B.バゲット             2:39.7973  225.285mph  Pole Day 1
15  21  D.ハミルトン           2:39.8223  225.250mph  Pole Day 1
---------  Row 6  -----------------------------------------------
16  3   H.カストロネベス(W)    2:39.8464  225.216mph  Pole Day 1
17  43  J.アンドレッティ       2:40.0133  224.981mph  Pole Day 1
18  59  EJ.ヴィソ              2:40.1907  224.732mph  Pole Day 1
---------  Row 7  -----------------------------------------------
19  22  J.ウィルソン           2:40.3488  224.511mph  Pole Day 1
20  88  J.ハワード(R)          2:40.3685  224.483mph  Pole Day 1
21  07  T.シェクター           2:40.4040  224.433mph  Pole Day 1
---------  Row 8  -----------------------------------------------
22  82  T.カナーン             2:40.4156  224.417mph  Pole Day 1
23  78  S.デ・シルベストロ     2:40.4335  224.392mph  Pole Day 1
24  23  P.トレーシー           2:40.0433  224.939mph  Bump Day
---------  Row 9  -----------------------------------------------
25  7   D.パトリック           2:40.0987  224.861mph  Bump Day
26  6   R.ブリスコー           2:40.2572  224.639mph  Bump Day
27  26  M.アンドレッティ       2:40.2648  224.628mph  Bump Day
---------  Row 10 -----------------------------------------------
28  83  C.キンボール(R)        2:40.3574  224.499mph  Bump Day
29  38  G.レイホール           2:40.4424  224.380mph  Bump Day
30  19  A.ロイド(R)            2:40.7451  223.957mph  Bump Day
---------  Row 11 -----------------------------------------------
31  36  P.マン(R)              2:40.7600  223.936mph  Bump Day
32  24  A.ベアトリス           2:40.8012  223.879mph  Bump Day
33  28  R.ハンターレイ         2:40.9367  223.690mph  Bumped
---------  Failed to Qualify--------------------------
    27  M.コンウェイ           2:41.1105  223.449mph  Bumped
    17  R.マトス               2:41.2383  223.272mph  Bumped
    34  S.サーベドラ(R)        2:41.9552  222.284mph  Failed Attempt
    18  J.ジェイクス(R)        2:42.3052  221.804mph  Failed Attempt
    8   H.タン(R)              2:00.3530  224.340mph  PD1  No Attempt
    41  B.ジュンケイラ         2:40.2203  224.691mph  Pole Day 1
    20  S.スピード
(R)ルーキー、(W)インディ500ウィナー、赤文字は女性ドライバー

決勝は日本時間の月曜1時(日曜25時)に200周で競います。

« GranTurismo5 #184 | トップページ | GP2 Series 2011 Rd.2 Barcelona »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

ブログで書こうかなと思ってたネタを…、と、とりあえず書いておく。いつもの事ですけどね。(笑)

インディ500、ルールが変わってさらに複雑になった感じがします。
4日間の時にアタックの制限数があったのかは知りませんけど、2日間になってからタイトになった印象が強いです。

ちなみに、通常はロードコースはF1みたいなノックダウン方式で、オーバルは連続4周か連続2周のタイムだったはず。
昨シーズンの終わり近くは出場台数が多くて、4周から2周に減らされたという記事を見ました。

おぉ、今年もいろいろなドライバーが出てたんですね~♪
トン・ホーピンやスコット・スピードなんて、久々に聞きましたよ。

複雑ですよね・・・2日になった分スムーズになったとも言えますけど。
4日間予選で苦しむドライバーは悪夢ですし。

ロードは2008年からノックアウト方式に変更されていて
2008年第2戦と2009年第1戦の記事で説明しています。
細かいですけど、ロードでは今年からタイヤルールが変更されてます。
(本数の変更、返却についてなど)
オーバルが2周に変わったのは昨年14戦シカゴからですね。

今年はフル参戦していないディクソンがフロントローに入ったり、
昨年予選落ちしたトレーシーが決勝進出、
昨年クラッシュした佐藤が4列目など、
雨にたたられた予選でしたけど面白かったです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #184 | トップページ | GP2 Series 2011 Rd.2 Barcelona »